20dp-6





木澤 尚文(慶応大4年)投手の最終寸評へ








木澤 尚文(慶応大3年)投手 182/78 右/右 (慶應義塾出身) 





 「スペックは充分」





 投げ込まれるストレートの威力、変化球のキレは素晴らしい 木澤 尚文 。これだけの能力の選手が、この秋は早慶戦の1試合のみの登板に留まった。その理由に、高校時代に痛めた右肘靭帯損傷が未だに影響しているからなのだろうか?


(投球内容)

ランナーがいなくても、セットポジションから投げ込んできます。

ストレート 常時140キロ台後半 
☆☆☆☆ 4.0

 体重がグッと乗った時のストレートは、球威と勢いが素晴らしく容易には前に飛ばすことができない代物です。高めに抜けたりコントロールのバラツキはあるのだが、低め膝下にビシッと決まることも結構あり、こういった球が安定して投げられれば手も足も出せないだろう。

変化球 スライダー・カットボール・ツーシームなど 
☆☆☆☆ 4.0

 手元キュッと変化する130キロ台後半のカットボールのような球で、カウントを整えてきます。この球が、非常にキレがあり有効。他にも縦に沈む球があるのですが、縦スラなのかフォークなのかよくわかりませんが、腕の振りも良く落差があって威力があります。ツーシームやとチェンジアップもあるそうですが、正直変化球の曲がりも独特なので良くわかりません。1つ言えるのは、変化球のキレが良く、かなり威力があるということ。

その他

 クィックは、1.1秒~1.15秒 ぐらいでまとめてきます。牽制やフィールディングに関しては、今回の観戦ではよくわかりませんでした。今年の、チェックポイントとして観て行きたいポイント。

(投球のまとめ)

 速球の威力・変化球のキレ は、プロでも上位のものがあると思います。問題は、コントロールとこのパフォーマンスを年間通じて発揮できる状態にあるのかという部分。この2つの問題をクリアできれば、間違いなく1位で消えると思います。今年の慶応は、佐藤 宏樹 にしても、この木澤 にしても、能力は素晴らしいもののプロの世界で耐えうる身体なのか見極めることが求められます。


(投球フォーム)

フォームの観点からも、今後の可能性について考えてみたい。

<広がる可能性> 
☆☆☆★ 3.5

 お尻の一塁側への落としは、多少の甘さは感じられるものの落とせている方ではないのだろうか。これならば、カーブやフォークといった球種も投げらないことは無さそうだ。

 「着地」までの粘りはそこそこで、まだ充分というほどではない。したがっていろいろな変化球は投げられるが、武器になるほどの球が身につけられるかは微妙。それでも現時点で、カットボールと縦スラだかの変化球のキレは素晴らしいので、その点は気にしなくても良さそうだ。

<ボールの支配> 
☆☆☆ 3.0

 グラブは最後まで内に抱えられており、外に逃げようとする遠心力は抑えられている。したがって横のブレは抑えやすく、両サイドへはボールは散りやすい。足の甲での地面の押しつけが浅いので、浮き上がろうとする力を抑え込めていない。「球持ち」も並ぐらいに見えるが、時々上手く押し込めるのか低めに素晴らしい球が行くことがある。リリースが安定して来ると、もっとコントロールのバラツキも、減って来るのではないのだろうか。

<故障のリスク> 
☆☆★ 2.5

 お尻はある程度落とせているので、カーブやフォークといった捻り出して投げる球種にも窮屈になることはない。ただしこういった球は投げていないようなので、問題は無さそう。

 むしろグラブを持っている肩は下がり、ボールを持っている肩はかなり上がっており、送り出しには負担の感じさせる。また腕の振りも投げ終わった後に肩が中に入り込むほどで、疲労を溜めやすく肘の靭帯損傷という怪我に見舞われたのもわからなくはない。その恐怖心が残っているのか? 慢性的に無理できないのかは定かではない。

<実戦的な術> 
☆☆☆★ 3.5

 「着地」までの粘りもそこそこで、ボールの出どころも平均的。特別苦になるようなフォームではないが、ボール自体が圧倒的なので甘くても打ち損じも多いのだろう。

 腕の振りは素晴らしく、勢いがあって空振りを誘いやすい。ボールへの体重の乗せも発展途上の印象はあるが、指にかかった時のボールの球威や勢いには素晴らしいものがある。こういった球が安定して投げられるようになったら、プロでも容易には打ち返せないだろう。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である、「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、特別優れているところもないが大きな欠点も見当たらない。それだけ伸びしろは残されており、意識と努力次第では良くなる可能性を秘めている。

 足の甲の押し付けが浅いのと力投派で再現性の低いフォームからか? コントロールが不安定。非常に疲労を溜めやすく、負担の大きなフォームに身体が耐えられるかが心配なところだろうか。フォームとしては未完成だが、まだ伸ばせる余地が充分のこされている。プロ入り後、大化けしても不思議ではない。


(最後に)

 非常に、スペック的には魅力溢れる素材です。ただしリスキーな素材でもあるので、かなり戦力に余裕がある、あるいは投手育成に自信がある球団ではないと厳しいのではないのでしょうか。上手く能力を引き出せれば、プロでもセットアッパーやクローザーあたりを担って行ける存在になるのではないのでしょうか。


(2019年秋 早慶戦)