20dy-15





並木 秀尊(獨協大4年)中堅手の最終寸評へ







並木 秀尊(獨協大3年)外野 170/70 右/右 (市立川口出身) 





 「トップスピードまでが速い」





 野球ほど競技人口が多いと、ただ足の速い選手はいくらでもいる。しかし短い距離での加速が可能で、本当の意味で野球に適したスピードを持った選手は少ない。そんな中、本物の快速選手と言えるのが、この 並木 秀尊 だ。


(守備・走塁面)

 秋の大学日本代表松山合宿では、「サニーブラウンに勝った男」と評される 五十幡 亮汰(中央大)を上回るタイムを叩き出し話題になった。中学時代100メートル・200メートルのニ冠に輝いた逸材になった男を勝る走力は、間違いなく本物だと言えよう。ちなみに三塁打での到達タイムは、11.1秒という記憶にないタイムで駆け抜ける快速っぷり。3年春のリーグ戦では、8試合で7盗塁を記録。間違いなくプロに入っても、球界トップ級の脚力であるのは間違い無さそうだ。

 守備も松山合宿の映像を見る限り、打球勘・落下点までの入り・返球などの動きも悪くない。また肩も 中の上 クラスはありそうで、中堅手としては合格ラインではないのだろうか。身体能力は高いが、守備勘が悪いというタイプでも無さそうだ。少なくても守備・走力に関しては、プロを意識できる領域にいるとみた。


(打撃内容)

 首都リーグの二部とはいえ、3年春には打率.364厘を記録。春・秋と、ベストナインを獲得と、けして打てない選手ではない。打撃フォームの参考は、この春のものを参考にした。

<構え> 
☆☆☆★ 3.5

 昨年までは少し足を開いて構えていたが、この春はスクエアスタンスで足を揃えて立っていた。グリップの高さは平均的で、腰の据わりや全体のバランスとしては並ぐらい。しかし両眼でしっかり前を見据えられており、打席でもリラックスして立てている。

<仕掛け> 早め

 投手の重心が下がり始めるときに動き出す、「早めの仕掛け」を採用。対応力を重視した、アベレージヒッターに多く観られる仕掛けです。

<足の運び> 
☆☆☆★ 3.5

 足をしっかり引き上げて、真っ直ぐから若干アウトステップ気味に踏み出します。始動~着地までの「間」は充分取れており、速球でも変化球でもスピードの変化には対応しやすいはず。真っ直ぐ踏み出すように、内角でも外角でも対応したいという万能型。

 踏み出した前の足もしっかり止まっており、逃げてゆく球や低めの球にも食らいついて行けそう。ただし若干アウトステップさせるように、内角への意識が少し強いタイプなのかもしれません。

<リストワーク> 
☆☆☆★ 3.5

 気になるのは、バットを引くのが遅れ気味で速い球に立ち遅れることがあること。あらかじめ「トップ」のところバットを引いておけとは言いませんが、早めに「トップ」の形を作るように注意したほうが良いのでは?

 バットの振り出し自体は癖のないスイングで、ロスは感じられません。バットの先端であるヘッドも下がらず、最後までしっかり振り切れています。甘い球を、スパンと逃さずはじき返すタイプの打者だと思います。肘を畳んでスイングをする選手なので、内角の球や引っ張るのを好むのではないのでしょうか。逆に腕をしっかり伸ばしてスイングする、外角の球に対する対応が気になります。

<軸> 
☆☆☆★ 3.5

 足の上げ下げは比較的大きいので、目線が上下して的確にボールを追いづらいのが気になります。体の開きは我慢できており、巻き込むスイングを得意とするタイプらしく、軸足は形は大きく崩れずに軸回転でスイングできています。

(打撃のまとめ)

 当て勘自体は悪いと思わないのですが、トップの形成が遅れて一定レベル以上のスピードに対応するには時間がかかりそうという印象は受けました。技術的に癖はないので、スピードに慣れてくればそれなりに対応できるようになるかもしれません。タイプ的には、桑原将志(DeNA)タイプの打者ではないのでしょうか。


(最後に)

 野球に適した脚力の持ち主であり、肩や守備も悪く有りませんし、打撃もけして箸にも棒にもかからないという選手ではありません。そういった意味では、育成も含めれば充分に大学からのプロ入りを意識できる素材だと感じました。今後も、一年間追いかけてみたいと思わせてくれる選手でした。


(2019年秋・2020年春)