17dp-4


 




高橋 礼(専修大4年)投手の最終寸評へ







高橋 礼(専修大4年)投手の春季寸評へ







高橋 礼(専修大3年)投手 187/80 右/右 (専大松戸出身) 
 




                「アンダーで140を見たことがない」





 1999年から「迷スカウト」を開設し、本格的にこの活動をしてきたが、純粋なアンダーハンドから140キロを記録した投手は 高橋 礼 しか見たことがない。下手の付加価値を図る時に、プラス15キロすると位置づけがわかるとよく書くのだが、この選手の球速は破格だということがわかる。


(ここに注目!)

 専大松戸時代は、何やら大きなサブマリンがいるなと思った程度で、気に留めて見たことがありませんでした。彼のことを気にしたのは、大学2年生の全日本代表を決める・平塚合宿に彼が招集されていた時。アンダーから135キロ級のボールを投げていて、驚かされたのを思い出します。しかしその後は注目されることにはなりましたが、リーグ戦の成績はパッとしないというのが率直なところでしょうか。最終学年で、どんな投球を見せてくれるのか気になります。


(投球内容)

ストレート 常時135キロ前後~140キロ強 
☆☆☆★ 3.5

 下手の割にボールが浮き上がって来るとか、手元で切れるいう感じはしません。コースを突いて詰まらせるという、パワーピッチャーです。先程の下手はプラス15キロの感覚で見ると良いと言いましたが、そうすると彼の球速は150~155キロ級の球速を連発していることになります。しかし150キロ台でも合わされやすい選手もいるように、彼も不思議と苦にならないサブマリンなのです。

 更にこの平塚の試合ではそうでもなかったのですが、かなりボールが荒れ球傾向で収まりが悪い。通算でも134回1/3イニングで70四死球を出しており、四死球率は52.1%(基準は33.3%以下)と、かなりコントロールが悪いことがわかります。特に3年時の成績が悪いのは、四死球の比率が高まっていることにも原因がありそうです。

変化球 スライダー・シンカー・カーブなど 
☆☆☆ 3.0

 この平塚の試合では、横に曲がるスライダーぐらいしか投げていませんでした。その他普段だと、左打者に対し、外角で小さく沈むシンカー系の球を投げたり、もっと緩いカーブもたまに投げます。シンカーのコントロールは悪くないのですが、スライダー思ったほど上手く操れていない印象があります。どうしても仕留めるほどの変化球がないので、ストレートで押すというピッチングにならざるえないのかもしれません。

(投球のまとめ)

 下手投げですが、右打者よりも左打者を得意としている感じがします。ボールもしっかりコントロールでき、外角にはシンカー・インハイには速球で詰まらせるという投球パターンができています。むしろコントロールが乱れたりするのは、右打者のときが多いような。ストレートだけでなく、スライダーの精度があまり高くないからではないのでしょうか。

 今回は計測したデータを持っていないので細かく記せませんが、クィックは1.1秒台ぐらいで遅くないはずです。ベースカバーへの入りも早く、大型だったり下手ということで動作も大きくなりそうですが、そういった部分に不安はありません。

(成績から考える)

今度は、今まで残した成績から考えてみましょう。通算成績は、

33試合 134回1/3 86安打 70四死球 55三振 防御率 3.69

1、被安打は、イニングの70%以下  ◯

 被安打率は、64.0%であり、やはり特殊な球筋故に各打者苦労していることがわかります。中央のリーグでこの成績ですから、ボールの威力は際立っています。

2、四死球はイニングの1/3以下 ☓

 先程も触れましたが、四死球率は 52.1% 。この数字はかなり高く、アマレベルでこれだけ悪いとプロの打者のプレッシャー、狭いストライクゾーン、選球眼の良さを感じると、かなり苦しむことが予想されます。

3、奪三振は1イニングあたり0.8個以上 ☓

 1イニングあたりの奪三振率は、0.41個(平均は0.65個)と大変少ない。これは上記にも記載したとおり、アンダーなのに空振りを誘えない球質だということ。また仕留めきるだけの変化球もないので、極めて少ない数字になっています。

4、防御率は1点台以内 ☓

 通算の防御率は3点台であり、かけ離れていることがわかります。この選手は、ゲームメイクする先発よりも、明らかにリリーフ型だと考えます。

(成績からわかること)

 特殊な球筋を活かし、極めて打たれていないことがわかりました。その一方で、コントロール・決め手の無さを露呈し、この部分では厳しいことがわかってきました。この辺の数字を前提に、最終学年はどのような成績を残すのか注目されます。


(最後に)

 希少価値から考えても、よほど醜いシーズンを過ごさない限りは、大学からプロへ進むことになると考えます。しかし即戦力として見られるのかと言われると、現時点ではNO.と言わざるえないでしょう。しかし短いイニングなどで、限定した使い方をした場合はどうでしょうか? その辺も意識しながら、最終学年のプレーに注視してみたいと思います。


(2016年 リーグ戦)