20dy-2





牧 秀悟(中央大4年)二塁手の最終寸評へ








牧 秀悟(中央大3年)二塁 178/80 右/右 (松本第一出身) 
 




「典型的なポイントゲッター」 





 天性の長距離砲でも、生粋のアベレージヒッターでもない 牧 秀悟 。ではどんな選手なのか?と訊かれれば、典型的な勝負強さを売りにするポイントゲッターという応えになるだろう。大学JAPANの4番を務め、日米野球ではその役割をしっかりこなすことで株をあげた。


(守備・走塁面)

 一塁到達タイムは、右打席から4.3秒前後。これを左打者に換算すると、4.05秒前後に相当し 中~中の上 ぐらいです。リーグ戦でも毎シーズン1,2個の盗塁を記録しているようなので、全く走る気がないわけでもなければ、動けない選手でもないことがわかります。ただし、プロで足を売りにするとかそういったプレーヤーでは無さそうです。

 セカンドの守備は、なかなか動きも良く丁寧です。難しい球を捕ってから送球が乱れるなど、本当の地肩があるのかは少し疑問を持っています。それでもサードやショートもできる選手なので、弱いということはないとは思いますが。プロでも鍛えれば、 中 ~ 中の上 ぐらいの二塁手ドにはなれるのではないのでしょうか。彼に求められるのは、打てるセカンド 。その期待に、応えうる人材であるのは確かなのでしょう。伊藤友希也(立正大-DeNA)が無理やり二塁をやっていたのとは、少し趣が違うと思います。





(打撃内容)

 難しい球を打つというよりも、甘い球を逃さず叩くタイプの打者ではないのでしょうか。打球は広角に飛ばせ、プロで言えば20本前後を目指す中距離砲だと考えられます。それでも戦国東都において、3年春は打率.400厘で首位打者。3年秋も.364厘でリーグ3位と安定した成績を残し、打点も14点をずつ叩き出した勝負強さが光りました。

<構え> 
☆☆☆☆ 4.0

 前の足を軽く引いて、グリップの高さは平均的でバットを立てて構えます。腰の据わり具合、両眼で前を見据える姿勢、全体のバランスと取れていて、自然体で良い構えではないのでしょうか。

<仕掛け> 平均

 投手の重心が沈みきったところから動き出す、「平均的な仕掛け」を採用。この仕掛けは、ある程度の対応力と長打力を兼ね備えた、中距離打者やポイントゲッターに多く見られる仕掛けです。まさに、彼のプレースタイルに合致しています。

<足の運び> 
☆☆☆ 3.0

 足を上げてまわし込み、真っ直ぐ踏み出してきます。始動~着地までの「間」はそこそこで、速球でも変化球でもスピードの変化にはそれなりに対応できます。真っ直ぐ踏み出すように、内角でも外角でも幅広く対応したいタイプなのでしょう。

 気になるのは、インパクトの際に足元が止まらずに動いてしまうことが多いこと。これによりロスが生じ、甘い球を打ち損じることが結構気になりました。このへんが、引っ張る時以外にはピタッと止まるようになると、いよいよ付け入る隙きがなくなり凄みが出てくるのではないかと思います。現状は、上半身の強い振りに下半身が負けてしまうことが少なくありません。

<リストワーク> 
☆☆☆★ 3.5

 打撃の準備である「トップ」の形を作るのは自然体で、力み無くボールは呼び込めています。スイングを見ていると、実はインサイドアウトでバットを最短距離で振り下ろして来るタイプ。そのため真ん中~内角寄りの球をうまくたたんでさばくのは上手い選手です。

 その一方で、外角寄りの球に対しては、バットのしなりを活かしたスイングではないので意外に長打は望めないのではという気がします。恐らくセンターバックスクリーンあたりの叩き込む打球は、引っ張る感覚で振ったものがセンター方向に飛んだだけなのではないかと感じました。

 それでもボールを捉えるときは、バットの先端であるヘッドは下がらず広い面でボールを捉えています。ボールに角度をつけて飛ばすというよりも、より広い面積でボールを捉えてフェアゾーンに飛ばすタイプなのではないのでしょうか。ボールを捉えたあとは、大きな弧を描くスイングで、強烈な打球を生み出すことはできています。あくまでも長打は、引っ張る感覚で振った時のものといった気がします。

<軸> 
☆☆☆ 3.0

 足の上げ下げはそれなりで、目線の上下動も可も不可もなし。身体の開きが充分に我慢できていないことが多いく、そういったときは軸足の形が前に突っ込んだり崩れている。空振りをしても、型が崩れないスイングを心がけたい。

(打撃のまとめ)

 強打者タイプに見えるのだが、意外に対応力重視で確実性を重んじたスイングになっている。その割に足元が不安定なところがあり、甘い球を打ち損じることも少なくない。またそういった打撃が起こりやすいのは、かなり引っ張る打撃を好むので足元を開放する機会が多いからではないのだろうか。引っ張るつもりの球が、意外に外角に来てしまって無理なスイングになってしまったとか、そういったことで打ち損じが起きる要因かもしれません。基本的に、内角寄りの球をうまくたたんで打つのは上手い打者なので。


(最後に)

 プロでショートとなると厳しそうだが、二塁・三塁のならば充分ありだろう。特に二塁手としての適性は確かなので、「打てる二塁手」が欲しいという球団には魅力的な素材ではないのだろうか。最終学年も大きな不調に陥らなければ、2位前後の指名も充分期待できる、上位候補となりそうだ。


(2019年 神宮大会)