17kp-31


 




佐藤 隼輔(筑波大4年)投手の春季寸評へ







佐藤 隼輔(筑波大3年)投手の本当に凄いやつへ








佐藤 隼輔(仙台高3年)投手 180/76 左/左 
 




 「コンビネーション投手」





 今年の高校生の中でも、全国で3本の指に入ると訊いて、どうしても生で見ておきたかった 佐藤 隼輔 。進学も噂される選手ではあったが、最後の夏だということで仙台へと赴いた。けして力でねじ伏せるタイプの投手ではなく、あくまでも変化球を交えたコンビネーションで打ち取る先発タイプの好投手だった。


(投球内容)

 通常時はかなり力抜いて投げており、要所や得点圏にランナーが進まないと力は入れて投げて来ない。

ストレート 135キロ前後~140キロ台前半 
☆☆☆ 3.0

 普段は135キロ前後のボールを、両サイドに散らせて来るといった感じ。そのためボール自体のキレや球威にも、驚くものは感じられない。しかし力を入れたときは、腕をムチのように使い思わず打者が差し込まれたり、振り遅れてしまう。力を入れた球は滅多に見られないが、そういったときのボールが容易には捉えることができない勢いがある。これは球速やキレという以上に、フォームや腕の振りによるところが大きいそうだ。こういった球が安定して投げられるようになれば、プロでも充分先発として勝負できるだろう。しかし現時点では、こういった球は多くはみられない。

変化球 スライダー、カーブ、チェンジアップなど 
☆☆☆★ 3.5

 曲がりが鋭く、速球との見分けがつき難い実戦的なスライダーが最大の武器。それにもっと緩いカーブ、右打者の外角低めにはチェンジアップも違和感なく落としてくる。特にスライダーは、右打者の内角膝下に食い込ませることができ、これが左打者に攻めとしては珍しい。速球と変化球を違和感なく織り交ぜることができ、相手に付け入る隙与えない、的を絞らせないのが最大の特徴。

その他

 牽制はまずまず鋭く、左投手らしくうまい。クィックは、1.10~1.15秒前後と基準レベルを満たしており、フィールディングの動きも悪くなかった。野球センスが高いのか、こういった投球以外の動作にも筋の良さが感じられる。

(投球のまとめ)

 自分のペースでコンビネーションが作れているときは、なかなか付け入る隙を与えない。またいざ力を入れたときの速球は、高校生レベルでは容易に打ち返せない。ただし味方のエラーだとか、不運なヒットでランナーを背負い自分のペースが崩されると、やや精神的に乱れる部分もあり、思ったほどクレバーではないのかと思える部分もある。

 まだ安定して高いレベルの球が投げられないという基礎筋力・基礎体力に不安な部分があり、体づくりには1,2年を要することにはなるだろう。この辺は本人も自覚しているのか? プロ入りに興味がないわけではないが、進学への迷いが生じている理由なのかもしれない。

この夏の成績は

5試合 41回 23安打 10四死 58奪 防 0.44

 被安打率は56.1%(基準は70%以内)、四死球率は24.4%(基準は33.3%以下)、奪三振は1イニングあたり1.41個(基準は0.8個)以上と、どのファクターも文句なし越えているところは、完成度の高さが伺われる。ただし相手が本当に全国レベルの強豪校となると、この投球が通用するのかは微妙なところ。しかしこの春は、センバツ帰りの仙台育英相手に2失点完投の投球を見せていた。

 この投手の評価は、現時点の投球を元としながらも、これから更に基礎体力・基礎筋力を向上させ今後スピードアップを期待した上での評価だということ。あくまでも現時点での投球で、どうとかいうことはない。ただしマウンド捌き、投球スタイルからしても、順調に期待通りの成長を遂げれば、近い将来ローテーションを意識できる存在。そういった左腕であるということで、高く評価されているのだろう。





(投球フォーム)

今度は、フォームの観点からこの選手の本質と将来像に迫ってみたい。

<広がる可能性> 
☆☆★ 2.5

 引き上げた足を地面に向けて伸ばすので、お尻はバッテリーライン上に残りがち。そのため身体を捻り出すスペースは充分とはいえず、カーブで緩急をつけたりフォークのような縦に鋭く落ちる球種には適さない投げ方。

 また「着地」までの粘りも充分ではないので、身体を捻り出す時間も充分とはいえない。そうなると今後武器になるような変化球を習得し、ピッチングの幅を広げて行けるかは微妙。それでも現時点で切れ味鋭いスライダーと効果的なチェンジアップは習得しているので、悲観することはない。今後はカットボール・ツーシーム・スプリットなど球速の小さな変化を中心に、ピッチングを広げてゆくことが期待される。

<ボールの支配> 
☆☆☆☆ 4.0

 グラブは最後まで内に抱えられており、両サイドの投げ分けは安定。足の甲でも地面をしっかり捉えており、ボールも上吊らない。「球持ち」は現時点ではそれほどでもないので、もう少し指先まで力が伝えられるようになると、さらに細かいコントロールが期待できるかもしれない。

<故障のリスク> 
☆☆☆★ 3.5

 お尻を落とせないフォームではあるが、カーブはそれほど投げないし、フォークも現時点では投げていないので悲観する必要はなさそう。

 腕の送り出しも、けして無理な感じはしないので肩への負担は少なめ。けして力投派ではないので、消耗も少ないタイプなのだろう。

<実戦的な術> 
☆☆☆★ 3.5

 「着地」までの粘りはないものの、身体の「開き」は抑えられており、見えないとこからピュッとボールが出てくるギャップはあるかもしれない。更に長い腕をブンと強く振ってくるので、打者としては球速以上に差し込まれやすい。

 腕の振りはよく勢いもあるので、力を入れたときには思わずバットを振ってしまう。しかしボールにしっかり体重を乗せてからリリースできているわけではないので、まだ打者の手元までの勢い、球威という点では改善の余地が残されている。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「開き」こそ抑えられているものの、「着地」「球持ち」「体重移動」に課題を残し、まだあと一歩の粘りが欲しいところ。

 コントロールを司る動作には優れ、故障のリスクもさほど高くない。しいて言えば今後ピッチングの幅を広げて行けるのか?という疑問は残るが、現時点でスライダーやチェンジアップのキレ・ブレーキも悪くないので、これも悲観しなくても良いのではないのだろうか。


(最後に)

 左腕としてはコントロールが安定していて、マウンド捌き、変化球レベル、投球術は高校生としては高いものを持っている。まだボールそのものや技術的に絶対的なものはないものの、今後高いレベルで野球に取り組み、レベルアップして行ければ、近い将来プロでも先発が期待できる素材としてマークされている。

 私が観戦した試合では、大会の中でも最も省エネピッチングに心がけていたという試合だったとのこと。そのためボールそのものの凄みや、圧倒的な内容は観られなく、その片鱗は観られたものの若干物足りない内容に留まった。しかし彼を何度もみてきたプロ側の評価と、今年のドラフト市場を考えると、志望届けを提出した場合に3位以内での指名は充分期待できるのではないかという気がする。できればもう一試合勝ってくれるとテレビ中継があったので、そこでの投球を確認してクロスチェックを行いたかっただけに残念だった。ということで、今度はプロの舞台でぜひ確認してみたい投手だった。


蔵の評価:
☆☆ (中位指名級)


(2016年夏 宮城大会)