20dp-25


 




大曲 錬(福岡大・準硬式4年)投手の最終寸評へ








大曲 錬(福岡大・準硬式3年)投手 179/74 右/右 (西日本短大附出身) 
 




 「投球にメリハリがある」





 準硬式に所属するプレーヤーながら、ドラフト指名が有力視されているのが 大曲 錬 。球速が出にくいと言われる準硬式の世界においても、コンスタントに145キロ前後を投げ込めるスピード能力は確か。さらに投手としても、非常にメリハリの効いた投球ができるのが印象的だった。


(投球内容)

 典型的な先発タイプであり、けして力いっぱい投げて抑え込むタイプではありません。適度に強弱をつけながら投げる、典型的な先発投手といった感じがする。

ストレート 常時145キロ前後~150キロ 
☆☆☆★ 3.5

 ボールの違いこそあれ、コンスタントに145キロ前後は出ていそうな勢いのあるボールを投げ込んできます。そういったボールを力みのないフォームから、安定して投げ込んでるくるところに能力の高さを感じます。ボール外角に集まりやすいのですが、高めに浮くことが多いのは多少気になります。硬式球を握った時にどのようなボールになるのかはわかりませんが、高めで空振りを誘えていた球がファールで粘られたり痛打される危険性がないとは言えません。少なくても、物凄く迫力のある球を投げるといった凄みを感じさせるタイプではないからです。

変化球 スライダー・チェンジアップなど 
☆☆☆ 3.0

 投球を確認する限り、右打者には外に逃げるスライダーとのコンビネーション。左打者には、チェンジアップとのコンビネーションで投球を組み立てているように見えます。右打者からも左打者からも変化球で空振りを奪えていましたが、プロのレベルの打者相手だとどうでしょうか? 特に左打者に対しては、若干投げ難そうにしている感じがしました。

その他

 牽制はそれほど鋭いものは見られませんでしたが、入れるタイミングが上手く見えます。クィックも1.05秒前後~1.10秒ぐらいとまずまず。フィールディングも、落ち着いてボールを処理していました。投球も落ち着いて投げられており、野球センスの高さや総合力の高さを感じます。

(投球のまとめ)

 素材に凄みを感じるというよりも、投手としてのセンスの良さを感じさせる先発タイプ。速球・変化球と適度なレベルにあり、準硬式選手でも3位前後ぐらいの力はあるのではないかと感じました。特に大きな欠点は見られず、硬式球への対応や高いレベルへの順応には多少時間はかかるかもしれませんが、1年ぐらいあれば総合力に優れた選手なので一軍も見えて来る気がします。


(投球フォーム)

 今度は、フォームの観点からその可能性について考えてみましょう。ランナーがいなくても、セットポジションからスッと足を高い位置まで引き上げてきます。軸足がピンと伸びて立ってしまうのですが、上手くバランス良くは立てています。

<広がる可能性> 
☆☆☆★ 3.5

 引き上げた足を地面に伸ばしているので、お尻の一塁側の落としには甘さは残します。それでもカーブやフォークを投げるのに窮屈になるといったほどではないと思いますが、キレや変化を多少鈍らせる恐れはあります。

 「着地」までの地面の捉えに粘りがあり、身体を捻り出す時間は確保できています。そのためカーブやフォークといった球種以外ならば、キレや曲がりの大きな変化球の習得も期待できそうです。特に現時点でも、スライダーのキレには見るべきものがあります。

<ボールの支配> 
☆☆☆★ 3.5

 グラブは最後に身体の後ろに抜けがちですが、それほど身体から離れていません。そのため軸のブレは小さく済み、両サイドのコントロールは悪く有りません。足の甲の地面への捉えは短いのか? 力を入れて投げるとボールが高めに抜けやすいように感じます。「球持ち」自体は前で放せており、四死球で自滅するようには見えませんが。

<故障のリスク> 
☆☆☆☆ 4.0

 お尻の落としには甘さはあるものの、カーブやフォークを投げても肘への負担は少ないのではないかとみています。またそういった球種は、ほとんど投げないようです。腕の送り出しを見ても無理がないので、肩への負担も少なそう。けして力投派ではないので、疲労も溜め難いのではないのでしょうか。故障のリスクは少なく、練習を積んで行けるタイプかと。

<実戦的な術> 
☆☆☆☆ 4.0

 「着地」までの粘りも作れている上に、ボールの出どころも隠せていて合わされやすいということはないと思います。あとは、高めに浮くことが多いので、そういった投げミスを少なくすることでしょう。

 腕も適度に振れており、速球と変化球の見極め困難。ボールにもしっかり体重を乗せてからリリースできており、打者の手元まで勢いの落ちない質の良い真っ直ぐが投げられています。ゆったりと始動しますが、フィニッシュには躍動感を感じます。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」でも、全てにハイレベルにまとまっています。故障のリスクも少ないですし、カーブやフォークといった球種以外ならばキレのある変化球を投げられる下地もあります。高低への制球力に課題は残しますが、四死球で自滅するような危うさはありません。全体的には、非常に実戦的でセンスの高さを感じます。


(最後に)

 1年ぐらい硬式球や高いレベルの順応に時間を要すれば、2年目ぐらいには一軍でローテーションを担える可能性がある素材ではないのでしょうか。ドラフトでも3位前後ぐらいは期待しても良さそうな内容であり、準硬式の選手をとっても責任を追うだけの覚悟のあるスカウトや球団があるかに懸かっています。下位指名や育成あたりで、とりあえず面白そうなので指名してみるかとか、そういったレベルの選手ではありません。ある程度、計算のできる選手として高い順位で獲得すべき選手ではないのでしょうか。


(2019年 リーグ戦)