17ky-6


 








正木 智也(慶応大4年)一塁手の春季寸評へ







正木 智也(慶應大3年)右翼手の本当に凄いやつへ




<



正木 智也(慶応義塾高2年)右翼 181/80 右/右 
 




 「飛ばす能力はある」





 見た目も構えもそれほど強打者っぽくは見えないのだが、打球はよ~く飛んでゆく。夏の大会でも、横浜スタジアムに中段に叩き込んでいた。また正木は、引っ張るだけでなく右方向でもスタンドインできる長打力を併せ持つ。


(守備・走塁面)

 走力はそれほど懸命に走ったものを計測ができたことがないのだが、一塁までの塁間を右打席から4.7秒前後だった。これを左打者に換算しても、4.55秒前後に相当。もう少し真剣に走ったところで、上のレベルで足を売りにするほどの脚力があるようには思えない。

 夏までは左翼を守っていたが、秋はライトに変わっていた。打球への反応、キャッチングは無難という感じで、極端に打球勘が悪いとかキャッチングが下手だという感じはしない。上のレベルでも、レフトあたりならば無難に守るのではないかという気もする。また左翼からの返球を観ても、中継の選手に返すだけなので、どのぐらい地肩が強いのかはもう少し観てみないとわからない。


(打撃内容)

 広角に打ち返す強打者という感じだが、打席からは威圧感やギラギラしたものは感じられない。

<構え> 
☆☆☆ 3.0

 前の足を引いて、グリップは少し下げ気味に構えます。腰の据わり、全体のバランスとしてはさほど良くないものの、両眼で前を見据える姿勢はしっかりできている。両眼でボールを観ることは、錯覚を起こすことなく球筋を追える意味でも重要な要素だと言える。

<仕掛け> 平均

 投手の重心が下がりきったところで動き出す、「平均的な仕掛け」を採用。ある程度の確実性と長打力を、バランスよく兼ね備えたスタイル。そのため中距離打者やポイントゲッターに多く観られる仕掛けとなる。彼の打撃を見ていると、本質的には中距離打者なのではないのだろうか。

<足の運び> 
☆☆☆☆ 4.0

 投手の重心が下がりきった時に、足をしっかり引き上げて回し込み真っ直ぐ踏み出して来る。始動~着地までの「間」はソコソコで、速球でも変化球でもスピードの変化にはそれなりに対応。真っ直ぐ踏み出すように、内角でも外角でも同じように捌きたいという意志が感じられる。

 踏み込んだ足元はブレないので、外角に逃げてゆく球や低めの球にも対応。内角の球に対しても、あらかじめ足を開いて構えているので、上手く呼び込んで腰の回転を活かし上手く捌けている。

<リストワーク> 
☆☆★ 2.5

 打撃の準備である「トップ」の形を作るのは、自然体で力みは感じられない。ただしバットを引くのが遅く、速い球に差し込まれやすいのではないかと危惧する。バットの振り出し自体も、少し遠回りに軌道する。そういったロスは感じられるものの、インパクトの時にはバットの先端であるヘッドが下がらずに、しっかり振り切れている。

 内角の球が来たと思えば、スパッと動き出す振り出しの良さが観られる。またヘッドスピードも鋭く、当て勘も悪くない。

<軸> 
☆☆☆★ 3.5

 足の上げ下げはあるので、目線の上下動は平均的。しかし身体の開きは我慢でき、軸足も地面から真っ直ぐ伸びており、軸を起点に綺麗に回転できています。

(打撃のまとめ)

 下半身の使い方は非常に良いのですが、まだ上半身の使い方に課題を感じます。けして力感がなくても飛んでゆくのは、それだけバットの芯で的確に捉えているからでしょう。元来内角が好きなのか? 内角に来た球はスパンと開いて振り抜くことができますし、少し遠回りなスイングをいかして右方向に流した打球は伸びて行きます。

 ヘッドスピードもそれなりに速いですし、打撃に独特の感覚を持った選手、そんな印象があります。


(最後に)

 あまりギラギラしたものが伝わって来ないので、大学に進むのが規定路線の選手なのではという印象は受けます。本当のところの守備・走塁の能力が掴めていないのですが、その辺の魅力も乏しいことを考えると進学タイプのように感じます。しかし持っているものには面白いものがあるだけに、今後も追いかけてゆきたいものです。17年度の神奈川の中では、増田 珠(横浜高校)と並ぶ強打者であることは間違いないでしょう。


(2016年秋 神奈川大会)