20dy-7





古川 裕大(上武大4年)捕手の最終寸評へ







古川 裕大(上武大3年)捕手 182/86 右/左 (久留米商出身) 





 「打てる捕手」





今年の大学・社会人の候補の中でも、攻守のバランスが最も取れている捕手なのが、この 古川 裕大。大学球界の野手の中でもトップクラスの打力を誇っていた 佐藤 都志也(東洋大-ロッテ2位)と比較しても、遜色のない打力の持ち主なのだ。


(ディフェンス面)

6月の大学選手権の時に見た時は、少し雑かな?と思える部分がありました。しかし秋の神宮代表決定戦・横浜市長杯のときには、そこまでそういった感じはしませんでした。細かく周りに指示を出せる選手ですし、プレーにも適度なこだわりも感じます。

投手に軽くミットを示し、そのグラブを地面に下げるようなことはありません。際どいコースでもミットはブレませんし、ワンバウンドするような球に対しても、素早くミットは下から出せます。キャッチング全般には、安心して見ていられる選手です。

市長杯では、古川のインサイドワークに相手が翻弄されている姿が見られました。相手の裏をかくのが上手い分、相手の読みを外せなかった時にポカを食らうのかなといった印象を受けます。それでも考える習慣というものを身につけている選手なので、リードに意図は伝わってきます。またスローイングも1.9秒台前後で驚くほどではないのですが、地肩も強く捕ってから投げるまでの流れも悪く有りません。プロに混ぜてしまうとA級かは微妙ですが、中の上 レベルの送球はできているのではないのでしょうか。

とかく打撃に目が奪われがちですが、その所作やリードセンスは、昨年の佐藤都志也(東洋)よりも上だと思います。打撃が良いからといって、プロ入り後コンバートされる、そういった選手ではないように思います。






(打撃内容)

リーグでは、3年春のリーグ戦で5本塁打・13打点。続く秋のリーグでは、打率.452厘を残し首位打者に輝きました。

<構え> 
☆☆☆☆ 4.0

前の足を引いて、グリップの高さは平均的。腰が適度に据わりつつ、両眼で前を見据える姿勢は並なものの、全体のバランスとしては良い構えではないのでしょうか。特にアゴを引いて、打席での高い集中力が感じられます。

<仕掛け> 
早め

投手の重心が沈む時に動き出す、「早めの仕掛け」を採用。対応力重視で、アベレージヒッターに多く見られる仕掛けです。長打が魅力ですが、基本はヒットの延長線上に本塁打というタイプなのかもしれません。

<足の運び> 
☆☆☆☆ 4.0

足を上げたまま長く空中でキープしつつ、真っ直ぐ踏み出してきます。始動~着地までの「間」は充分取れており、速球でも変化球でもスピードの変化には対応しやすい打ち方。真っ直ぐ踏み出すように、内角でも外角でもさばきたい万能型です。タイミングの合わせ方は、非常に優れた選手だと思います。

 踏み出した前の足は、インパクト際にブレずしっかり止まっています。そのため逃げて行く球や、低めの球にも食らいつくことができます。実際試合を見ていても、低めの球を上手く拾うのが上手い印象があります。


<リストワーク> 
☆☆☆☆ 4.0

 打撃の準備である「トップ」の形を作るのは自然体で、ボールを力みなく呼び込めています。バットの挿入角度が良く、インパクトまでロスなく振り下ろしてきます。スイング軌道としては、インサイドアウトと遠心力を活かすスイングの中間的な軌道です。そのため内角の球にも、対応することができます。

 インパクトの際にもヘッドは下がりませんが、むしろボールの下にバットを潜らせて打球に角度をつけて飛ばすタイプ。インパクトの観点で言えば、広い面でボールを捉える確実性よりも、多少の打ち損じは合っても長打になる確率の高いスイングだと言えます。けしてフォロースルーを使ってボールを運ぶという感じではないのですが、最後までしっかり振り切れています。


<軸> 
☆☆☆★ 3.5

 頭の上下動は並ぐらいで、目線の動きは平均的。身体の開きは我慢できていますが、軸足の形は少し前に崩れがち。身体が突っ込まないように、注意したいところです。それでも軸足の内モモの筋肉には適度な強さが感じられ、強烈な打球を生み出す原動力にはなっているのではないのでしょうか。

(打撃のまとめ)

 緩急への対応、内外角へのさばきも上手く、大きな穴が見当たらないスイング。しかしインパクトでは、確実性よりもボールに角度をつけて飛ばす破壊力重視であるように感じます。佐藤都志也(東洋大-ロッテ)の方が対応力は上かもしれませんが、長打を放つという意味では、この古川の方が優れているとみます。



(最後に)

 野手が捕手をやっているような感じだった 佐藤都志也 に比べると、古川は打力の良い捕手といった感じです。すなわち打力が勝っているというよりも、攻守のバランスがとれています。佐藤の方が、走る打つの身体能力の凄みは感じます。しかし古川の方が、考える力があるという意味では捕手向きな性格ではないのでしょうか。

 そのため内容次第では、捕手がどうしても欲しい球団からハズレ1位ぐらいで指名されても、不思議ではないスケールがあります。いろいろまだ高めないと行けないところはあると思いますが、上位指名を意識できる捕手であるのは間違いないでしょう。



(2019年秋 横浜市長杯)