23dp-13





松本 凌人(名城大4年)投手 185/90 右/右 (神戸国際大付属出身) 
 




 「試行錯誤」





 独特の溜めのある変則フォームから、平塚合宿で見た時には、一連の流れの中から投げ込むオーソドックスなフォームに変わっていた 松本 凌人 。いろいろ試行錯誤しながら、自分にとって最適な形を探す日々が続いている。


(投球内容)

 防御率1点台を誇っていた成績も、今春のリーグ戦では 防 5.35 。それでも、秋の松山合宿にも選出されていただけあって、この春の平塚合宿のメンバーにも招集されていた。


ストレート 140キロ~150キロ 
☆☆☆★ 3.5

 球速的には、常時145キロ前後~150キロ級の勢いのある真っ直ぐには目を惹くものがあります。サイドから繰り出す
荒れ球で、打者としては的が絞り難いものがあります。その一方で、欲しい時にストライクが取れないという不安定さもありました。また変則でタイミングが取りづらいのもあり厄介だったのですが、フォームをオーソドックスにすることで何か嫌らしさが薄れたようにも思います。ちなみに平塚合宿でのマイガンでの最速は、90マイル(145キロ)程度とイマイチでした。

変化球 カットボール・スライダー・スプリット・シュートなど ☆☆☆☆ 4.0

 彼の良さは、
真っ直ぐと見分けのつき難い変化球とのコンビネーションにあります。特に打者の近く小さく変化するカットボールは、真っ直ぐと見分けがつきません。同様のことは、シュートやスプリットにも言えます。さらに、打者が思わず腰砕けになるような、曲がりの大きなスライダーも持っています。真っ直ぐの勢いが素晴らしいからこそ、これらの変化球がより生きることになるのでしょう。

その他

 0.9秒台の高速クィックに加え、牽制は実に鋭く、フィールディングの動きにも優れます。その一方で、微妙な出し入れや「間」を使った投球術など、そういった部分には欠け、ボールの勢いで抑えに行くタイプに見えます。

(投球のまとめ)

 ボールの勢いで押せていた下級生時代は良かったのですが、エースとして期待され先発を中心に起用されることで、
勢いが薄れ粗っぽさが目立つようになってきました。それを改善しようと、いろいろ試行錯誤をしているものの、まだまだ良い形が見つからなかった感じです。しかし、立て直しに成功すれば、非常に異色の存在なので、面白いと思います。







(成績から考える)

 この春は、
33回2/3 35安 17四死 31三 防 5.35 と、彼のキャリアの中でも最悪なシーズンでした。3年秋までの成績と比較して、今シーズン何処が悪化していたのか考えてみます。


1,被安打は投球回数の70%以下 ✕

 今シーズンの被安打数は、投球回数を上回っております。3年秋までの通算成績では、73.0% であったことを考えると、明らかに捉えやすかったことが伺えます。ただし、元々地方リーグの成績としては、70%を割っていないので圧倒的ではなかったこともわかってきました。

2,四死球は、投球回数の1/3(33.3%)以下 △

 今春の四死球率は、50.5%と悪く、制球力粗さは相変わらず。以前から制球力の粗さは気になったものの、それでも29.8%とリーグ戦では基準を満たすレベルにありました。そのため今シーズンは、フォームのバランスを根本的に崩していた疑いがあります。

3,1イニングあたりの奪三振は、0.8個以上 ◯

 1イニングの奪三振は、0.92個 。この数字は、先発の基準どころかリリーフの基準もクリアできています。ただし、下級生まででは 0.71個と以外に平凡であり、この点では
今シーズンは大きく良化していたことがわかりました。

4,防御率は1点台以内 △

 確かに今シーズンは、防 5.35 と、全然でした。それでも通算では、1.81 と基準を満たしていますし、3年春には 1.11 で最優秀防御率にも輝いています。リーグ戦では絶対的ではないものの、適度なまとまりは普段から示してきました。

(成績からわかること)

 
この春の成績は、元来の出来に比べると程遠かったことがわかります。それだけに、立て直しに成功すればプロからも高い評価がされそうなものです。秋に、そういったものを示せるかどうかが、上位指名への鍵となりそう。ちなみサイド気味なフォームのため、左打者への被打率は.302厘と高く、その一方で右打者には.185厘と低いことがわかります。左打者への投球が、課題として残ります。


(最後に)

 元々、ドラフト1位候補とも言われていたのですが、オフシーズンの寸評にも書いていたように、個人的にはそこまで高くは評価していませんでした。それは、プロでもリリーフタイプのように使い方が限定されそうだということ。それは、粗っぽいサイドハンドで、ゲームメイクできるタイプではなく、ボールの威力で勝負するタイプに思えたから。しかし、秋に上手く立て直すことができれば、大勢(巨人)投手のような存在になっても不思議ではないように思います。そのため現状は、3位前後ぐらいで評価しています。



蔵の評価:
☆☆☆(上位指名級)


(2023年 平塚合宿)









松本 凌人(名城大3年)投手の本当に凄いやつへ