21dp-1





鈴木 勇斗(創価大4年)投手の最終寸評へ







鈴木 勇斗(創価大4年)投手の春季寸評へ







鈴木 勇斗(創価大3年)投手 172/78 左/左 (鹿屋中央出身) 





 「コントロールも悪くない」





 今年の大学生投手の中でも、最上位ランクに位置される 鈴木 勇斗 。左腕から繰り出す150キロ級の球威・球速は確かだが、四死球が多くコントロールがアバウトなのが不安材料。しかし、横浜市長杯・桐蔭横浜大戦では、疲労もあったのだろうが丁寧に投球する姿が印象的だった。力んで速い球を投げようとしなければ、元来はそれほどコントロールが悪い投手ではないのかもしない。


(投球内容)

 ランナーがいなくても、セットポジションから投げ込んできます。横浜市長杯の桐蔭横浜戦は、4回を投げて4安打・1三振・1四死球と、疲れから元来のできからは程遠い内容でした。しかし、その前の上武大戦では、3回2/3イニングで無安打・5者連続三振を含ぬ9奪三振と圧巻の内容でした。またこの試合では、自己最速となる152キロを記録しました。

ストレート 145~152キロ 
☆☆☆★ 3.5

 連投となった決勝の・桐蔭横浜戦では、明らかにボールの勢いが鈍っていました。前日に投げた上武大戦では、コンスタントに145~152キロの球速を叩き出していましたので。ただし、それほどボールがキレるとかグ~ンと手元で伸びる感じではないので、球速が出ていないときは特に苦しいです。また速い球を投げようとすると、制球を乱す傾向にあるようです。

変化球 スライダー・チェンジアップ・カーブ 
☆☆☆ 3.0

 結構緩いカーブを、桐蔭横浜戦では使ってカウントを稼いでいました。またカーブと割合似た軌道のスライダーでも、カウントを稼いできます。その他チェンジアップ系もあり悪くないのですが、何かこの球を投げれば空振りを奪える、そういった変化球はないように思います。あくまでも速球を魅せてからの緩急だったり、カウントを稼ぐための球といった位置づけでしょうか。

その他

 クィックは1.05~1.15秒ぐらいとまずまず。走者がいても、じっくりと動きを観て投球することができていました。牽制もそれなりに鋭いのですが、フィールディングの際に暴投していたのは偶然だったのか注意してみたいポイントです。

(投球のまとめ)

 常時140キロ台後半の速球を観ていると、想像以上に上武大打線の野手達が苦労していた感じがしました。どちらかというと、ゲームメイクする先発よりも、リリーフタイプなのかな?といった感じを受けています。ただし最終学年では、先発での起用を求められるでしょうから、そういった中でどんな結果を残せて行けるかではないのでしょうか。





(投球フォーム)

 セットポジションから足を引き上げる勢いや高さがあり、足を曲げ伸ばししてタイミングを図り難くしています。ただし軸足一本で立ったときのバランスは直立気味で、膝に余裕がなく力みを感じる立ち方だったのは気になります。

<広がる可能性> 
☆☆☆★ 3.5

 お尻の落としには、甘さは残すものの三塁側(左投手の場合は)には落とせていました。そういった意味では、カーブやフォークといった捻り出して投げる球種を投げても無理はそれほどないのではと。

 「着地」までの粘りも平均的で、身体を捻り出す時間は並ぐらい。一通りの変化球を投げられる下地はありますが、曲がりの大きな変化球の習得は厳しく、武器になる球を見出だせずに苦労する可能性は否定できません。

<ボールの支配> 
☆☆☆★ 3.5

 グラブは最後まで身体の近くにあり、外に逃げようとする遠心力を内に抑え込めています。そのため、両サイドへの投げわけは安定しやすいのでは? また足の甲での地面の捉えは少し浅いので、力を入れて投げると浮き上がろうとする力が抑えられずボールが上吊りやすいと考えられます。「球持ち」自体はそれなりで、指先まで力を伝えられある程度コントロールできるのではないのでしょうか。

<故障のリスク> 
☆☆☆ 3.0

 お尻はある程度は落とせているので、カーブを結構使ってきても窮屈にはなり難いのでは? したがって、肘などへの負担はあまり気にしなくても良い気がします。

 ただし、ボールを持っている肩は上がりグラブを抱えている肩は下がってリリースしているので、肩への負担は多少感じます。またリリーフだと力投派になるので、疲労などを溜めないように注意したいところ。

<実戦的な術> 
☆☆☆ 3.0

 「着地」までの粘りもそこそこで、ボールの出どころは隠せてはいます。そのためコントロールミスをしなければ、痛手は喰らい難いのではないかと。

 腕が短い体型なのか? 投げ終わったあと身体に絡んで来ないのは気になりました。またボールに体重を乗せてリリースはできているのですが、投げ終わったあと体重が流れバランスを崩しています。結局ステップの幅が適性でないので、ボールにダイレクトに力が伝えきれず、エネルギーをロスしていることが伺われます。ボールの質が、そこまで来ている感じがしないのはそのせいでしょうか?

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、特に大きな欠点はないのですが「体重移動」にはまだ改善の余地があると思います。力んで投げなければ、そこまでコントロールを乱さないこと。一通りの球種は投げられる土台はあるものの、武器になる球種を身につけられるかは微妙です。また力んで投げなければ、故障のリスクも高くないとは考えられます。技術的には、良い部分も悪い部分も同居し、トータル的には可も不可もなしといった感じでしょうか。


(最後に)

 イメージ的には、佐々木健(富士大-NTT東日本-西武2位)左腕のようなタイプであるように思います。現在大学生としては、トップクラスに位置している選手で、順調に最終学年アピールできれば上位で指名されても不思議ではない存在かと。ぜひ、大学選手権などの全国大会で、その存在感を遺憾なく発揮してもらいたい一人です。その期待に応えれてくれそうなだけの、投げっぷりも良さもある投手なので。


(2020年 横浜市長杯)