20dp-18





長谷部 銀次(24歳・トヨタ自動車)投手の個別寸評へ







長谷部 銀次(23歳・トヨタ自動車)投手の本当に凄いやつへ







長谷部 銀次(慶応大3年)投手 183/76 左/左 (中京大中京出身) 
 




 「ドラフト戦線に急浮上」





 人材きらめく慶応投手陣において、またこの春新たな逸材が浮上してきた。その男の名前は、長谷部 銀次 。左腕から繰り出す速球は、140キロ台後半を記録。ボールの力で言えば、今年のサウスポーでも指折りの存在であるのは間違いない。


(投球内容)

かなり上下動の激しいフォームといった感じのスリークォーター。

ストレート 常時140キロ台~148キロ ☆☆☆☆ 4.0

 特に立ち上がりは力むのか? ボールが上吊っていました。かなりばらつきが顕著なので、最終学年までにリーグ戦の登板が1試合に留まったのも頷いてしまいます。それでもボールの力は確かであり、コンスタントに140キロ台を越えてきて、私のマイガンで90マイル(145キロ)を記録。またよそのガンでは、148キロまで到達。ボールの勢い・球威は確かで、そのへんは間違いな串名級だといえるでしょう。

変化球 スライダー・チェンジアップ? ☆☆☆★ 3.5

 左のスリークォーターなので、スライダーのキレ・曲がりには優れています。また高速で小さく沈む、チェンジアップも効果的。>一つ一つのボールは良いので、あとはこれをいかに上手く制御できるか? スライダーでもカットでも良いのですが、確実にカウントを稼げるようになると、もっと一つ一つのボールが生きてくると思うのですが。それができないのが、この選手の最大の課題なのかもしれません。

その他

 クィックは、1.0~1.1秒ぐらいと、左投手としてはかなり速い部類です。牽制も鋭いですし、容易には盗塁を許さないのではないかと思います。逆にただでさえ制球に不安があるので、そちらに気をとられ過ぎて制球を乱さなければと思うところはあります。現状は、勢いで押すリリーフタイプとみて良さそうです。

(投球のまとめ)

 ボールの威力だけで言えば、今年のサウスポー候補の中でも上位といえるでしょう。しかしコントロールが不安定でもあり、豊富な慶応投手陣においては、何処まで登板機会を得てアピールできるかが気になります。またチーム内には、同じくボールの威力は一級品も制球に課題がある 佐藤 宏樹 もおり、現状の扱いはこちらの方が優先される状況にはありそうです。





(投球フォーム)

 ランナーがいなくても、セットポジションから勢い良く高い位置まで足を引き上げて来る力投派。

<広がる可能性> ☆☆☆ 3.0

 お尻はバッテリーライン上に残りがちなので、体をひねり出すスペースは充分ではありません。したがってカーブやフォークといった捻り出して投げる球種よりも、スライダーやチェンジアップに、高速で小さく変化するボールに適したフォームだと言えるでしょう。

 「着地」までの粘り自体は、けして悪く有りません。武器になるほどの威力のある変化球を習得できるかは微妙ですが、上記にあげたような変化を中心に、投球の幅を広げてゆくことは期待できそうです。

<ボールの支配> ☆☆ 2.0

 最初に上下に大きく動くことで、高低のブレが生じやすいフォームです。さらに足の甲での地面の捉えが浅いので、どうしても力んで投げるとボールが上吊ってしまいがち。

 グラブは抱えられているものの、最後後ろに抜けてしまったりと外に逃げようとする力を充分に抑え込めているかは微妙。それ以上にコントロールを乱す要因として考えられるのは、腕が体から離れてブンと遠回りで振られるために、左右のブレも激しくコントロールが定まり難いという要因が考えられます。

<故障のリスク> ☆☆☆ 3.0

 お尻は落とせないものの、カーブやフォークといった球種も投げないので、窮屈になる機会は少ないのでは? したがって肘などを中心に、負担はあまり気にしなくても良いのではないかと。

 腕の送り出しも無理な角度はないので、肩への負担は小さいように見えます。しかし外旋する腕の振りでブンと投げるので、肩への負担は少なくないのではないのでしょうか。まして力投派なので、疲労も溜めやすく登板過多になった時は心配な部分はあります。

<実戦的な術> ☆☆☆★ 3.5

 「着地」までの粘りも悪くはなく、タイミングが合わせやすいということはないのでは? ましてや球の出どころは隠しせていて球持ちも良く、腕が遅れて出てくる感覚に陥るのでは? 荒れ球でもあり、打者としては嫌なタイプの左腕ではないのでしょうか。

 腕は振れて勢いがあるので、空振りを誘いやすいはず。ボールへの体重の乗せは、踏み込んだ足がブロックしてしまい充分体重が乗せきれているとは言えないので、発展途上といった感じでしょうか。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、思った以上に「球持ち」と「開き」は我慢できているものの、「体重移動」に課題を残すことがわかりました。

 故障のリスクや今後ピッチングの幅を広げて行けるかは微妙なラインですが、一番気になるのはやはり制球を司る動作。かなり特殊なフォームをしており、これをいじるのは確かな指導力がある人じゃないと難しいかもしれません。ただし打ち難いという意味では優れているので、ストライクゾーンに集まれば容易には打たれないのではないかと思える部分はあります。


(最後に)

 かなり特殊なメカニズムをしており、決まれば簡単には打ち返されないのではないかと思います。しかし逆に打者とすれば、無理には打ちには行かず、四球を選んだりカウントを取り来た球を狙い撃ちした方がとじっくり構えられると厳しいように感じます。その辺を何か、確実にカウントを稼げるような球が持てると全然投球内容が変わってくるのではないのでしょうか。現状は、ボールの威力は一級品も、下位指名~育成あたりで指名があるかないかぐらいの位置づけではあるように思います。


(2020年 オープン戦)