2019年度 関東地区 高校生リスト





関東地区 高校3年・投手編




 
茨城大会組合せ

 
茨城の高校野球ニュース


岩本 大地(茨城・石岡一)投手
173/72 右/右

19年センバツ出場

 

 個別フォルダへ

 
 
石上 祐介(茨城・東洋大牛久)投手
182/78 左/左


関連動画へ

 
 
中山 航(茨城・藤代)投手
172/72 右/右

 
小柄ながら気持ちを全面に押し出す力投派。

 
岡田 幹太(茨城・常総学院)投手
181/78 右/右

18年秋季関東大会出場


個別フォルダへ

 
 
小林 誉(茨城・水戸商)投手
166/71 右/右

 
小柄ながら打者としての才能光る。

 
幸山 燿平(茨城・竜ヶ崎一)投手
178/74 右/左

 
関連動画

 
櫻井 隼人(茨城・水城)投手
176/85 右/右

 
チームの投打の中心選手として躍動。

 
浜崎 鉄平(茨城・土浦三)投手
180/80 右/左


関連動画へ


 
 
福浦 太陽(茨城・霞ヶ浦)投手
178/77 右/右


完成度の高い県内屈指の好投手。

 
 
プロ注目

鈴木 寛人(茨城・霞ヶ浦)投手
185/74 右/右

 
個別フォルダへ

 
群馬大会組合せ


群馬の高校野球ニュース

 

プロ注目

井上 温大(群馬・前橋商)投手
174/68 左/左

 
 
個別フォルダへ


久保田 悠斗(群馬・健大高崎)投手
170/70 右/右

 
 
関連動画へ

 
本木 康介(群馬・桐生一)投手
174/75 右/右

18年秋季関東大会出場


杉山と共にチームの2枚看板で、打撃にも定評がある。

 
 
杉山 直杜(群馬・桐生一)投手
173/70 右/右

 
関連動画へ

 
木村 樹生(群馬・勢大農林)投手
181/74 右/右


高い将来性を秘めた大型右腕。

 
 
黒沢 颯斗(群馬・前橋工業)投手
176/65 右/右

 
県内最速投手の呼び声高い。


梶塚 彪雅(群馬・前橋育英)投手
175/68 右/右

 
関連動画へ

 
荒木 隆之介(群馬・伊勢崎清明)投手
181/76 右/右

 
県下屈指の右腕と評判。

 
栃木大会組合せ

 
栃木の高校野球ニュース

 
小林 陽心(栃木・宇都宮工)投手
178/77 右/左

 
関連動画へ

 
古内 大陽(栃木・栃木工)投手
170/65 
左/左


多彩な変化球で翻弄するサウスポー。

 
 
饗庭 陽生(栃木・文星芸大付)投手
180/72 右/左

 
夏には140キロ越えにも期待される速球派。

 
林 勇成(栃木・作新学院)投手
178/80 右/左

 
関連動画へ

 
松倉 亮太(栃木・佐野日大)投手
170/65 右/右

 
関連動画へ


埼玉大会組合せ


 
埼玉の高校野球ニュース

 
プロ注目

飯島 一徹(埼玉・東農大三)投手
180/81 右/右

19年春季関東大会出場

 
個別フォルダへ


和田 光(埼玉・市立川越)投手
178/74 
左/左

 
 
関連動画

 
村田 賢一(埼玉・春日部共栄)投手
182/78 右/右

19年センバツ出場

18年秋季関東大会出場


個別フォルダへ

 
 
岩崎 海斗(埼玉・花咲徳栄)投手
176/80 右/右

18年夏甲子園

 
怪我から復帰し最後の夏に賭ける。


プロ注目

米山 魁乙(埼玉・昌平)投手
176/79 
左/左

 

関連動画

 
 
プロ注目


中島 斗唯(埼玉・川口市立)投手
186/83 左/左


関連動画へ

 
 
和田 朋也(埼玉・山村学園)投手
182/76 
左/左


関連動画

 
 
斎藤 眞之丞(埼玉・川越初雁)投手
172/62 右/右

 
ボールを隠して投げる実戦派。

 
千葉大会組合せ

 
千葉の高校野球ニュース


プロ注目

根本 太一(千葉・木更津総合)投手
180/78 右/右

18年夏甲子園

 
個別フォルダへ

 
杉田 翔夢(千葉・成田)投手
174/70 
左/左


関連動画へ

 
 
飯塚 脩人(千葉・習志野)投手
181/78 右/左

19年センバツ出場


個別フォルダへ

 

杉田 智也(千葉・専大松戸)投手
177/78 右/右

 
 
 少々テイクバックがぎこちなく見えるものの、コンスタントに140キロ前後を刻み、MAX89マイル・143キロまで到達。カーブ・スライダーなどを織り交ぜるオーソドックスなスタイルだったが、右打者の外角低めと切れ込むスライダーもキレ・そこでしっかり三振が奪えていた。高校からプロといった素材ではなかったが、ある程度ピッチングができる投手なので、大学などでも比較的早くリーグ戦に出てくるかもしれない。お目当ての 横山 陸人(3年)右腕は、サイドから140キロ台中盤を期待できる素材だとか。しかしこの日の登板は無さそうだったので、試合序盤で引き上げてきた。木更津総合も観てみたいので、再び春季大会に足を運んでみたい。

(2019年 春季神千葉大会)

 
プロ注目

横山 陸人(千葉・専大松戸)投手
178/76 右/右


個別フォルダへ

 
 
東東京大会の組わせ

 
東東京の高校野球ニュース


京田 泰斗(東東京・大島)投手
177/73 右/右

 

関連動画へ

 

細野 晴希(東東京・東亜学園)投手
178/73 
左/左

 

関連動画へ

 

宮里 優吾(東東京・岩倉)投手
181/78 右/右

 
 
関連動画へ


兼松 千春(東東京・城東)投手
168/55 
左/左

 
 
関連動画へ


谷 幸之助(東東京・関東一)投手
176/82 右/左

 
 
 立ち上がりから135キロ前後(MAXは86マイル・138キロ)ながら、非常にキレの好い球をポンポンと投げ込んで来る。スライダーのキレも良く、カーブやフォークといった球種も上手く投球に交えることができていた。この投手は、日によって調子の波が激しいのだという。今日は、そういった意味ではかなり好い部類だったのではないのだろうか。

しかし3イニング目ぐらいになると、彼の投球に目が慣れてきた横浜の打線に捉えられるようになる。序盤の勢いで押すだけのピッチングでは通用しなくなり、失点を重ねてしまった。やはりこの投手は、現状リリーフタイプなのだと思う。まだ高校からプロとか、そういった選手ではないのだろうということ。今後進む先の環境がマッチすれば、生田目 翼(日ハム)のように、大学で才能が爆発する可能性は秘めていそうだった。

(2019年 江戸川区交流戦)


土屋 大和(東東京・関東一)投手
173/65 右/右

 

関連動画へ

 
 
仲亀 烈太(東東京・文京)投手
187/72 右/右

 
関連動画へ

 
西東京大会の組わせ

 
西東京の高校野球ニュース

 
プロ注目

井上 広輝(西東京・日大三)投手
180/80 右/右

 
個別フォルダへ

 
広澤 優(西東京・日大三)投手
189/78 右/右


個別フォルダへ

 
 
室津 泰介(西東京・片倉)投手
178/69 
左/左

 
 球速は125キロ前後で、スライダー・チェンジアップなどを織り交ぜます。特にボールがキレるとか、フォームが打ち難いとか、コントロールが良いとかいうこともなく、選抜出場の国士舘打線に打ちこれました。

(2019年 春季東京大会)

 
伊藤 大征(西東京・早稲田実)投手
170/70 右/右


関連動画へ

 
 
山田 裕也(西東京国士舘)投手
173/77 右/右

 
 球速はコンスタントに130キロ台後半~MAXで89マイル・143キロを記録し、投げっぷりがよくガンガン力で押してくるタイプ。スライダーも横滑りするスライダーらしい曲がりをします。粗っぽい投手ではありますが、コントロールも選抜のときと違い思ったほど悪くありません。馬力で押すリリーフ型なので、一辺倒になると選抜のときのように打ち込まれてしまうのかもしれません。高校からプロ云々という素材ではありませんが、大学などで段階的に資質を伸ばせたら上のレベルでも活躍できる選手かもしれません。

(2019年 春季東京大会)

 
白須 仁久(西東京・国士舘)投手
180/68 右/右

 
関連動画へ

 
渡邉 充(西東京・工学院大付)投手
187/90 右/左

 
個別フォルダへ


内野 大輝(西東京・東村山西)投手
185/75 右/右

 

関連動画へ

 
 
中村 晃太郎(西東京・東海大菅生)投手
172/75 左/左

 
関連動画へ

 
神奈川大会組合せ

 
神奈川の高校野球ニュース

 
プロ注目

及川 雅貴(神奈川・横浜)投手
183/74 左/左

 
個別フォルダへ

 
作野 友哉(神奈川・鎌倉学園)投手
178/73 左/左

 
 常時130キロ前後~中盤ぐらいだと思うが正統派のサウスポー。投げ込まれるボールにはピュッと手元での切れがあり、高めの速球には思わずバットが出てしまう。変化球は、カーブ・スライダー・チェンジアップと一通りあり、うまくコンビネーションで交えて来る。微妙なところを突くコントロールもあり、まとまりのある好投手。神奈川リーグあたりの地方の大学ならば、活躍して行けそうな素材ではないのだろうか。

(2018年 秋季神奈川大会)

 
渡邉 倫太朗(神奈川・三浦学苑)投手
182/80 右/右

 
個別フォルダへ

 
堤 隆晟(神奈川・橘)投手
181/78 右/右

 
 下級生の頃から期待されてきた本格派。

 
一柳 大地(神奈川・星槎国際)投手
183/77 右/右

 
関連動画へ

 
佐藤 一磨(神奈川・横浜隼人)投手
187/87 左/左

 
関連動画へ

 
谷村 然 (神奈川・桐光学園)投手
179/84 右/右

 
 下級生の頃からチームを支えてきた経験豊富な投手。普段の球速は135キロ前後だが、要所では140キロを越えてきそうな勢いがある。変化球は緩いカーブで緩急を効かせつつ、縦に鋭く落ちるフォークを武器にする。高校からのプロ入りは厳しそうだが、大学での成長次第ではリリーフタイプとして期待が持てる。

(2019年 春季神奈川大会)

 
冨田 冬真(神奈川・桐光学園)投手
171/72 左/左


 球速は130キロ~中盤ぐらいという感じで、思ったほど球威・球速を増してきていないのは気になる材料。左腕らしい大きなカーブとのコンビネーションだが、現状ドラフト云々の匂いはして来ない。彼も大学などで、ストレートが磨かれることを待ちたいところ。特に神奈川の球児は、大学に入ってから伸びる選手が多いので。

(2019年 春季神奈川大会)

 
 
三浦 澪央斗(神奈川・平塚学園)投手
172/62 右/右

 
関連動画へ

 
武冨 陸(神奈川・日大藤沢)投手
173/72 左/左

 
関連動画へ

 
柴藤 大輝(東海大相模3年)投手
178/70 右/右

 
 球速は130キロ台中盤ぐらいで、驚くような球威・球速のあるサイドハンドではない。しかしスライダーを体に当たりそうなところから内角に曲げてくるフロントドアを魅せたかと思ったら、今度は外角一杯にストレートを決めたりと球種の少なさをバリエーションで補うことができている。変化球は、スライダーとシンカー。また高めの吊り球に、桐光学園の打者が空振りをしていたのが目を惹いた。大学進学タイプだろうが、青柳 晃洋(川崎工-帝京大-阪神)のように、大学でさらなるパワーアップを遂げれば投球術に長けるだけに将来面白い存在になりえるかもしれない。

(2018年 秋季神奈川大会)

 
山梨大会の組合せ

 
山梨大会ニュース

 
加藤 匠(山梨・東海大甲府)投手
180/70 右/右

 
関連動画へ

 
根上 真
(山梨・都留)投手
170/78 右/右


 
経験豊富な好投手。

 
佐藤 裕士(山梨・山梨学院)投手
170/70 右/右

 
関連動画へ


白須 汐音(山梨・都留興譲館)投手
176/73 右/右

 
 
140キロを超える公立の逸材。

 
舟久保 寛太(山梨・吉田)投手
179/68 右/右

 
エースで主軸を任される投打の柱。

 
後藤 青嵐(山梨・増穂商)投手
172/61 
左/左

 
投手に転向し才能を開花。




関東地区 高校3年・野手編




 
茨城大会組合せ

 
茨城の高校野球ニュース


プロ注目

菊田 拡和(茨城・常総学院)一塁
182/90 右/右

 

関連動画へ

 

中妻 翔(茨城・常総学院)外野
170/75 左/左

 

関連動画へ

 
 
菊地 壮太(茨城・常総学院)捕手
176/74 右/右

 
関連動画へ

 
斉藤 勇人(茨城・常総学院)内野
185/86 右/右

 
関連動画へ


石渡 耀(茨城・土浦日大)二塁
182/75 右/右

 

関連動画へ

 
 
高橋 隆慶(茨城・明秀学園日立)捕手
185/90 右/右

 
関連動画へ


北野 凱士(茨城・明秀学園日立)外野
173/70 右/左

 
 
関連動画へ

 
群馬大会組合せ

 
群馬の高校野球ニュース

 
剣持 京右(群馬・前橋育英)二塁
178/72 右/左

 
関連動画へ

 
河田 悠仁(群馬・関東学園大付)外野
174/76 右/右

 
関連動画へ

 
工藤 ナイジェル(群馬・桐生一)内野
163/67 右/左


関連動画へ

 
 
栁澤 光星(群馬・健大高崎)捕手
167/71 右/右

 
関連動画へ

 
田口 夢人(群馬・健大高崎)二塁
168/65 右/右


関連動画へ

 
 
橋本 智史(群馬・桐生市商)外野
174/67 右/右

 
三拍子揃った県下屈指の外野手。

 
斉藤 翔太(群馬・東農大ニ)内野
180/82 右/右


長打力が自慢の大型内野手。

 
 
狩野 永一郎(群馬・東農大ニ)外野
182/78 右/右

 
強打の二番打者。

 
栃木大会組合せ

 
栃木の高校野球ニュース

 
橋浦 大和(栃木・佐野日大)捕手
170/77 右/右

 
県内を代表する強打の捕手。

 
松本 翔大(栃木・佐野日大)外野
174/74 左/左

 
関連動画へ

 
絹川 友大(栃木・矢板中央)外野
165/55 右/左

 
チームの核弾頭として巧打で出塁。

 
生沼 大和(栃木・今市工)捕手
165/68 右/左


近年着実に実績を残す同校を押し上げる。

 
 
長谷川 太洋(栃木・國學院栃木)三塁
175/72 右/左


ハンドリングに優れた巧打者。

 

大貫 礼央(栃木・宇都宮工)内野
175/68 右/左

 



 
 
石井 巧(栃木・作新学院)遊撃
178/73 右/右

 
関連動画へ


佐々木 優斗(栃木・宇都宮南)捕手
180/85 右/右

 
 
チームの4番として攻守で支える。

 
埼玉大会組合せ

 
埼玉の高校野球ニュース

 
プロ注目

韮沢 雄也(埼玉・花咲徳栄)遊撃
176/80 右/左


個別フォルダへ

 
橋本 大樹(埼玉・山村学園)捕手
178/80 右/右


関連動画へ

 
 
北口 恭輔(埼玉・埼玉栄)遊撃
181/75 右/右

 
関連動画へ

 
和田 康平(埼玉・埼玉栄)一塁
183/87 右/右

 
個別フォルダへ

 
畑 敦巳(埼玉・浦和学院)捕手
182/86 右/左

 
関連動画へ

 
千葉大会組合せ

 
千葉の高校野球ニュース


間中 堅(千葉・専大松戸)捕手
176/79 右/右

 
 
関連動画へ

 
太田 翔悟(千葉・木更津総合)外野
173/73 右/右

 
関連動画へ


長岡 秀樹(千葉・八千代松陰)遊撃
175/68 右/左

 
 
関連動画へ

 
長島 悠人(千葉・千葉明徳)外野
174/78 右/右


高い身体能力に長打力も。

 
 
西田 祐大(千葉・東海大市原望洋)内野
178/83 右/左


関連動画へ

 
 
根本 翔吾(千葉・習志野)外野
168/65 左/左


関連動画へ

 
 
東東京大会の組わせ


東東京の高校野球ニュース

 

右田 稜真(東東京・二松学舎大付)外野
181/85 右/右

 
 
関連動画へ


野村 昇太郎(東東京・二松学舎大付)外野
171/73 左/左

 
 
関連動画へ



荻野 魁也(東東京・岩倉)捕手
176/80 右/左

 

関連動画へ

 

池本 仁志(東東京・小山台)遊撃
180/68 右/左

 
 
関連動画へ


渋谷 嘉人(東東京・関東一)内野
176/70 右/右

 
 
関連動画へ


染田 棟皓(東東京・修徳)外野
180/84 左/左

 
 
関連動画へ


西東京大会の組わせ

 

西東京の高校野球ニュース

 

小山 翔暉(西東京・東海大菅生)捕手
175/76 右/右

 
 
関連動画へ

 
成瀬 脩人(西東京・東海大菅生)遊撃
175/75 右/右

 
関連動画へ

 
籾山 哲哉(西東京・桜美林)外野
169/72 右/左

 
関連動画へ

 
柳本 康希(西東京・都片倉)遊撃
178/75 右/右


個別フォルダへ

 
 
黒川 麟太朗(西東京・国士舘)遊撃
180/70 右/右


関連動画へ

 
 
山上 凱(西東京・東大和)外野
175/71 右/右


俊足武器の外野手。

 
 
宮崎 恭輔(西東京・国学院久我山)捕手
181/87 右/右


関連動画へ

 
 
生沼 弥真人(西東京・早稲田実)外野
180/82 右/右

 
関連動画へ

 
神奈川大会組合せ

 
神奈川の高校野球ニュース

 
プロ注目

森 敬斗(神奈川・桐蔭学園)遊撃
173/70 右/左


個別フォルダへ

 
 
善波 力(神奈川・慶応)捕手
168/73 右/右

 
 どっしりしたキャッチングがしっかりしている安心感溢れる捕手。また地肩も一級品でスローイングもしっかりしているが、まだ到達タイムが1.95秒前後かかっている。捕ってから投げるまでのスピードを、いかに縮めて行けるのかが今後の課題だろうか。

(2018年夏 甲子園)

 
野村 忠克(神奈川・星槎国際)外野
172/62 右/右

 
 野村克也氏の孫として注目される。

 
内海 貴斗(神奈川・横浜)二塁
182/77 右/左
 
 スイングの強さと打球の速さが目を惹いた。けしてオーバー・フェンスを連発するような長距離ヒッターではないが、やはり打者としての潜在能力は同校の中でも一番ではないかと。しかし気になるのは、第一試合がセカンドで第二試合はショートで出場するも、守備ではミスが多かった。旧チームでは一塁を守っていた選手だけに、上のレベルだとニ遊間では荷が重そう。総合力の物足りなさからも、高校からプロというよりは、有力大学などに進むタイプではないかとみている。

(2019年春 江戸川区交流戦)

 
プロ注目

遠藤 成(神奈川・東海大相模)遊撃
178/76 右/左


個別フォルダへ

 
 
山梨大会の組合せ

 
山梨大会ニュース

 
鈴木 虎我(山梨・東海大甲府)一塁&投手
181/82 右/右


チームの4番打者というだけでなく、投げても140キロ越え。

 
 
関口 歩夢(山梨・東海大甲府)捕手
173/73 右/右

 
パンチ力のある捕手。


大久保 恵生(山梨・帝京三)外野
180/85 右/左

 
 
上手さとパワーを兼ね備えた強打者。

 
有馬 夢輝(山梨・甲府商)捕手
177/75 右/右


長打力が売りの捕手。
 
 
久保 温(山梨・甲府城西)外野
168/68 右/左

 
俊足・巧打に広い守備範囲。

 
依田 都也(山梨・駿台甲府)一塁
178/78 左/左


パワフルな打撃で勝負強い。

 
 
杉田 大貴(山梨・駿台甲府)二塁
168/74 右/左


三拍子バランスの取れた好選手。

 
 
五味 太陽(山梨・甲府工)外野
176/72 右/右

 
勝負強い打撃が売り。

 
相澤 利俊(山梨・山梨学院)外野&投手
175/73 左/右


関連動画へ

 
 
菅野 秀斗(山梨・山梨学院)二塁
170/72 右/左

 
関連動画へ


プロ注目

野村 健太(山梨・山梨学院)左翼
180/88 右/右

 
個別フォルダへ





関東地区 高校2年・投手編



清水 惇(群馬・安中総合)投手
173/66 右/右



U15の代表として鋭いスライダーを武器に活躍。

 
佐々木 康(栃木・青藍泰斗)投手
177/70 右/右

 
関連動画へ

 
神山 陽登(栃木・国学院栃木)投手
175/70 右/左

 
関連動画へ

 
豆田 泰志(埼玉・浦和実)投手
172/72 右/右


関連動画へ

 

篠木 健太郎(千葉・木更津総合)投手
176/68 右/左

18年夏甲子園


 140キロ台中盤の素晴らしく伸びのあるボールを投げ込む1年生がいる。むしろ彼が秋以降先発として活躍し、そのまま根本は後ろを任されるなんてチームになってゆくかもしれない。こちらも身体が大きくなるようだと、2年後の有力なドラフト候補。

(2018年夏 甲子園)

 
山内 翔太(千葉・習志野)投手
170/68 左/左

 
関連動画へ

 
田代 涼太(東東京・帝京)投手
188/94
 左/左

 
関連動画へ


松本 隆之介(神奈川・横浜)投手
188/76 
左/左

 
 
 手足の長い投手体型で、ゆったりしたフォームから投げ込んでくる。球速は130キロ台中盤~140キロ台前半だったが、チェンジアップに特徴がある。ただしこちらもコントロールに不安な部分があり、じっくり観られると脆さを露呈してしまった感は否めなかった。今後何処まで、こういった不安定な部分を改善して行けるのか? いずれにしても秋以降は、ドラフト候補として脚光を浴びる存在だと思う。

(2019年 選抜大会)

 
木下 幹也(神奈川・横浜)投手
185/85 右/右

 
 選抜時よりも体を少し捻って投げるフォームになり、球速は130キロ台後半~140キロ台前半ぐらいだろうか? 緩いカーブやスライダー・フォーク系の沈む球もあり安定感では横浜投手陣の中でも随一の存在。まだ凄みのある投球ではないが、コントロール・変化球・マウンド捌きもそれなりで、来夏までに総合力を引き上げて行ければ高校からのプロ入りも夢ではないだろう。現状は、柳裕也(明大-中日)のような、大学を経てからといったタイプには感じられるが。

(2019年 春季神奈川大会)

 
安達 壮汰(神奈川・桐光学園)投手
181/81 
左/左


 球速は135キロ前後が多かったが、同じくMAXでは89マイル・143キロまで記録。内角の厳しいところを突いたり、カーブ・スライダー・チェンジアップ系の変化球とのコンビネーションも冴えていた。個人的には4番を打つ打者の才能の方が将来的には秀でいているのではないかと思っていたが、この日の投球を観たものは来年の有力な候補と球団関係者は認識したのではないのだろうか。

(2019年 春季関東大会)

 腕の長い体型でゆったりしたフォームから投げ込んでくる。そのため球速こそ135~140キロぐらいだと思うのだが、なかなか掴みどころのない厄介なタイプ。変化球は、スライダー・カーブ・チェンジアップなどで、特にチェンジアップの落差が鋭い。来年ドラフト指名されるかは別にして、神奈川を代表する素材としてドラフト候補には名前を連ねてきそうだ。むしろすでに4番に座っている、野手としての方がスケールは上かもしれないが。打力の方は、サウスポーという稀少価値との天秤にかけられ、卒業後の道が変わってきそう。

(2019年 春季神奈川大会)

 




関東地区 高校2年・野手編



 
須永 武志(群馬・前橋育英)捕手
177/76 右/右


関連動画へ

 
 
石川 彗亮(栃木・青藍泰斗)外野
172/77 右/右


兄・石川翔(中日)のあと追う強打者。

 
 
横山 陽樹(栃木・作新学院)捕手
177/75 右/右

 
関連動画へ

 
井上 朋也(埼玉・花咲徳栄)外野
181/80 右/右

 
関連動画へ

 
蔵田 亮太郎(埼玉・聖望学園)三塁
187/86 右/左


関連動画へ

 
 
平尾 柊翔(埼玉・春日部共栄)外野
172/70 右/左


関連動画へ

 
 
古谷 将也(千葉・成田)捕手
176/69 右/右

 
関連動画へ

 
常世田 翔太(千葉・銚子商)遊撃
170/61 右/左


 シュアな打撃に堅実な守備に定評。

 
 
角田 勇斗(千葉・習志野)遊撃
174/68 右/右


 対応力の高い守備が際立っていた。守備だけならば、今すぐ大学や社会人に混ぜてもといった感じ。それほど肩は強く見えなかったが、深いところかでも送球が乱れずアウトにできていた。まだ2年生ということで、打力の成長を期待したい。

(2019年 選抜)

 
 
高崎 大和(千葉・専大松戸)遊撃
170/69 右/左

 
関連動画へ

 
小松 涼馬(東東京・帝京)二塁
170/70 右/右

 
関連動画へ


秋広 優人(東東京・二松学舎大付)一塁
198/90 右/左

 
 
関連動画へ

 
杉崎 成(西東京・東海大菅生)一塁
175/77 右/右

 
関連動画へ

 
西川 僚祐(神奈川・東海大相模)左翼
186/90 右/右


 すでに神奈川屈指のスラッガーという位置づけに。186/90 という迫力満点の体格から、パワフルな打球を連発する。大型でパワフルなぶん、キレとスピード感に欠けるところがある。打撃は対応力・長打力とも水準を満たすものがあるが、打球勘の悪い守備も球際では意外にミスは少ない。しかしスケール満点の素材ではあるが、守備・走力でのアピールに欠けるぶん打撃で圧倒できるかに懸かっている。いずれにしても神奈川においては、来年度世代を代表するスラッガーに育ってゆきそうだ。

(2019年 春季神奈川大会)

 
 
山村 崇嘉(神奈川・東海大相模)一塁
180/85 右/左


関連動画へ

 
 
中村 凌輔(神奈川・鎌倉学園)捕手
右/右


 非常にインサイドワークに優れた選手で、エース作野の持ち味を引き出していた。特に、高めを使い方がうまい。またキャッチングやフットワークなどもよく、テンポの好い投球を演出していた。打ってもチームで5番を任されるなど、すでに中心選手。打撃では結果は出なかったが、しっかりした型を持っており潜在能力は高いとみた。彼もまた、来年度の神奈川を代表する捕手に育ってゆくのではないのだろうか。

(2018年 秋季神奈川大会)

 
 
度会 隆輝(神奈川・横浜)内野
180/76 右/左

 
関連動画へ

 
馬込 悠 (神奈川・桐光学園)三塁
175/70 右/左

 
 なかなか素晴らしいスイングをする強打者。左打席から4.35秒前後と走力が物足りないのと、三塁手としては守備範囲は広そうだがキャッチングはどうだろうか? 打撃では好いものを持っているので、今後の成長次第ではドラフト候補にも上がってくるだろう。

(2019年 春季神奈川大会)