2020年 大学生リスト




大学4年生 投手編






 
伊藤 大海(苫小牧駒沢大)投手
176/80 右/左
(駒大苫小牧出身)

(北海道学生野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
中村 亮太(東農大北海道)投手
185/76 右/右
(千葉経大付出身)

(北海道学生野球連盟)

 
個別フォルダへ


 
河村 説人(星槎道都大)投手
192/86 右/右
(白樺学園出身)

(札幌学生野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
岩木 優友(札幌大)投手
180/75 右/右
(帯広三条出身)

(札幌学生野球連盟)


関連動画へ

 

吉田 玲央(北海学園大)投手
187/88 右/右
(札幌光星出身)

(札幌学生野球連盟)

 
 
関連動画へ

 
大道 温貴(八戸学院大)投手
178/78 右/右
(春日部共栄出身)

(北東北大学野球連盟)

 
個別フォルダへ


佐藤 翔(八戸学院大)投手
177/77 右/右
(東海大山形出身)

(北東北大学野球連盟)

 

スピードボールが売りの速球派。

 
 
中道 佑哉(八戸学院大)投手
180/79 左/左
(八戸学院野辺地西出身)

(北東北大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
浪岡 凌佑(岩手大)投手
181/93 左/左
(三沢出身)

(北東北大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
遠藤 暉世己(青森大)投手
187/83 右/右
(稚内大谷出身)

(北東北大学野球連盟)



 コンスタントに140キロ台を刻み、MAX146キロをジャイアンツ球場のガンで記録。私のガンで計測した中では、88マイル(141キロ)を何度か出していました。変化球もカーブ・スライダー・チェンジアップなどがあるようですが、スライダーを振らせるのが持ち味のようです。1球1球声を出して投げるように、渾身の力で投げていたのでしょう。

 現状これがいっぱいいっぱいといった感じで、甘く高めに浮いた球を打たれたりもしていましたが巨人3軍相手に2イニングを無失点に抑えます。来年のドラフト候補にまでなるかは別にして、青森大にそういった投手がいるということは、覚えていて損は無さそうです。今後の志次第では、社会人で野球を続けられるかもしれません。

(2019年 プロアマ交流戦)

 
 
布施 宏基(富士大)投手
180/88 左/左
(日大藤沢出身)

(北東北大学野球連盟)

 
関連動画へ


山野 太一(東北福祉大)投手
172/74 左/左
(高川学園出身)

(仙台六大学野球連盟)

 
 
個別フォルダへ

 
後藤 大煕(東北学院大)投手
184/76 右/右
(東北学院高出身)

(仙台六大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
宇田川 優希(仙台大)投手
184/95 右/右
(八潮南出身)

(仙台六大学野球連盟)


個別フォルダへ

 
 
松澤 寛人(東日本国際大)投手
174/76 右/右
(糸魚川出身)

(南東北大学野球連盟)


 サイドから実に力強い投球を魅せてくれた。球威のある力強い140キロ台中盤の球を最後まで持続し、1失点・4安打・9奪三振で見事完投。変化球は、スライダー・カーブなどで、サイドにしてはシンカー系のボールが見当たらない。
 
 それでも単調になりそうなところ、投げるタイミングなど間合いを変えて、投球に奥深さを出している。そういった投球術もすでに身につけており、今後さらに精進して4年間を過ごせれば最終学年では上位指名も意識できる存在になるのではないのだろうか。

(2017年 大学選手権)

 
 
赤上 優人(東北公益文科大)投手
175/78 右/右
(角館出身)

(南東北大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
入江 空(作新学院大)投手
176/80 左/左
(宇都宮工出身)

(関甲新大学野球連盟)


三振か四球かの140キロ台左腕。

 
 
吉野 光樹(上武大)投手
175/80 右/右
(九州学院出身)

(関甲新大学野球連盟)


 球速こそ140キロ前後に、スライダー・カーブなどを織り交ぜてくるピッチングだが、1つ1つの球筋がハッキリしている点が好いところ。派手さはないが、安心して見ていられる好投手だった。

(2019年 大学選手権)

 
 
バンゴーゼム高(新潟医療大)投手
185/88 左/右
(帝京長岡出身)

(関甲新大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
大関 竜登(白鴎大)投手
183/78 右/右
(真岡工出身)

(関甲新大学野球連盟)


 140キロ台中盤を連発する速球派。この選手は、続く東北福祉大戦でもリリーフで投げているので、その試合の模様を確認できた、ここに追加して詳細を書き込んでゆきたい。いずれにしても、将来が楽しみな速球派だった。

(2018年 大学選手権)

 
 
山田 啓太(白鴎大)投手
172/71 左/左
(東海大相模出身)

(関甲新大学野球連盟)


 球速こそ130キロ前後でしたが、5キロは速く感じさせるキレのあるボールを投げ込みます。しかし将来的には野手ではないかというぐらいの打撃能力があり、チームで3番打者を務める素材。夏は野手として、どのぐらいの力量があるのかチェックを入れてみたい選手でした。

(2016年 春季神奈川大会)

 
 
八野田 龍司(流通経済大)投手
178/64 左/左
(前橋工出身)

(東京新大学連盟)

 
関連動画へ

 
尾身 健太朗(国際武道大)投手
185/86 右/左
(成田出身)

(千葉県大学野球連盟)


関連動画へ

 
 
中島 隼也(城西国際大)投手
177/75 右/右
(仙台育英出身)

(千葉県大学野球連盟)


 非常にオーソドックスなフォーム。球速は130~140キロ程度の速球に、スライダー・チェンジアップなどを織り交ぜてくる。安定したマウンド捌きと、速球と全く見分けのつかないチェンジアップが大きな武器。派手さはないが、計算できる先発投手ではないのだろうか。

(2019年 大学選手権)

 

又木 鉄平(東京情報大)投手
181/88 左/左
(日川出身)

(千葉県大学野球連盟)

 
 
関連動画へ

 
早川 隆久(早稲田大)投手
180/73 左/左
(木更津総合出身)

(東京六大学野球連盟)


個別フォルダへ

 
 
今西 拓弥(早稲田大)投手
200/90 左/左
(広陵出身)

(東京六大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
柴田 迅(早稲田大)投手
177/72 右/右
(早大学院出身)

(東京六大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
佐藤 宏樹(慶応大)投手
179/73 左/左
(大館鳳鳴出身)

(東京六大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
木澤 尚文(慶応大)投手
182/78 右/右
(慶応義塾高出身)

(東京六大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
関根 智輝(慶応大)投手
186/86 右/右
(都立城東出身)

(東京六大学野球連盟)


個別フォルダへ

 
 
長谷部 銀次(慶応大)投手
183/72 左/左
(中京大中京出身)

(東京六大学野球連盟)


個別フォルダへ

 
 
入江 大生(明治大)投手
187/82 右/右
(作新学院出身)

(東京六大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
中川 楓(立教大)投手
184/79 右/左
(桐光学園出身)

(東京六大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
高田 孝一(法政大)投手
183/88 右/右
(平塚学園出身)

(東京六大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
鈴木 昭汰(法政大)投手
175/80 左/左
(常総学院出身)

(東京六大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
石川 達也(法政大)投手
178/72 左/左
(横浜高出身)

(東京六大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
村上 頌樹(東洋大)投手
174/75 右/左
(智弁学園出身)

(東都大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
内間 拓馬(亜細亜大)投手
179/84 右/右
(宜野座出身)

(東都大学野球連盟)

 
 荒削りでまだ収まりが悪いところはあるのですが、ガッチリした体格から140キロ台後半を連発できる馬力があります。勝ち身に遅い部分はあるのですが、今春のリーグ戦では防御率1.71で4位と、けして荒削りなだけの投手ではありません。ボールの力・スペックは間違いなくあると思うのですが、コントロール・投球術など技術的な部分で物足りなさがあります。最終学年でもう少し総合力が引き上げられてくると、上位指名も現実味を帯びてくるのではないのでしょうか。

(2019年 高校JAPANとの交流戦)

 
平内 龍太(亜細亜大)投手
186/90 右/右
(神戸国際大附出身)

(東都大学野球連盟)

 
 140キロ台後半を連発する重い速球が武器。カーブのようなどんよりしたスライダーなどをたまに投げるが、変化球に特徴的なものがない。それでもコントロールも荒れ荒れといったほどではないし、ボールの威力は東都でもトップクラスなので来年の候補として注視してゆきたい。

(2019年 春季リーグ戦)

 
糸川 亮太(立正大)投手
170/73 右/右
(川之江出身)

(東都大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
倉田 希(立正大)投手
181/81 右/右
(常総学院出身)

(東都大学野球連盟)


関連動画へ

 
 
小谷野 楽夕(日本大)投手
183/79 右/右
(日大三出身)

(東都大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
倉内 凱之(日本大)投手
189/89 右/右
(札幌日大出身)

(東都大学野球連盟)


関連動画へ

 

佐藤 奨真(専修大)投手
175/78 左/左
(関東一出身)

(東都大学野球連盟)

 

関連動画へ

 
 
赤羽 陸(国士舘大)投手
179/72 右/右
(市立和歌山出身)

(東都大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
多田 裕作(拓殖大)投手
177/78 右/右
(日体大柏出身)

(東都大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
近久 輝(東京農業大)投手
176/83 右/右
(東邦出身)

(東都大学野球連盟)


 コンスタントに140キロ前後~MAX143キロの速球を投げ込むスピード能力は、エースの 藤嶋 健人(2年)に負けない能力を持っている。右打者には制球は安定しているものの、左打者には相当ばらつく傾向があること。また腕を真上から振り下ろす、肩への負担が激しいフォームに不安を残す。それでも一冬越えた時に、どのぐらいのボールを投げるのかという楽しみを、抱かせてくれる選手だった。

(2015年 神宮大会出身)

 
 
山崎 伊織(東海大)投手
181/71 右/左
(明石商出身)

(首都大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
小郷 賢人(東海大)投手
180/80 右/右
(関西出身)

(首都大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
加藤 三範(筑波大)投手
182/86 左/左
(花巻東出身)

(首都大学野球連盟)


 チームではクローザーをやっているようですが、リーグ戦での記憶が正直ありません。今春のリーグ戦では、1勝2敗ながら 防御率は 0.67 と安定感が売り? 140キロ前後の速球にスライダー・チェンジアップを織り交ぜて来るオーソドックスなタイプであり、平塚ガンでは147キロを記録しましたが、マイガンでは88マイル・142キロ止まり。

 ボール・投球自体には、それほどインパクトは感じませんでした。内容も、外野フライ・死球・三振・内野ゴロと平凡で、代表となるとパンチ不足か? まだ2年生ということで、さらなる上積みがあれば、ドラフト候補に最終学年には上がって来るかもしれません。

(2018年 平塚合宿)

 
 
村木 文哉(筑波大)投手
185/87 右/左
(静岡高出身)

(首都大学野球連盟)

 
高校時代のレポートへ

 
森 博人(日体大)投手
175/79 右/右
(豊川出身)

(首都大学野球連盟)

 
個別フォルダへ
 
松葉 行人(桜美林大)投手
177/73 右/左
(東海大甲府出身)

(首都大学野球連盟)

 
関連動画へ


根岸 涼(桜美林大)投手
177/66 右/右
(錦城学園出身)

(首都大学野球連盟)

 
 
個別フォルダへ

 
金田 悠太朗(帝京大)投手
177/70 右/右
(厚木北出身)

(首都大学野球連盟)


 140キロ前後の速球に変化球を織り交ぜ、8回を1安打に抑えるなど安定感抜群の好投手だった。

 
 
江村 伊吹(大東文化大)投手
178/76 左/左
(北越出身)

(首都大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
藤村 哲之(横浜商科大)投手
180/82 左/左
(愛工大名電出身)

(神奈川大学野球連盟)


個別フォルダへ

 
 
松川 巧実(関東学院大)投手
177/75 右/右
(沖縄尚学出身)

(神奈川大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
初祖晋 太郎(中京大)投手
184/88 右/右
(中京大中京出身)

(愛知大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
山本 一輝(中京大)投手
180/80 左/左
(東郷出身)

(愛知大学野球連盟)


関連動画へ

 
 
二宮 衣沙貴(名城大)投手
184/78 右/右
(享栄出身)

(愛知大学野球連盟)

 
手術を乗り越え頭角を現してきた速球派。

 
石本 光紀(日本福祉大)投手
181/82 右/右
(海部出身)

(愛知大学野球連盟)


キレの良い速球と変化球が冴え渡る。

 
 
森 弘明
(愛知淑徳大)投手
179/76 右/右
(名古屋高出身)

(愛知大学野球連盟)


愛知リーグ3部の逸材として話題に。

 
 
中井 雄亮(中部学院大)投手
186/84 左/左
(秀岳館出身)

(東海地区大学野球連盟・岐阜)


関連動画へ

 
 
村橋 主晟(中部学院大)投手
182/82 右/右
(県岐阜商出身)

(東海地区大学野球連盟・岐阜)


140キロ台後半を記録する注目株。

 
 
荒木 開成(岐阜聖徳学園大)投手
178/68 右/左
(啓新出身)

(東海地区大学野球連盟・岐阜)


安定感光る好投手。

 
 
小澤 琢(岐阜協立大)投手
187/91 右/右
(豊川出身)

(東海地区大学野球連盟・岐阜)


迫力満点の体格から投げ込む速球派。

 

高野 脩汰(関西大)投手
181/70 左/左
(出雲商出身)

(関西学生野球連盟)

 
 
個別フォルダへ


原 健登(京都大)投手
176/77 右/左
(彦根東出身)

(関西学生野球連盟)

 

実戦的な投球で京大を4位に引き上げた原動力に。

 
 
有村 大誠(立命館大)投手
185/88 右/右
(秀岳館出身)

(関西学生野球連盟)


 最速で144キロを記録するも、大体は135キロ前後だった。突っ込みの早いフォームは相変わらずだったが、チェンジアップだかフォークだかの縦系のボールには威力があり観るべきものはあった。ただし高校からプロとか、そういったタイプには見えて来ない。次の試合では先発あたりで、もう少しじっくり観てみたい。

(2016年 センバツ)

 
 
山梨 智也(立命館大)投手
177/82 右/右
(静岡東出身)

(関西学生野球連盟)


攻めのピッチングができる力投派。

 
 
打田 雷樹(大阪学院大)投手
186/83 右/右
(日本航空石川出身)

(関西六大学野球連盟)


個別フォルダへ

 
 
藤本 翔(京都産業大)投手
176/76 左/左
(京都学園出身)

(関西六大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
吉川 貴大(大阪商業大)投手
182/78 右/右
(開星出身)

(関西六大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
武次 春哉(関西国際大)投手
164/72 左/左
(西脇工出身)

(阪神大学野球連盟)


 
関連動画へ

 
中村 光(大阪体育大)投手
174/63 左/左
(箕島出身)

(阪神大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
森浦 大輔
(天理大)投手
175/70 左/左
(天理出身)

(阪神大学野球連盟)


個別フォルダへ

 
 
塘本  武司(大阪市立大)投手
183/78 右/右
(八尾出身)

(近畿学生野球連盟)

 
関連動画へ


大畑 理暉(奈良学園大)投手
182/90 右/右
(履正社出身)

(近畿学生野球連盟)

 
 
関連動画へ

 
中内 亮太(東亜大)投手
181/97 右/右
(五篠出身)

(中国地区大学野球連盟)


個別フォルダへ

 
 
山崎 友輔(福山大)投手
176/80 右/右
(玉野商出身)

(中国地区大学野球連盟)


関連動画へ

 
 
水上 由伸(四国学院大)投手
175/75 右/右
(帝京三出身)

(四国地区大学野球連盟)


高校時代のレポートへ

 
 
益田 武尚(北九州市立大)投手
175/80 右/右
(嘉穂出身)

(九州六大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
谷口 優成(九州産業大)投手
186/76 右/右
(唐津商出身)

(福岡六大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
岩田 将貴(九州産業大)投手
178/77 左/左
(九産大九州出身)

(福岡六大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
下川 智隆(久留米工業大)投手
180/80 右/右
(佐賀学園出身)

(九州地区大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
長野 良太(第一工業大)投手
181/80 右/右
(加治木工出身)

(九州地区大学野球連盟)

 
力感溢れる速球派。

 
藤野 幹大(日本文理大)投手
190/75 右/右
(福岡第一出身)

(九州地区大学野球連盟)


 191センチの体格を活かした腕の長いサイドハンド。球速こそ135~後半ぐらいだったものの、ボールのキレも良く打ち難い。スライダーに加えシンカーに落差があり、大商大打線から11三振を奪い苦しめた。このスペックでコンスタントに140キロ台を出せるぐらいになると、来年は候補として名前が上がってきそうだ。

(2019年 大学選手権)

 
 
大曲 錬(福岡大準硬式)投手
179/74 右/右
(西日本短大附出身)

(九州地区大学野球連盟)

 
個別フォルダへ








大学4年生 野手編



 
ブランドン 大河(東農大北海道)三塁
179/75 右/右
(石川出身)

(北海道学生野球連盟)


個別フォルダへ

 
 
赤尾 光祐(東海大札幌)外野
181/92 右/右
(東海大相模出身)

(札幌学生野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
天満 宥太朗(東海大札幌)外野
180/76 右/右
(東海大札幌出身)

(札幌学生野球連盟)

 
三拍子揃った好選手。

 
武岡 大聖(八戸学院大)外野
178/91 右/左
(生光学園出身)

(北東北大学野球連盟)


関連動画へ

 
 
元山 飛優(東北福祉大)遊撃
180/78 右/左
(佐久長聖出身)

(仙台六大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
佐野 如一(仙台大)外野
175/80 右/左
(霞ヶ浦出身)

(仙台六大学野球連盟)

 
関連動画へ


櫻井 優宏(東北大)外野
180/100 右/右
(豊中出身)

(仙台六大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
斎田 海斗(東日本国際大)外野
180/77 右/左
(仙台育英出身)

(南東北大学野球連盟)


関連動画へ

 
 
物井 優(福島大)外野
177/74 左/左
(水戸商出身)

(南東北大学野球連盟)


関連動画へ

 
 
古川 裕大(上武大)捕手
182/86 右/左
(久留米商出身)

(関甲新大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
荒木 陵太(新潟医療福祉大)外野
175/82 右/左
(日本文理出身)

(関甲新大学野球連盟)


関連動画へ

 
 
山田 和哉(白鴎大)遊撃
168/65 右/右
(大牟田出身)

(関甲新大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
清水 寛太(山梨学院大)外野
174/70 右/左
(甲府工出身)

(関甲新大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
荻原 哲 (創価大)捕手
174/82 右/左
(日南学園出身)

(新東京大学野球連盟)


個別フォルダへ

 
 
保科 広一(創価大)外野
186/85 左/左
(遊学館出身)

(新東京大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
篠崎 高志(城西国際大)三塁
168/67 右/左
(作新学院出身)

(千葉県大学野球連盟)


関連動画へ

 
 
石原 昴(敬愛大)一塁
184/94 右/右
(湘南学院出身)

(千葉県大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
瀧澤 虎太朗(早稲田大)外野
180/79 右/左
(山梨学院出身)

(東京六大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
瀬戸西 純(慶応大)遊撃
177/77 右/左
(慶応義塾高出身)

(東京六大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
石元 悠一(東京大)三塁
183/82 右/左
(桐明出身)

(東京六大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
牧 秀悟(中央大)二塁
178/80 右/右
(松本第一出身)

(東都大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
五十幡 亮汰(中央大)中堅
172/67 右/左
(佐野日大出身)

(東都大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
山崎 基輝(東洋大)捕手
178/82 右/右
(愛工大名電出身)

(東都大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
矢野 雅哉(亜細亜大)遊撃
173/71 右/左
(育英出身)

(東都大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
虎谷 貴哉(亜細亜大)一塁
178/76 右/右
(星稜出身)

(東都大学野球連盟)


関連動画へ

 
 
小川 龍成(国学院大)遊撃
172/72 右/左

(東都大学野球連盟)


個別フォルダへ

 
 
若林 楽人(駒沢大)外野
177/77 右/右
(駒大苫小牧出身)

(東都大学野球連盟)


関連動画へ

 
 
立松 由宇(立正大)捕手
176/83 右/右
(藤代出身)

(東都大学野球連盟)


関連動画へ

 
 
大庭 樹也(専修大)遊撃
182/82 右/右
(明豊出身)

(東都大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
白石 翔樹(東京農大)捕手
175/77 右/右
(大村工出身)

(東都大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
高垣 鋭次(日体大)内野
181/86 右/右
(智弁和歌山出身)

(首都大学野球連盟)


個別フォルダへ

 

竹中 裕貴(桜美林大)捕手
159/60 右/右
(八王子出身)

(首都大学野球連盟)

 

個別レポートへ

 
 
並木 秀尊(獨協大)外野
170/70 右/右
(市立川口出身)

(首都大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
渡部 健人(桐蔭横浜大)三塁
175/110 右/右
(日本ウェルネス出身)

(神奈川大学野球連盟)


個別フォルダへ

 
 
鈴木 颯人(桐蔭横浜大)外野
172/64 右/左
(常総学院出身)

(神奈川大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
奥村 幸太(神奈川大)捕手
170/70 右/右
(八戸学院光星出身)

(神奈川大学野球連盟)


関連動画へ

 
 
古寺 宏輝(関東学院大)一塁
175/76 右/右
(大阪桐蔭出身)

(神奈川大学野球連盟)

 
関連動画へ


関 龍摩(関東学院大)外野
181/80 右/右
(福井商出身)

(神奈川大学野球連盟)

 

 関東学院大の4番を務める、強打の外野手。今春のリーグ戦では、10試合 1本 5点 2盗塁 打率.444厘(2位)という好成績。もう少し本塁打や打点が多いのかと思いきや、むしろ今シーズンは打率が高いのに驚きました。

 強打者の割に、地肩も強くある程度守れるなど破綻の守備・走力があるのが特徴。確か平塚の初日の試合では、セカンドゴロとショートゴロだったとメモしています。、まだジャパンとなると、ちょっとパンチ不足というか埋もれてしまうところがあるように思います。2年後には、突き抜けた個性を持つ選手として存在感を増して来ることを望みたいところ

(2018年 平塚合宿)

 
河田 純平(中京大)外野
178/75 右/右
(中京大中京出身)。

(愛知大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
木原 修(名古屋経済大)一塁
175/83 右/右
(宮崎日大出身)

(愛知大学野球連盟)

 
スタンドに叩き込む長打が売り。

 
高木 海(愛知産業大)外野
174/83 右/右
(愛産大工出身)

(愛知大学野球連盟)

 
パワフルな打撃で、リーグを代表する強打者。

 
丹下 大輝(中部大)外野
178/72 右/右
(名古屋国際出身)

(愛知大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
加藤 廉(東海大海洋学部)遊撃
180/80 右/左
(島田工出身)

(東海地区大学野球連盟・静岡)

 
攻守に光るリーグNO.1遊撃手。

 
村川 凪(四日市大)外野
174/60 右/左
(如水館出身)

(東海地区大学野球連盟・三重)

 
快速武器の好打者。

 
山下 翔大(岐阜協立大)遊撃
168/65 右/右
(美濃加茂出身)

(東海地区大学野球連盟・岐阜)

 
三拍子揃ったショートストップ。

 
増田 将馬(中部学院大)捕手
177/67 右/右
(徳島商出身)

(東海地区大学野球連盟・岐阜)

 
兄・大輝(巨人)譲りのセンスの持ち主。

 
福尾 僚祐(中部学院大)外野
175/65 右/左
(京都外大西出身)

(東海地区大学野球連盟・岐阜)

 
関連動画へ

 
犬飼 廉太郎(金沢学院大)外野
166/69 右/左
(三重・海星出身)

(北陸大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
佐藤 輝明(近畿大)三塁&外野
187/92 右/左
(仁川学院出身)

(関西学生野球連盟)


個別フォルダへ

 
 
北野 嘉一(京都大)外野
175/74 右/左
(北野出身)

(関西学生野球連盟)


関連動画へ

 
 
榮枝 裕貴(立命館大)捕手
179/79 右/右
(高知高出身)

(関西学生野球連盟)


 
個別フォルダへ

 
小川 晃太朗(同志社大)外野
180/75 右/右
(龍谷大平安出身)

(関西学生野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
内田 吉信(大阪学院大)一塁
172/80 右/右
(早鞆出身)

(関西六大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
岡澤 智基(大阪商業大)捕手
183/80 右/右
(智弁学園出身)

(関西六大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
藤井 倭(大阪産業大)外野
180/76 右/右
(市立尼崎出身)

(阪神大学野球連盟)


三拍子揃った好選手。

 
 
持田 大和(関西国際大)遊撃
178/69 右/左
(如水館出身)

(阪神大学野球連盟)

 
個別フォルダへ

 
大石 航輝(天理大)外野
172/80 左/左
(大阪桐蔭出身)

(阪神大学野球連盟)


関連動画へ

 

山本 侑度(甲南大)外野
168/70 右/右
(履正社出身)

(阪神大学野球連盟)

 

関連動画へ

 

福永 聖(大阪市立大)外野
181/87 右/右
(彦根東出身)

(近畿学生野球連盟)

 

関連動画へ

 
 
山本 脩平(大阪工大)二塁
180/77 右/右
(比叡山出身)

(近畿学生野球連盟)


関連動画へ

 
 
野崎 惇登(佛教大)外野
183/85 右/左
(県和歌山商出身)

(京滋大学野球連盟)


関連動画へ

 
 
喜多 隆介(京都先端科学大)捕手
179/80 右/右
(小松大谷出身)

(京滋大学野球連盟)

 
スローイングは一級品の好捕手。

 
仁木 敦司(広島国際学院大)三塁
172/74 右/右
(下関国際出身)

(広島六大学野球連盟)


関連動画へ

 
 
湊 視温(東亜大)外野
180/73 右/左
(五篠出身)

(中国地区大学野球連盟)

 
確実性と長打力を兼ね備えた強打者。

 
中村 拓真(徳山大)外野
170/70 右/右
(長門出身)

(中国地区大学野球連盟)

 
大学JAPAN代表候補合宿にも参加。

 
東 哲寛(九州国際大)一塁
190/92 右/右
(宇部鴻城出身)

(九州六大学野球連盟)

 
巨体から繰り出す圧倒的な打力が魅力。

 
土田 天洋(北九州市立大)一塁
179/100 右/右
(小倉出身)

(九州六大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
児玉 亮涼(九州産業大)遊撃
165/60 右/右
(文徳出身)

(福岡六大学野球連盟)


個別フォルダへ

 
 
揚村 彰斗(九州産業大)捕手
176/75 右/右
(飯塚出身)

(福岡六大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
平良 竜哉(九州共立大)一塁
170/72 右/右
(前原出身)

(福岡六大学野球連盟)

 
個別フォルダへ


田村 航汰(九州共立大)外野
179/80 右/右
(東海大福岡出身)

(福岡六大学野球連盟)

 

勝負強さが売りのポイントゲッター。

 
 
水野 大成(長崎国際大)二塁
161/63 右/左
(創成館出身)

(九州地区大学野球連盟)

 
快速生かしたプレーで魅了。

 
知念 大河(近大産業理工学部)三塁
177/78 右/右
(沖縄尚学出身)

(九州地区大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
松川 剛大(沖縄国際大)遊撃
171/70 右/左
(美里工出身)

(九州地区大学野球連盟)


関連動画へ

 
 
平野 弘陽(日本文理大)外野
178/78 右/左
(波佐見出身)

(九州地区大学野球連盟)

 
関連動画へ

 
八木 大輝(宮崎産業経済大)遊撃
174/70 右/右
(れいめい出身)

(九州地区大学野球連盟)


 潔いスイングで、甘い球を呼び込んで思いっきり引っ張ったく。一塁までの塁間は、右打席から4.3秒前後(左打者換算で4.05秒強)ぐらいと中の上ぐらいで、遊撃手としての動きは軽快に見えたが、あわな内野安打みたいな当たりもあったので少し送球までが緩慢なのかもしれない。

(2019年 大学選手権)

 




大学3年生 投手編






大学3年生 野手編



 
川村 友斗(仙台大)外野
178/82 右/左
(北海出身)

(仙台六大学野球連盟)


 
個別フォルダへ