21dp-4





徳山 壮磨(早稲田大4年)投手の最終寸評へ







徳山 壮磨(早稲田大4年)投手の春季寸評へ







徳山 壮磨(早稲田大3年)投手 183/73 右/右 (大阪桐蔭出身) 
 




 「突き抜けて欲しい」





 大阪桐蔭時代は、甲子園で活躍し高校ジャパンの代表にも選ばれていた 徳山 壮磨 。しかし当時は、130キロ台中盤~140キロ台前半ぐらいの好投手といった感じでドラフト候補の匂いはしなかった。しかし、早大に進み大きく球速UP。最速で150キロを記録するまでになり、大学からのプロ入りも現実味を帯びてきた。3年春のシーズンには、試合数が少ないとはいえ最優秀防御率に。最終学年でのアピール次第では、上位指名も意識できるところまで来ている。


(投球内容)

 8月に行われた春季リーグでは、自責点0のまま最優秀防御率に。しかし続く秋のリーグ戦では反動が出たのか? 防御率4.50で規定投球回数にも達せず、最終学年では巻き返しのシーズンとなる。

ストレート 常時145前後~MAXで147キロ 
☆☆☆★ 3.5

 調子を落としたした3年秋のリーグ戦でも、球速は常時145キロ前後~後半を刻んでいた。特に彼の特徴は、スピンの効いた真っ直ぐで空振りを誘えること。その姿は、先輩の 大石 達也(西武)の球質を彷彿とさせる。ただし、四死球こそ出さないものの、時々中に入ってきたり投げミスすることがあり、意外にストライクゾーンでのバラツキは多いことに気がついた。こういった不用意な球が、勝利をとりこぼす原因かもしれない。

変化球 スライダー・チェンジアップ? 
☆☆☆★ 3.5

 変化球は、小さく横曲がりするスライダーでカウントを整えてくる。またチェンジアップのようなストライクゾーンに沈む球があり、これがチェンジアップなのか? フォークなのかよくわからない。またボールゾーンに沈む球もあり、これがフォークなのかもしれない。ただし、カウントをと整える、的を絞らせないという効果はあるものの、三振は圧倒的に質の好い真っ直ぐで奪っている。変化球の決め手という意味では、まだまだ物足りない。

その他

 クィックは、1.05~1.20秒ぐらいとバラツキがあり、あえて投げるタイミングをいろいろ変えているのかもしれない。牽制は非常に鋭く、走者を刺すことも期待できる。フィールディングに関してはよくわからなかったので、今年のチェックポイントにしたい。

(投球のまとめ)

 元々洗練された好投手タイプだっただけに、マウンドさばきや試合をまとめる能力に優れている。それにうまく、大学に入り球速が加わってきた感じ。元々持っている球質の良さも健在ではあるが、時々ポカがあったり、武器になるほどの変化球などがないところに、まだ絶対的なものが感じられない要因になっているのかもしれない。その辺はフォーム分析をして、今後の可能性について考えてみたい。


(投球フォーム)

 セットポジションから足を引き上げる勢いは並だが、比較的高い位置まで引き上げてきます。斎藤佑樹(ハム)のように膝に少し余裕をもたせつつ軸足一本で立ち、全体のバランスとしては並ぐらいでしょうか。

<広がる可能性> 
☆☆☆ 3.0

 引き上げた足を地面に向けて伸ばすので、お尻はバッテリーライン上に落ちてしまっている。そのため身体を捻り出すスペースは確保できず、カーブやフォークなど捻り出して投げる球種には適しません。

 縦に推進するタイプのフォームで、前に大きめにステップをとって「着地」までの時間を稼ぎます。そのため、身体を捻り出す時間 は、それなりには稼げています。しかし切れの良い変化球は投げられても、武器になるどほどの大きな変化がb望めるかには疑問が残ります。

<ボールの支配> 
☆☆☆☆★ 4.5

 グラブは最後まで内に抱えられており、外に逃げようとする遠心力を抑え込めています。またフォームも縦に推進するフォームのため、あまり左右の制球が狂い難い形です。それでも秋のシーズンには、甘く中に入ってくる球が少なくありませんでした。

 足の甲での地面の捉えもできているので、浮き上がろうとする遠心力を抑え込めてはいます。しかし、ボールを見ていると全体的に高めに集まりガチなのと抜ける球もみられます。このへんは、リリースでちょっと押し込めていなかったのかなと思う部分はあります。「球持ち」自体は、けして悪くはないのですが。

<故障のリスク> 
☆☆☆★ 3.5

 お尻が落とせないフォームなので、カーブやフォークを投げると窮屈になって肘への負担がかかります。沈む球がチェンジアップではなくフォークだとすると、少し気になる部分ではあります。

 それでも腕の送り出しには無理がないので、肩への負担は少なそう。またそれほど力投派でもないので、疲労も溜めやすくはないように感じます。ただし、春季リーグで最優秀防御率を獲得した次の秋のシーズンでは、調子を崩すなど(特に間隔が短く、春季リーグの試合数も少なかったにも関わらず)シーズンの反動が見られたのは気になるところではあった。

<実戦的な術> 
☆☆☆★ 3.5

 「着地」までの粘りはそれなりで、特に合わされやすいということ無さそう。ボールの出どころは並ぐらいですが、フォームが縦推進なので、打者としては球筋がわかりやすい傾向にはあります。そのためコースを突いた球が踏み込まれたり、縦の変化を見極められてしまう恐れはあるかもしれません。

 腕は適度に勢いがあり吊られやすく、何よりイメージより手元までボールが伸びて来るので空振りを奪えています。ボールにもしっかり体重を乗せてからリリースできているので、打者の手元まで活きた球が投げ込めています。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、大きな欠点は見当たりません。ただし「開き」が特別早いわけではないのですが、フォームが縦推進なので球筋が読まれやすい恐れはあります。

 コントロールを司る動作には優れていますが、昨秋は甘く入る球も多く結果が出ませんでした。故障のリスクもさほど高いとは言えないのですが、縦の変化球の多くがフォークだと肘への負担は気になるところ。武器になる変化球の習得となると微妙ですが、そのぶんスピンの効いた真っ直ぐで、多くの三振が奪えます。


(最後に)

 完成度の高い投手ですが、さらにコントロールを磨き隙き無しの鋭さなり、さらに球威を増して凄みみたいなものが出てくると良いのですが、どうでしょうか? スケールで魅了するタイプというよりは、実戦型。本当の意味で即戦力になるためにも、もうワンランク総合力を引き上げられるかに懸かっています。それができるようだと、上位指名も見えてくるのではないのでしょうか。


(2020年 秋季リーグ戦)








徳山 壮磨(大阪桐蔭)投手レポート(無料)