20dp-22





森浦 大輔(天理大4年)投手の最終寸評へ







森浦 大輔(天理大3年)投手 175/70 左/左 (天理出身) 





「実績はある」 





 天理高校時代よりも、天理大に進んでからの活躍が目立つ 森浦 大輔 。大学1年の時から全国大会にで存在感を示し、リーグ戦では上位の成績を残してきた。実績という意味では、今年の関西の大学生投手の中でも、屈指の経歴の持ち主ではないのだろうか。


(投球内容)

非常に、まとまった左腕といった感じがします。

ストレート 130キロ台後半~140キロ台中盤 
☆☆☆ 3.0

 腕をピュッと鋭く振ることで、打者が差し込まれるような140キロ前後の真っ直ぐを投げ込んできます。ドラフト候補の左腕としては、球威・球速に物足りなさは感じさせるものの、そのぶんキレとコントロールで補っているタイプでしょうか。3年秋のシーズンでも、20イニングで4四死球とコントロールが安定し、制球で自滅するタイプではないように感じます。

変化球 スライダー・カーブ・チェンジアップなど 
☆☆☆★ 3.5

 スライダーでしっかりカウントを整えられ、それでいてストライクゾーン~ボールゾーンに切れ込んでゆくスライダーで空振りも誘えます。時々緩いカーブで緩急を効かせつつ、ツーシームような小さく逃げながら沈むチェンジアップも投げてきます。以前は投球回数前後の三振を奪っていたのですが、最近は三振を奪うよりも投げミスに注意して投げている印象。ただし、甘く浮いたスライダーなどを打たれるケースが目立ちます。

その他

 ランナーが出ても牽制は見られなかったものの、クィックは、1.05~1.10秒とまずまず。動き自体は機敏で、走者にもしっかり目配せをしながら投げられる余裕は感じます。ボール処理も冷静で、投球以外の動作に問題があるタイプに見えません。むしろ、センスや運動能力が高そうにさえ見えます。

(投球のまとめ)

 大学の下級生の頃の方が、ボールにキレや勢いを感じた気はします。そのぶん今は、投げミスに気をつけて打たせて取る傾向が強くなっているのではないかと。プロの一軍となると、少々球威・球速不足を感じなくはありません。それでも左腕であることと、コントロール・マウンドさばき・変化球と一定のレベルにはあり、志望届けを提出すれば指名される可能性は充分あるのではないかとはみています。もうワンランクストレートに磨きがかかれば、実戦派左腕として高く評価されるのではないのでしょうか。


(投球フォーム)

 ノーワンドアップから、シュッと足を勢い良く引き上げてきます。軸足一本で立った時に、膝に力みが感じられないのは良いところではないのでしょうか。

<広がる可能性> 
☆☆☆★ 3.5

 引き上げた足を地面に向けて伸ばすので、お尻の三塁側への落とし(左投手の場合は)は甘めになっています。それでもカーブやフォークといった、捻り出して投げる球種を投げるのには無理があるというほどではないのではないかと。

 むしろ「着地」までの地面の捉えは悪くないので、身体を捻り出す時間はそれなりに確保。多彩な変化球を操れる下地はあるのではないかと思いますが、腕の振りに角度はないので縦系の変化量には乏しくなりそうです。


<ボールの支配> 
☆☆☆☆ 4.0

 グラブは最後まで身体の近くにあり、外に逃げようとする遠心力を抑え込めています。そのため軸はブレ難く、両サイドへはボールが散りやすいのではないのでしょうか。足の甲の押し付けがやや短く見えるので、充分に浮き上がる力を抑え込めているかは微妙。それでも「球持ち」が良く、指先の感覚も良さそうで四死球で自滅するようなことはないでしょう。

<故障のリスク> 
☆☆☆☆ 4.0

 お尻の落としには甘さは残すものの、カーブを使う頻度も少なく窮屈になる機会も少ないと考えられます。また腕の送り出しは、スリークォーターからサイドに近く肩への負担も少ないと考えられます。力投派でもないので、疲労も溜め難いのではないかと考えられます。

<実戦的な術> 
☆☆☆★ 3.5

 「着地」までの粘りも適度に作れ、ボールの出どころも隠せています。そのためボールが見え始めてからボールが到達するまでが一瞬でもあり、打者としては差し込まれやすいフォームに。

 ただし下級生の時の方が腕の振りが強かった感じがして、今の方がボールを置きにゆくような腕の振りなのは気になります。こうなると、なかなか空振りを誘うような勢いが生まれ難いのではないかと。また「球持ち」は良いものの、あまり前にグッと体重が乗っていっている感じがしません。そういったフィニッシュの躍動感が物足りないのは、投球の迫力不足にもつながっています。


(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「体重移動」に物足りなさを感じます。コントロールを司る動作・故障のリスク・多彩な投球を実現するという意味では実戦的で良いフォームだとは思いますが、以前よりもフォーム全体に躍動感が薄れているのは気になりました。


(最後に)

 
球威・球速が物足りないところを、コントロールと技術で補っている感じはします。最終学年で再度ストレートを磨きアピールできれば、プロ入りも現実味を帯びてきそうです。そうすれば実戦的な左腕ですから、即戦力候補として一定の評価は得られそう。最終学年における、あと一歩のプラスαを印象付けられるかに懸かっているのではないのでしょうか。現状はプロの先発としては物足りないので、リリーフとして使えるかどうかが見極めのポイントになりそうです。


(2019年秋 松山合宿)



 








 細身のサウスポーなのだが、球速は130キロ台後半~MAXで145キロまで立教大戦では記録。何よりピュッと上体と腕を鋭く振れるギャップが作れるために、手元までしっかりボールがキレて来る。変化球も、カーブ・スライダー・チェンジアップを織り交ぜる。特にスライダーではいつでもカウントが取れ、ストライクゾーンからボールゾーンに切れ込む空振りの取れる2種類のスライダーを使い分ける術も持っている。

 すでに現時点でもドラフトにかかりそうなぐらいの力量の持ち主だが、順調に4年間かけてレベルアップをして行ければ最終学年では即戦力を期待できる実戦型サウスポーとして注目される可能性を秘めている。何処まで自らを引き上げて行けるのか、今後も楽しみな投手が出てきた。

(2017年 大学選手権)