20dp-15





中村 亮太(東農大北海道4年)投手の最終寸評へ








中村 亮太(東農大北海道3年)投手 185/75 右/右 (千葉経大附出身) 
 




 「力投派」





 リリーフでの登板なのか? 投げ終わったあとバランスを崩すほどにして投げ込む 中村 亮太 。昨年の大学選手権・明治大戦では、最速151キロを記録。スピード能力は、地方リーグの選手の中でトップクラスのものを持っている。


(投球内容)

ストレート 常時140キロ台中盤~MAX151キロ 
☆☆☆★ 3.5

 リリースが不安定なのか? 1つ1つのボールのばらつきが気になります。それでも回転数の多そうなストレートには、適度な勢いが感じられます。こういった球を、もう少し思い通り制御できるようになると、打者も手も足も出せなくなるかもしれません。ただし大学選手権では3試合に登板し、2回2/3イニングで3安打と球速ほど苦になるボールかは微妙です。

変化球 スライダーなど 
☆☆★ 2.5

 球種は一通り持っているそうですが、投球を見る限りスライダーとのコンビネーションといったように見えます。この球でカウントと変化をつけて、あとはストレートといった感じ。そのため追い込んでからの、決め手に欠けるところはあるのでしょう。何か沈む系で、信頼できる球ができると、また投球の深みは全然変わってきそうです。

(投球のまとめ)

 現状は、速球とスライダーで投球を組み立て勢いで押すピッチングといった感じがします。そのため起用も、どうしてもリリーフ中心といったものになるのでしょう。ボールの勢いには見るべきものがありますが、収まりの悪さとプロの打者を牛耳るほどの絶対的なボールはないように感じます。現状は、上手く最終学年アピールできれば育成あたりで指名する球団が出てくるかもなといった感じがしています。


(投球フォーム)

今度は、フォームの観点から今後の可能性について考えてみましょう。

<広がる可能性> 
☆☆ 2.0

 引き上げた足をしっかり伸ばすことなく重心を沈み込ませるフォームなので、完全にお尻はバッテリーライン上に落ちます。したがって身体をひねり出すスペースは確保できず、カーブで緩急をつけたりフォークのような縦に鋭く落ちる球種には適さない投げ方です。

 また「着地」までの粘りもイマイチで、身体をひねり出す時間も足りません。したがってこういった投手は、スライダーやチェンジアップ、さらに手元で小さく動かすカットボール・ツーシーム・スプリット系などを駆使してバットの芯を微妙にズラす投球で幅を広げて行くことになるのではないのでしょうか。

<ボールの支配> 
☆☆☆★ 3.5

 グラブは最後まで内に抱えられており、外に逃げようとする遠心力が抑え込めています。そのためブレは生じ難いはずですが、実際には暴れているように見えます。また足の甲でも地面を捉えられていて、浮き上がろうとする力も抑え込めています。この点でも、ボールが高めに抜け難くはできています。

 では問題は何処にあるのか?と考えると、一つは「球持ち」が並でボールを押し込めていないリリースの粘りの無さ。そして最大の問題は、腕が身体から離れておりブンと振られるようなフォームなので、どうしてもこういったフォームの選手は細かいコントロールがつきにくい傾向にあります。

<故障のリスク> 
☆☆☆ 3.0

 お尻は落とせないのですが、カーブやフォークといった捻り出して投げる球種は観られません。したがってスペースが確保できず窮屈になることも少なく、肘への負担はなどは少ないとみています。

 腕の角度にも無理は感じられないのですが、腕が身体から離れてブンと肩で投げるところがあり気になります。また力投派なので消耗も激しそうで、そこから登板過多になるとフォームを崩して故障に繋がりやすいかもしれません。

<実戦的な術> 
☆☆☆ 3.0

 「着地」までの粘りがなく、イチ・ニ・サンでタイミングが計りやすそうです。さらにフォームが縦推進のため、けしてボールの出どころが見えるのが早いわけではないのですが、打者としてはボールの出どころを予測しやすく合わせやすいのだと考えられます。

 腕自体は振れており、勢いがあるので空振りが誘えないことはないと思います。「着地」の粘りの無さの割には、ボールに体重を乗せてリリースはできているので、打者の手元までの勢いは悪く有りません。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「着地」と「球持ち」に物足りなさは感じられます。すなわち、ボールの割に打者が苦になく打ち返されてしまうリスクが高いフォームなのではないかと。

 コントロールを司る動作は悪く無さそうですが、腕が身体から離れて振られることでブレが大きくなっている。また故障へのリスクも、この腕の振りゆえ肩への負担などが心配されます。将来的にも空振りを誘う変化球を習得するというよりは、小さな変化で芯をズラす感じの投球になるのではないのでしょうか。


(最後に)

 現状のイメージでは、ここをいじれば良くなるのでは?と思う球団が育成枠あたりで指名してきても不思議ではないというイメージはあります。最終学年でのアピール次第ではありますが、現状は先発で試合を作るというよりもリリーフで勢いで抑え込むというのに適した投手ではないのでしょうか。地方リーグにおいて150キロを出せる選手として、注目を続けて行きたい投手の一人であるのは間違い有りません。


(2019年 大学選手権)