15kp-19





横山 楓(24歳・セガサミー)投手の寸評へ







横山 楓(宮崎・宮崎学園3年)投手 181/73 右/両 





                      「惚れ惚れする素材」





 少しテイクバックした時の腕の使い方に癖はあるものの、惚れ惚れするような腕の振りから繰り出されるスピンの効いたストレートは、素晴らしい素材だと思います。まだまだ肉体的に発展途上の選手ですが、将来素晴らしい投手に成長するのではないかと予感させる好素材でした。


(投球内容)

マウンド捌きにも筋の良さが感じられ、正統派の本格派という感じがします。

ストレート 135キロ前後~MAX144キロ

 私が見た夏の都城商業戦では、常時135キロ前後ぐらいだったようです。しかしその球速以上に、回転の好いボールが捕手のミットに吸い込まれます。元来は、それなりにコースに集めて来るコントロールもあるのでしょう。しかしこの日は、微妙に収まりの悪いところがありました。5月の宮崎県の招待試合では、あの 高橋純平のいる県岐阜商相手に140キロ台を連発したといいます。またこの夏の緒戦・宮島戦では、MAXで144キロにも到達したと訊いています。まだどんな時でも140キロ台を叩き出せるほどの馬力はないようですが、140キロ台をいつでも投げられるスピード能力はあるようです。

変化球 スライダー・カーブ・チェンジアップ

 変化球は、打者の近くで小さく鋭くキュッと曲がるスライダーとのコンビネーション。それにチェンジアップ系の縦の変化球と、たまにカーブを織り交ぜる時があります。特に絶対的な武器はありませんが、変化球の精度・質も悪くなく、将来的には好いコンビネーションが期待できるのでは。

その他

 それほど鋭い牽制は観られませんでしたが、動作を見る限り下手ではなさそう。クィックも1.1秒台で投げ込めますし、そういった投球以外の部分にもセンスの良さが感じられます。

(投球のまとめ)

 九州NO.1と言われる、森下 暢仁(大分商)似た、センス型の投手。ただし森下は、なんやかんや言ってコンスタントに140キロ台を刻んできますし、勝負どころでは140キロ台中盤を決勝で刻むなど、少し基礎体力・全体の球速という部分では、現在横山の先を行っている気がします。

 しかし将来的には、その力関係が逆転するぐらいの可能性は、この横山からは感じられます。ファームで2,3年ぐらい漬け込めば、近い将来ローテーションに入って来るのではという期待を抱きます。





(投球フォーム)

投球フォームの観点から、その将来像を考えてみましょう。

<広がる可能性> 
☆☆

 引き上げた足を最後までピンと伸ばさないので、お尻は一塁側に落とせません。そういった意味では、身体を捻り出すスペースが確保できず、カーブやフォークといった球種を習得するのは厳しいかもしれません。

 また「着地」までの粘りもそれほどではないので、現状は身体を捻り出す時間が充分ではありません。このフォームの構造を考えると、武器になるほどの球種を手に入れるのは厳しいかもしれない。しかし変化球を投げるセンス・活かす術はありそうなので、スライダー・チェンジアップ系のボールを磨くことで、それなりにはなるかもしれません。

<ボールの支配> 
☆☆☆

 グラブは最後まで内に抱えられているので、元来両サイドの投げ分け安定しやすいはず。しかし足の甲で地面が捉えられず浮いてしまっており、浮き上がる上体の力を抑え込めていません。そのため力を入れて投げると、ボールが上吊りコントロールを乱すことが予想されます。「球持ち」自体はよいので、将来的には指先の感覚を生かしたピッチングは期待できそうですが。

<故障のリスク> 
☆☆

 お尻を落とせないフォームですが、カーブやフォークを多く投げる投手ではないので、肘への負担は少なそう。

 気になるのは、腕を真上から送り出してくるので、肩への負担が心配されます。このへんが、将来的にどうでるのかは少し気になります。

<実戦的な術> 
☆☆☆

 「着地」までの粘りは感じないので、打者としてはそれほど苦にならないのでは? しかし体の「開き」自体は抑えられているので、コントロールを間違わなければ痛打は喰らい難いかも。

 素晴らしいのは、腕を強く振れて身体に巻き付いて来ること。これによって、速球と変化球の見極めは困難に。ボールにも適度に体重が乗せられており、球速以上の球質を実現しています。

(フォームのまとめ)

 投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「着地」の粘りに物足りなさを感じますが、あとの部分に大きな課題は感じません。

 足の甲が抑えられていないこと、肩への負担が大きいそうなフォームであることは、若干将来に不安を感じなくもありません。


(最後に)

 惚れ惚れするような投手ですが、フォームを分析すると結構欠点があることがわかりました。また私が生で観戦に行かなかったのは、進学志望だと訊いていたから。しかしプロ志望届けを提出すれば、3位以内で指名されるのではないのでしょうか? そのぐらい素材としての魅力は感じられます。できれば上位指名を条件に、プロ志望届けを提出して欲しいですね。近い将来、プロのローテーションへの期待も抱きたくなるほどの選手です。


蔵の評価:
☆☆☆ (上位指名級)


(2015年夏 宮崎大会)