20dy-1





五十幡 亮汰(中央大4年)中堅手の最終寸評








五十幡 亮汰(中央大3年)中堅 172/67 右/左 (佐野日大出身) 





 「サニーブラウンに勝った男」





 五十幡 亮汰 のことを語られる時に、枕詞のようにこの形容が付いてくる。むしろ私から言わせれば、中学時代に100メートルと200メートルの世界で、全国2冠に輝いたほどの有望なアスリートが、よく野球を選択してくれたという思いが強い。その評判どおり、とにかく足が速いのだ。


走塁面:
☆☆☆☆★ 4.5

 実際走りだす前から相手にプレッシャーの賭けられる走力があり、一塁までの塁間をコンスタントに3.8秒台で走り抜けられる脚力がある。しかしその絶対的な脚力の割に、シーズンの盗塁は2,3個と結果を残せないシーズンが続いた。しかし3年秋のシーズンで9盗塁を決めるなど、ようやくプレーの中でその脚力を思う存分に活かせるようになってきた。

守備面:
☆☆☆★ 3.5

 この脚力を活かした守備範囲は、かなり広い。ただし打球勘や球際での強さがそこまであるのか?と言われると、私は現状そこまで特別なものは感じない。そして強肩だと言われているが、私はプロを想定するとむしろ肩は弱い部類なのではないかと思う時がある。守備に関しては、最終学年に何度か生で確認してその強さを見極めて行きたい。実に送球が、弱々しく見えるのだ。





(打撃内容)

 外角低めの厳しい球に対し、当てられる技術がある。2年秋のシーズンでは、東都リーグでも打率.342厘をマーク。ひ弱さは感じられるものの、当てること自体上手く脆さは感じられない。

<構え> 
☆☆☆ 3.0

 前の足を軽く引いて、グリップは高くあらかじめ捕手側引いて添えられている。腰の据わり自体は良く、両眼で前を見据える形もできている。しかし全体のバランスとしてはあまりしっくり来ない感じで(本人がそれが良いのならば良いが)、まだビシッと決まってこない感じはする。

<仕掛け> 遅め

 投手の重心が沈みきって、前に移動する段階で動き出す「遅めの仕掛け」を採用。ギリギリまでボールを見定めてから動き出すタイプで、彼の場合は生粋のスラッガーではなく天性のニ番打者なのではないのだろうか。

<足の運び> 
☆☆☆★ 3.5

 足を軽く上げて、真っ直ぐ~インステップ気味に踏み込んで来る。始動~着地までの「間」がないので、狙い球を絞ってその球を逃さず叩く「鋭さ」が求められる。どちらかというと、意識は外角寄りなのではないのだろうか。

 踏み込んだ前の足がブレずに、止まっているところは良いところ。そのため低めの球や外角の球に対し、開きを我慢して左方向にきっちり流すことができている。

<リストワーク> 
☆☆☆★ 3.5

 打撃の準備である「トップ」の形を作るのは自然体で、始動が遅いぶん速い球に立ち遅れないようにしたい。バットの振り出しは、インサイドアウトではなく、バットのしなりを活かしたスイング。そのため当てにゆくというよりもきっちり振って来るので、捉えた打球は想像以上に飛んでゆく。

 逆に内角の球をどうやってさばくのだろうという興味もあり、この辺は最終学年でのチェックポイント。

<軸> 
☆☆☆☆ 4.0

 足の上げ下げが小さく、目線の上下動が非常に小さい。身体の開きも我慢できているし、軸足も粘り強く使えている。しいて気になる点をあげるとすれば、かなり足元が窮屈そうなので打撃の幅が狭そうなのと内角をうまくさばけるのだろうか?という疑問は残る。

(打撃内容)

 外角低めの難しい球でも当ててしまうミート力があったり、踏み込んだでバットのしなりをいかしたスイングなので打球も想像以上に飛んでゆく。けして足を活かして、ボテボテの打球を打って内野安打を稼ごうという打撃にはなっていない。

 当てるのは上手いものの、やはり本当に速く強い球への対応や内角のさばきがどうなのか?というのが、今年のチェックポイントとしてみたい。


(最後に)

 守備でも上記で述べたように、打球勘・球際での強さ・肩などについては、最終学年で注意深く見極めて行きたいポイント。またマークされる中で、どのぐらい盗塁を決められるのかも楽しみなところだろう。

 まぁ走力に関しては、今のアマ球界でも屈指のものがあるのは間違いない。それにプロを想定した守備や打撃が、どのぐらい追いついて来るかではないのだろうか。いずれにしても大学からプロ入りする可能性は、かなり高いとみて良いのではないのだろうか。


(2019年 神宮大会)