20dp-16





赤上 優人(東北公益文科大4年)投手の最終寸評へ








赤上 優人(東北公益文科大3年)投手 173/67 右/右 (角館出身) 
 




 「意外に多彩なのでは?」





 150キロ前後の速球で、ガンガン押してくるイメージが強かった 赤上 優人 。しかしその投球をじっくり観てみると、意外に持っている球種は多彩なのではないかといった気がしてきた。果たして、どのような選手なのか? じっくりと考察してみた。


(投球内容)

 上背は170センチ前半と小柄だが、JR東日本との練習試合で150キロ台を連発し一躍注目される存在になりました。

ストレート 常時145~150キロ強 
☆☆☆☆ 4.0

 リリーフならば、コンスタントに150キロ前後を連発できるボールの勢い・威力は確かです。一見粗っぽく見える投球ですが、適度にボールは両サイドには散っています。そのためストレートに関しては、荒れ球でもあり対応され難いのではないかとみています。ただし投球回数の半分ぐらいの割合で四死球を出しており、ボールがじっくり見られた時にどうなのか?といった疑問は残ります。

変化球 スライダー・カットボール・チェンジアップ・カーブなど 
☆☆☆ 3.0

 冒頭でも述べたように、球種自体は多彩に見えます。ただし精度・キレという意味ではもう一つで、武器になるほどの球があるかは疑問です。確実にカウントを取れる変化球がないからこそ、この四死球の多さなのではないかと。3年生になってから、投球回数を遥かに上回る奪三振を奪えるようになっているのですが、これがストレート以外の球で奪えているかは気になります。どれも空振りを誘うというよりは、タイミングをズラす、芯を外す的な球種が多いからです。

その他

 牽制は、モーションは大きめですが鋭いです。クィックも1.15秒前後で投げ込めているので、基準レベル。そういった運動能力の高さは、感じられる選手です。マウンドさばきも、もっとガンガン投げ込んでくる力投派なのかと思っていましたが、意外に間をとって落ち着いて投げ込んでいました。





(投球フォーム)

今度はフォームの観点から、この選手の可能性について模索したいと思います。

<広がる可能性> 
☆☆☆★ 3.5

 引き上げた足をピンと伸ばすことなく重心を沈ませてくるものの、ある程度一塁側にはお尻を落とすことができている。したがってカーブやフォークといった球種を投げても、窮屈になるといったほどではないだろう。ただし将来的に、絶対的なブレーキや落差が生じるようになるかには疑問が残ります。

 「着地」までの粘りも、適度には作れている。そのため多彩な球種を操れる下地はできているので、あとは武器になるほどの変化球を習得できるかが課題になるのではないのだろうか。

<ボールの支配> 
☆☆☆★ 3.5

 グラブは最後まで内に抱える時と、後ろに抜けてしまっている時がある。恐らくこれは、ストレートを投げる時は勢いを重視してグラブを抱えないで投げる。変化球の時には、グラブを抱えるようにと意識的に使い分けているのではないかと。フォーム後半の動作なので、動作の違いで球種がわかってしまうかどうかは不明。

 また足の甲ではしっかり地面を捉えているので、小柄な力投派ながらボールが高めにまで抜けてしまうことは少ない。全体的にストレートの球筋が高いように見えるので、もう少しリリースで押し込めるようになると低めに集まりそう。変化球の精度や制球の粗さからも、指先の感覚は悪い方ではないのだろうか。動作的には、そこまでコントロールが悪そうなフォームではないのだが。

<故障のリスク> 
☆☆☆☆ 4.0

 お尻はある程度落とせているので、カーブやフォークといった球種を投げても、窮屈になるといったほどではないのでは。また腕の送り出しも無理はなく、思ったほど力投派でもないことを考えると故障のリスクは低いのではないかとみている。

<実戦的な術> 
☆☆☆★ 3.5

 「着地」までの粘りも適度に作れているので、けして合わされやすいということは無さそう。ボールの出どころも隠せており、球筋が読まれやすいということも無さそうだ。ただしグラブの抱えに違いが見られるので、そこから球種が読まれないかは若干気になる部分。

 腕はしっかり振れており、勢いがあるので空振りを誘いやすいはず。ボールにしっかり体重を乗せてからリリースできており、打者の手元までも生きた球が投げられている。150キロの球速に見合った、ボールの勢いが感じられる。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である、「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、全てに大きな欠点は見当たらない。小柄な力投派と思いきや、技術的にはしっかりしたものを持っている。故障のリスクは低いのは、今後もリリーフで使われる可能性が高い選手であることを考えると明るい材料。

 動作の割に実際の制球力がかなり悪いのと、多彩な球種を投げるのは可能でも変化球のキレ・精度の点で改善が望めるかは微妙なところが気になる材料ではないのだろうか。


(最後に)

 いまや地方リーグとはいえ、150キロを投げられる投手は珍しくなくなりました。しかし実際の球速ほど、ボールの勢い・活かし方が伴っている選手はまだ少ないと言えます。そういった意味ではこの選手は、正真正銘の150キロ右腕といった感じがします。コントロールと変化球の精度に改善の余地はありますが、ドラフト候補として一年間追いかけてみる価値はありそうです。


(2019年 春季リーグ戦)