22ky-3









浅野 翔吾(高松商3年)外野手の最終寸評へ







浅野 翔吾(高松商3年)外野手の春季寸評へ






浅野 翔吾(高松商2年)中堅 170/83 右/右 
 




 「ちょっと平田良介ぽい」





 170センチの上背ながら、ガッチリしたい体格から繰り出される打球の凄みで、高校球界を代表する強打者として注目されている 浅田 翔吾 。イメージ的には、平田 良介(中日)を彷彿とさせるタイプといった気がします。


走塁面:
☆☆☆ 3.0

 一塁までの到達タイムは、右打席から4.3秒前後。これを左打者に換算すると、4.05秒前後に相当するタイム。適度に動ける走力はありそうだが、打順などの役割の関係で現在はそれほど走力を全面に出してくるわけではない。現状は、中の上 ぐらいの脚力とみておくのが無難なのかと。

守備面:
☆☆☆ 3.0

 打球への反応、落下点までの入りやキャッチングなどは、可もなく不可もなしといった感じで、下手な選手ではありません。旧チームではライトを守っていましたが、秋の新チームでは中堅手として出場。夏の甲子園で見た時は、肩は平凡かなと思ったのですが、試合前練習の模様を見る限り、中の上 ぐらいの肩はあるのかなといった感じはしました。一応プロフィールでは、遠投110メートルとのことで。来夏までには、守備も更に磨きがかかってくるのではないかとみています。

 現状、驚くような走力や守備を魅せるわけではありません。それでもプレーに雑なところはありませんし、能力を出し惜しむようなタイプでもありません。そういった意味では無難ではありますが、丁寧にやっていて好感が持てる選手ではあります。





(打撃内容)

 すでに、高校通算30本以上を放ち、右にも左にも打ち返すことができます。特にホームランは、レフト方向に巻き込んだ時に多いようです。

<構え> 
☆☆☆★ 3.5

 ほぼ両足を揃えたスクエアスタンスですが、前の足のカカトを浮かして構えます。グリップを高めに添えた強打者スタイルで、背筋を伸ばしつつ両眼で前を見据える姿勢や全体のバランスは並ぐらいでしょうか。打席では集中力を感じさせ、強打者としての雰囲気がプンプンとして来る感じです。

<仕掛け> 遅すぎ

 重心が下る時につま先立ちして、再度本格的に動き出すのはリリース直前という「遅すぎる仕掛け」を採用。日本人のパワーやヘッドスピードを考えると、木製バットでこのタイミングで始動するのは正直厳しいかなと思える部分はあります。ただし、彼のような尋常ではない体の強さがあるので、壁に当たるまではこのスタイルで良いのではないのでしょうか。

<足の運び> 
☆☆☆ 3.0

 小さく足を上げて、ベースから離れた方向にアウトステップしてきます。始動~着地までの「間」は短いので、狙い球を絞り、その球を逃さないことが求められます。アウトステップするように、内角への意識が強いのではないかと。踏み込んだ前の足はしっかり止まっているので、甘めの外角球や高めの球ならば、右方向にも打ち返すことができそうです。

<リストワーク> 
☆☆☆ 3.0

 あらかじめ「トップ」に近い位置にバットを引いて構えているので、速い球に立ち遅れる心配はありません。構えた時には力みは感じませんでしたが、グリップをあらかじめ引きすぎるとリストワークに遊びがなくなり、柔軟性が損なわれる恐れがあるので注意したいところです。

 バットの振り出しは、けしてインサイドアウトに出てくるタイプではありません。内角の球に対しては、アウトステップするのも相まって素直にバットが出てくる感じ。外角の球には、少し遠回りにバットがまわってきます。それでもインパクトの際には、ヘッドが下がらず広い面でボールを捉えられています。外角の球に対しては、それほど打球に角度が付くタイプではないのかもしれません。

 それでも大きな弧を描きつつ、パワフルなスイングを魅せます。まともに捉えれば、ピンポン玉のように打球が飛んでゆきます。

<軸> 
☆☆☆☆ 4.0

 足の上げ下げは小さいので、目線の上下動は小さめ。体の「開き」も我慢できていますし、軸足にも強さと安定感があります。これがひとつ、強烈な打球を生み出す原動力になっています。

(打撃のまとめ)

 引っ張った時の打球には距離はでますが、右方向への打球ではオーバー・フェンスできるのかは微妙です。そういった意味ではパワフルですが、天性のスラッガーなのかどうかは疑問が残ります。打打者としてのイメージとしても、平田良介タイプと見るのが合っているのかもしれません。


(最後に)

 体は小柄なのですが、守備・走力とのバランスは取れているので、高校からの指名の可能性は高いのではないかと見ています。ただし、この体格なのも加味すると、上位指名されるのかと言われると今のところはどうなのかなと思える部分はあります。体格をものともしないぐらいの、圧倒的なパフォーマンスをぜひ魅せて頂きたいものです。


(2021年秋 香川大会)