20dp-9





山野 太一(東北福祉大4年)投手の最終寸評へ







山野 太一(東北福祉大3年)投手 172/74 左/左 (高川学園出身) 





「変化球が多すぎ」 





 左腕から、140キロ台中盤の速球を投げ込める 山野 太一 。しかしその投球の多くは変化球であり、たまに速球を織り交ぜて来るというスタイル。どうしても変化球中心のピッチングだと、投球にリズムが生まれ難くなってしまうのだ。そういった歯がゆさが、この投手の投球をみていると残る。


(投球内容)

 ゆったりしたモーションから投げ込むので、とても172センチの体型には見えません。そういったマウンドで大きく見せるというのは、良い投手に多く見られる特徴です。

ストレート 常時140キロ台~後半 
☆☆☆★ 3.5

 高川学園時代から好投手として注目され、甲子園でも活躍。しかし福祉大進学後に、格段に球速・キレを増しました。1年春のリーグ戦では、4勝負けなしで防御率 0.29 でいきなり最優秀防御率を獲得。ストレートのキレ・勢いは、この1年時が一番良かったです。以後故障などもあり変化球中心の配球になってしまったのですが、現在はストレートの勢い・キレもかなり取り戻しつつあります。それゆえに、もう少しストレートを中心としたピッチングができないのか?という不安は残ります。

 確かにたまに投げるストレートの割に、相手が対応してくるのは気になります。ボール自体は、両サイドに散らすことはできているのですが ・・・。四死球は、以前は投球回数に対し1/3ぐらいには留めていました。しかし上級生になるに従い、アバウトになっているのは気になるところでしょうか。投球のリズム感がイマイチなのは、狙ったとおりにボールが決まらないことが多いからかもしれません。

変化球 スライダー・カットボール・カーブ・チェンジアップなど 
☆☆☆★ 3.5

 120キロ台の曲がりながら沈むスライダーにキレがあり、他にも130キロ台中盤のカットボール、110キロ台のカーブなどがあります。さらに右打者には、チェンジアップ系のぼーるがあり、一通りの球種を持っています。入学以来、ほとんどのシーズンでは投球回数以上の奪三振は奪えています。

その他

 それほど鋭い牽制は入れて来ないで、マウンドを外すような感じで織り交ぜてきます。クィックは、1.25秒前後とやや遅めで、フィールディングは積極的にボールをとりに行く動きの良さは感じました。

(投球のまとめ)

 ボール1つ1つは良いのですが、何か投球全体になるとまとまりというか、リズムが悪くなってしまいます。せっかく良さを、うまく引き出せていないのではないかと。リーグ戦では入学以来19勝0敗 と圧倒的な実績なのですが、全国大会に行くと物足りません。最終学年の目標は、全国大会でも通用するピッチングを身につけることではないのでしょうか。



(投球フォーム)

 ではフォームを分析して、傾向や今後の可能性について考えてみましょう。ランナーがいなくても、セットポジションから投げ込んできます。

<広がる可能性> 
☆☆☆★ 3.5

 引き上げた足をかなり二塁方向にまで引いて投げ込むので、お尻はバッテリーライン上に残りがち。そのため身体を捻り出すスペースは充分には確保できず、カーブで緩急をつけたりフォークのような縦に鋭く落ちる球にはあまり適さないフォームです。

 それでも「着地」までの粘りは適度に感じられ、身体を捻り出す時間は確保。キレや曲がりの鋭い変化球の習得は、けして無理なフォームではありません。実際に球種は多彩で、絶対的な武器はないものの、コンビネーションで相手を打ち取ることができています。

<ボールの支配> 
☆☆☆★ 3.5

 グラブを最後まで身体の近くで抱えられ、外に逃げようとする遠心力を内に留めることができている。そのため軸がブレ難く、両サイドへの投げわけは安定しやすい。

 足の甲での地面への押しつけもできているが、若干浅いところがある。したがって力を入れて投げてしまうと、ボールが上吊りやすい。「球持ち」は並ぐらいで、それほどボールを押し込むとか指先の感覚に優れているといった感じはしない。

<故障のリスク> 
☆☆☆★ 3.5

 お尻の落としが充分ではないわりに、カーブを結構使ってくる。そのため窮屈になることがあり、肘への負担が少ないとは言えない。しかし腕の送り出しには無理がなく、肩への負担は少なめ。過去に肩を痛めた経験があるだけに、そのへんは注意してみたい。現状力投派でもなく、疲労を溜め難いフォームになっている。

<実戦的な術> 
☆☆☆★ 3.5

 「着地」までの粘りはそれなりで、合わせやすいフォームではないのだろう。ボールの出どころもある程度隠せており、甘く入らなければ大丈夫そう。しかし実際の投球では、意外に苦になくストレートに対応されていたのは気になった。

 振り下ろした腕は適度に身体に絡み振れているので、打者からの空振りは誘えている。ボールにも適度に体重を乗せてからリリースできており、打者の手元までの勢いも悪くはない。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、特に大きな欠点は見当たらない。逆に特別良いというほどのものもないので、今後のさらなる努力次第ではもっと嫌らしいフォームになっても不思議ではない。

 コントロールを司る動作、故障のリスク、武器になる変化球の習得などの観点でも悪くなく、投球フォームに関しては 中の上 ぐらいの技術ではないのだろうか。


(最後に)

 肩痛の影響なのか、以前のようなガンガン速球で押すというピッチングは厳しいのかもしれない。そのためどうしても変化球を多く使い、時々ストレートを交えるというピッチングにならざるえないのではないのだろうか。ただしそれで通用するのであればよいが、全国大会やさらにプロの世界を想定すると現状は微妙な内容。その辺をさらに相違工夫して、より高いレベルでも通用できるものにできるのか注目してゆきたい。現状の内容だと、ドラフト指名されても即戦力になれるのかは懐疑的な見方になってしまう。


(2019年 神宮大会)


 








山野 太一(高川学園)投手レポート(無料)