16kp-35


 




石川 達也(法政大4年)投手の個別寸評へ







石川 達也(横浜3年)投手 178/72 左/右 
 




 「速球で押せるようになってきたけど」





 これまで、典型的な大学進学タイプに見えた 石川 達也 。 しかし夏の大会を見ていると、球速も140キロに到達し力で押す投球もできるよういなってきた。秋のドラフトに向け、プロ志望届けを提出。果たして、高校からプロに指名されるほどの投手なのか?


(ここに注目!)

 元々上位指名候補の 藤平尚真 よりも、ゲームメイクできるまとまりがあり、安定感では上でした。そんな投手が、ここに来て力で押すピッチングを魅せ始めた、その変化を見落としてはいけない。

(投球内容)

かなり投げる時に、背中を反って角度をつけて投げ下ろしてきます。

ストレート 135~MAX142キロ 
☆☆★ 2.5

 驚くような球威・球速はないのですが、手元までのボールの勢い、適度な球威も感じられるようになってきました。ただし元々がドラフト候補としては劣っていたので、ようやく標準レベルに近づいてきた印象。あまり細かいコントロールはないのですが、ポンポンとストラクゾーンに集められる制球力はあり、四死球で自滅するイメージはありません。高校生レベルで細かいコントロールがないことを考えると、プロのストライクゾーンには苦しむ危険性もありますが。

変化球 カーブ・スライダーなど 
☆☆☆ 3.0

 曲がりながら沈むスライダーとのコンビネーションで、この球でしっかりカウントを整えられます。またカーブのブレーキもよく、しっかりストライクゾーンに曲がってきます。しかしながら左投手の割に、右打者の外角に逃げてゆくチェンジアップ系のボールが見られません。この辺は、今後の課題ではないかと思います。カウントを取る変化球はありますが、打者を仕留めきるほどの球がありません。

その他

 最大の持ち味は、投球フォームと見分けの難しい牽制にあります。そのため走者はスタートが切り難く、ギャンブルスタートを仕掛けて来る確率が高まります。そこを読むことができれば、走者を頻繁に挟むことができるでしょう。クィックは、1.15秒前後と平均レベル。普段はライトなどを守るだけに、投球以外の動きにも優れます。

(投球のまとめ)

 物足りなかったストレートに、改善の兆しが見られたことは明るい材料。しかしながらレベルの高い相手を押し切るほどの威力はなく、それでいて交わしきれるほどの変化球や制球力などがないだけに、現状のままではかなり厳しいことが予想されます。


(投球フォーム)

今度は、技術的な部分から今後の可能性を模索してゆきます。

<広がる可能性> 
☆☆★ 2.5

 引き上げた足をなかなかピンと伸ばさないので、お尻の三塁側(左投手の場合は)への落としはバッテリーライン上に残ってしまっています。こうなると身体を捻り出すスペースが確保できず、カーブで緩急をつけたりフォークのような縦に鋭く落ちる球を投げるのには無理が生じます。

 「着地」までの粘りは、並ぐらいでしょうか? 身体を捻り出す時間は平均的で、今後武器になるほどの変化球を身につけられるかは微妙でしょう。

<ボールの支配> 
☆☆☆★ 3.5

 グラブは最後まで内にしっかり抱えられており、両サイドの投げ分けは安定しやすい(実際それほどでもないが)。足の甲の押しつけは、まだ少し浅い感じがするものの改善されつつある。かなり角度をつけてブンと腕を振ってくるので、球筋がバラツキやすい傾向にある。おおよそは狙ったところにボールは集まるものの、細かいコントロールがつかないのはそのせいではないのだろうか?

<故障のリスク> 
☆★ 1.5

 お尻が落とせないので腕の送り出しが窮屈になっているにもかかわらず、カーブを投げる頻度もけして少なくはない。そのため、肘を痛める可能性があるのは、注意したいところ。

 それ以上に心配なのが、背中を大きく反って腕を縦に振り下ろそうとしていること。これにより相当肩への負担が大きいことが想像され、将来的には非常に心配。日頃から身体のケアには、充分過ぎるぐらい注意してもらいたい。

<実戦的な術> 
☆☆☆★ 3.5

 「着地」までの粘りも平均的ぐらいになり、打者としては合わされやすいわけでも打ち難いわけでもない。また背中を大きく反ることで、ボールの出処は隠せている。甘く高めに入らなければ、それほど痛打を浴びる可能性はなさそうだ。

 腕がしっかり振れるようになり、速球と変化球の見極めがつき難い。更にボールにしっかり体重が乗せられるようになってきて、打者の手元までボールに勢いと球威が生まれたことは大きい。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち「開き」「体重移動」では、特筆すべきほど優れた点はないものの、大きな欠点はなくなりつつある。気になるのは、身体への負担が非常に大きなフォームだということ。良くなった点は、ボールにしっかり体重が乗せてから投げられるようになり、球質が大きく改善されたことではないのだろうか。


(最後に)

 横浜高校出身の左腕でいうと、土屋 健ニ(日ハム~DeNA)左腕の高校時代と力量はあまり変わらないだろう。ただし土屋は野手が投球をしているような選手だったのに比べると、石川は遥かに天性の投手といった匂いを醸し出す。更に 田原 啓吾(巨人)あたりと比べると、夏の石川は上回っていたように思う。

 実際ドラフトとなると、指名の最後の方から育成枠ドラフトあたりでの指名があるのではないか?という気はしている。しかしながら個人的には、やはり大学進学タイプだよなという認識は変わらない。しかし明確な意志を持ってプロ志望届けを提出したのだろうから、左腕だけに素材で劣ってもどうにかなっても不思議ではない。個人的には指名リストに載せることはしないが、指名して来る球団があっても驚くことはないだろう。


(2016年夏 甲子園)









石川 達也(横浜2年)投手の下級生レポートへ(無料)