19kp-5





井上 広輝(日大三3年)投手の個別寸評へ







 井上 広輝(日大三2年)投手 180/80 右/右
 




                  「ビッグ4に肉薄する存在」





 佐々木朗希(大船渡)・奥川恭伸(星稜)・西鉄矢(創志学園)・及川雅貴(横浜)の高校ビッグ4に肉薄する存在なのが、この 井上 広輝 。春の都大会で、私の見ている前で肘痛で降板。以後試合でで投げることはなかったが、夏の甲子園・奈良大付戦で実戦復帰した。その試合では、最速150キロまで到達するなど、高い能力があることを改めて実証した。


(投球内容)

腕の振りの強さ・柔らかさが、この投手の持ち味。

ストレート 常時140キロ前後~MAX150キロ 
☆☆☆☆ 4.0

 打者の手元まで、しっかり伸びてくる質の良い真っ直ぐが武器。やや高めに抜ける傾向はあるが、ボールに勢いがあるのでそこで空振りが誘える。夏の奈良大付属戦をみると、久々の実戦登板ということで、ストレートが結構ばらついていた。イニングが進んで来ると制球も落ち着いて来る投手で、四死球で自滅するような危うさはない。

変化球 スライダー・チェンジアップ・カーブなど 
☆☆☆ 3.0

 立ち上がりはスライダーが高めに抜けてしまい、カウントを整えるのに苦労した。それでも二回以降は、右打者外角に小さく曲がるスライダーでしっかりカウントを整えきた。スライダーもカウントを整える横のスライダーと、ボールゾーンに切れ込む縦のスライダーを使い分けているのかもしれない。左打者には、腕の振りの良さを活かしたチェンジアップを多く使ってくる。また余裕があると、カーブを投げ込んでくる。特に腕の振りの良さから、見分けの難しいチェンジアップが効果的。

その他

 クィックは、1.0~1.1秒とまずまず。フィールディングの動きもよく、野球センスに優れたタイプなのだろう。

(投球のまとめ)

 短いイニングだと140キロ台後半を連発してくるが、先発とかだと140キロ前後とキャパを落として投げ込むことが多い。思ったよりもストレートが暴れること、左打者に対しボールが抜け制球がアバウトになる点は今後も気になるチェックポイント。

 西鉄矢(創志学園)同様に、元来ならば球速で勝負するといったスケール型ではないだろう。あくまでも、変化球をうまく織り交ぜたコンビネーション・総合力で勝負するタイプだと考えられる。そのためそういった素材としての凄みは感じられないが、夏までに何処まで課題をクリアして実戦力を高めて来られるのか見てゆきたい。





(投球フォーム)

今後の可能性について、フォームを分析することで考えてみたいと思います。

<広がる可能性> 
☆☆ 2.0

 引き上げた足をピンと伸ばすことなく重心を落として来るので、お尻はバッテリーライン上に残ってしまいます。したがって体を捻り出すスペースが確保できず、カーブで緩急をつけたりフォークのような縦に鋭く落ちる球種には適しません。

 「着地」までの粘りも平凡で、体を捻りだす時間も並。そういった意味では、何か武器になるような変化球を、今後習得して行けるのかには疑問です。スライダー・チェンジアップ、小さく動かすボールなどを中心に、ピッチングの幅を広げてゆくことになりそうです。

<ボールの支配> 
☆☆☆ 3.0

 グラブは最後まで内に抱えられており、両サイドの投げわけはつけやすいはず。足の甲ではつま先のみが地面を捉えている形で、ボールが上吊りやすいのも頷けるところ。指先の感覚や球持ちは悪いとは思わないのだが、ボールを押し込む前にリリースしてしまっているので、低めに球が集められない傾向にある。

<故障のリスク> 
☆☆☆★ 3.5

 お尻は落とせないフォームなものの、カーブは滅多に投げないしフォークも見られない。それだけに、肘への負担はそれほど大きくないと考えられる。しかし春の試合中に肘を痛めており、充分に注意したいところ。

 腕の送り出しを見ている限りは、肩への負担も少なめ。それほど力投派といった感じでもないので、疲労も溜め難いのではないのだろうか。しかし甲子園での登板を見る限り、明らかに投げ込み不足なのか? 投げていても辛そうな顔をしていたのは印象的だった。

<実戦的な術> 
☆☆☆ 3.0

 「着地までの粘りが充分とは言えない上に、ボールの出どころも見やすいのは気になる材料。そのため、甘くない球でも簡単にはじき返されてしまう危険性がある。

 腕はしっかり振れており、投げ終わったあと体に絡むなど空振りは誘いやすい。ボールにも適度に体重を乗せてからリリーフできており、打者の手元まで活きた球が投げ込めている。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「着地」や「開き」に課題があり合わされやすい。お尻が落とせないことでの肘の負担、足の甲の押し付けの浅さから来る高めに集まりやすい球筋、さらに今後投球の幅を広げて行けるのか?といった部分でも伸び悩む危険性をはらんでいる。意外に理想的なフォームのように見えて、課題が多いことがわかってきた。


(最後に)

 ビッグ4にも勝るにも劣らない素材ではあるのだが、投球やフォームを見る限り課題が多いことがわかってきた。さらに彼らに比べると、伸び悩むリスクがある点。さほどスケールで、魅了するようなタイプではないのも気になる材料。

 夏までに、彼らとの距離を縮めることができるのか? それとも開いてしまうのか? 今後どうなってゆくのか、見極めてゆきたい。しかしこのまま順調にゆけば、中位~上位指名を意識できる存在になるのではないのだろうか。


(2018年夏 甲子園)