20dp-31





内間 拓馬(亜細亜大4年)投手の個別寸評へ








 荒削りでまだ収まりが悪いところはあるのですが、ガッチリした体格から140キロ台後半を連発できる馬力があります。勝ち身に遅い部分はあるのですが、今春のリーグ戦では防御率1.71で4位と、けして荒削りなだけの投手ではありません。ボールの力・スペックは間違いなくあると思うのですが、コントロール・投球術など技術的な部分で物足りなさがあります。最終学年でもう少し総合力が引き上げられてくると、上位指名も現実味を帯びてくるのではないのでしょうか。

(2019年 高校JAPANとの交流戦)