20dp-20





高野 脩汰(23歳・日本通運)投手の個別寸評へ







高野 脩汰(関西大3年)投手 181/70 左/左 (出雲商出身) 
 




「ちょっと苦しいかな」 





 全身を使って真上から投げ込んでくる力投派左腕で、今年の関西を代表するドラフト候補と言われる 高野 脩汰 。しかし神宮大会の投球を見る限りは、大学からのプロ入りは厳しいのではといった印象は受けた。果たして現時点での投球で何が足りないのか? 考えてみたい。


(投球内容)

 関西学生リーグでは、8試合に登板し4勝0敗。リーグ2位となる防御率 1.01 という好成績を残しました。

ストレート 常時140キロ前後 ☆☆★ 2.5

 豪快に投げ下ろして迫力はあるのですが、球速としては140キロ前後で驚くほどのものはありません。両サイドにはボールは散るものの、かなりの荒れ球。それでもリーグ戦では、53回2/3イニングで17四死球と投球回数の1/3以下の四死球率には留めています。荒れ球で的を絞り難いのか? 被安打率は72.8% と少なめ。しかし神宮大会で2試合に登板しましたが、いずれも失点をしていました。

変化球 スライダー・フォーク ☆☆☆ 3.0

 大きく曲がりながら沈む、カーブのような軌道のスライダーを多く使ってきます。この球の曲がりは悪くないのですが、もう一つの変化球と言われるフォークはほとんど観られませんでした。そういった意味では、投球においては重要な役割は担っていないのではないのでしょうか。

その他

 クィックは1.10~1.20ぐらいと基準レベルで悪く有りませんが、牽制やフィールディングに関してはよくわからず。リーグ戦では先発での実績もありますが、細かい制球力や駆け引きはどうなのか?という疑問は持ちます。

(投球のまとめ)

 荒れ球の左腕として力で押すのであれば、コンスタントに145キロ前後は欲しい気がします。そういった意味では、まだボールの出力・制球力・投球術・決め手といった各部分が物足りないように思います。育成あたりでも良いというのであれば、左腕ということもあり指名して来る球団もあるかもしれませんが、関西学生で実績のある選手であることを考えると、育成ぐらいならば社会人に進んでからという判断になりそうなところです。





(投球フォーム)

 ランナーがいなくてもセットポジションから投げ込んできます。足を引き上げる勢い高さは平均的で、軸足一本で立ったときに少しバランスが悪いのは気になります。

<広がる可能性> ☆☆★ 2.5

 お尻はバッテリーライン上に落ちがちで、身体を捻り出すスペースは充分とはいえない。その証に投げる際に窮屈なので、背中を後ろに傾けてスペースを確保しようとしている。カーブやフォークといった捻り出て投げる球種を投げようとすると、窮屈に負担がかかる。

 それ以上に気になるのが、「着地」までの粘りがなくあっさり踏み込んでしまうことだ。したがって身体を捻り出す時間が確保できず、変化の大きな球の習得は厳しい。こういったフォームの選手は、スライダーやチェンジアップ、微妙に動かすような速い変化でピッチングを広げて行くことになる。

<ボールの支配> ☆☆★ 2.5

 グラブは最後まで身体の近くに留まっており、外に逃げようとする力は内に抑え込めている。そのため軸のブレを抑え、両サイドへのコントロールはつけやすい。一方足の甲の地面への捉えが浮きがちで、浮き上がろうとする力を抑えられない。そのため力を入れて投げると、ボールは上吊りやすい。真上から投げ下ろしてはいるが、球持ちも浅くボールを充分押し込めていないようにも見える。

<故障のリスク> ☆☆ 2.0

 お尻の落としに甘さを残すが、カーブやフォークといった捻り出して投げる球種は観られない。しかし窮屈なために、背中を傾けて投げ下ろそうとするので負担は少なくないだろう。特にボールを持っている肩は上がり、グラブを持っている肩は極端に下るなど腕の腕の送り出しはキツイ。また力投派でもあるので、疲労も溜めやすいのではないのだろうか。非常に、故障のリスクの高いフォームとなっている。

<実戦的な術> ☆☆☆★ 3.5

 「着地」までの粘りがなくタイミングは合わされやすそうだが、ボールの出どころは隠せていて荒れ球も相まって打ちづらさを演出できている。腕は強く振れ勢いがあるので、打者の空振りは誘いやすいのでは? リーグ戦でも投球回数を上回る奪三振は奪えている。ボールも体重を乗せては投げられているようで、投げ終わった後に地面を強く蹴り上げて躍動感のある形になっている。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「着地」と「球持ち」に課題を残している。またコントロールを司る動作や故障のリスク、将来的に武器になるほどの変化球を習得できるのかは微妙ではないのだろうか。フォームの観点で言えば、かなりリスキーなフォームだとも言える。


(最後に)

 現状は、ドラフトボーダーレベルぐらいの投手ではといった感じがする。本人が育成でもプロ入りしたいという強いプロ志向ならば指名もあるかもしれないが、今のままならば社会人経由なのでは? 果たして最終学年において、もうワンランク・ツーランク凄みを増してくるのか見極めて行きたい。


(2019年 神宮大会)