21sp-11





小孫 竜ニ(25歳・鷺宮製作所)投手の個別寸評へ







小孫 竜ニ(24歳・鷺宮製作所)投手 179/85 右/右 (遊学館-創価大出身) 
 




 「明らかにパワーアップ」





 創価大時代は140キロ前後ぐらいで、球速面で物足りないものが残った 小孫 竜ニ 。しかし今や、常時145~150キロ台前半を連発する真っ直ぐは、実に力強く変わっている。物足りなかった球威・球速面は、今や完全に払拭されているとみて良いだろう。


(投球内容)

体格もガッチリとしており、堂々としたマウンドさばきになっていました。

ストレート 145キロ前後~MAX151キロ 
☆☆☆★ 3.5

 この夏の都市対抗予選では、立ち上がりから150キロ台を連発。しかし、力みからか? ボール全体が高かった。しかし2イニング目ぐらいからは、力が抜けて球筋も徐々に改善。基本的に真っ直ぐの制球力は、やや抜け球もあってアバウトな印象。空振りを誘うというよりは、勢いのある真っ直ぐを魅せつつ、詰まらせるタイプの球質だといった感じです。

変化球 スライダー・フォーク・ツーシームなど 
☆☆☆★ 3.5

 曲がりながら沈むスライダーのブレーキが良く、この球を中心に変化球は投げ込んできます。他にもチェンジアップような球や、右打者の内角には微妙にシュート、左打者の内角にはカット気味な球を意図的に投げているように見えます。またフォークのような球もあるのですが、見極められてしまい手を出してもらえないことも多いようです。そのため現状は、真っ直ぐとスライダーとのコンビネーションに、微妙に動かす球で打たせて取るピッチングスタイルなのではと。

その他

 非常に鋭いターンの牽制を、執拗に入れてきます。またクィックも、0.95~1.0秒と高速。容易には、なかなか次の塁を狙えません。ベースカバーなどの入りも良く、投球以外の部分はしっかりできています。それほど細かい駆け引きや、微妙な出し入れなどをしてくる感じはないのですが。

(投球のまとめ)

 ボールの力・球速という意味では、今や社会人でも上位の先発投手かと。細かい部分での粗さは残しますが、今ならば指名を意識できるところまで来ている気がします。元々はセンスが勝ったタイプだったのですが、社会人の2年間で課題と向き合い克服して来た姿勢は評価できます。次は、フォームの観点から考えてみたいと思います。


(投球フォーム)

 セットポジションから、足を勢い良く高くまで引き上げて来るリリーフタイプの入り方。軸足の膝から上がピンと伸び切って力みは感じられるのですが、高く足を引き上げることでバランスは適度に保った立ち方になっています。

<広がる可能性> 
☆☆★ 2.5

 お尻の一塁側への落としは甘く、身体への捻り出すスペースとしては充分ではありません。カーブやフォークが投げられないほどではないと思いますが、どうしてもブレーキや落差は鈍りがちかと。

 それ以上に気になるのは、「着地」までの地面の捉えがあっさりとして粘りを感じないこと。したがって身体を捻り出す時間が充分ではなく、キレや曲がりの大きな変化球の修得には適しません。スライダーのキレは悪いとは思いませんが、基本は高速で小さな変化を中心にピッチングの幅を広げてゆくタイプかと。

<ボールの支配> 
☆☆☆★ 3.5

 グラブは最後まで内に抱えられており、外に逃げようとする遠心力は内に留めることができています。したがって軸はブレ難く、両サイドへの投げ訳は安定しやすいかと。しかし足の甲での地面の捉えが少し浮きがちなので、力を入れて投げるとボールが抜けたり高めに集まりやすい欠点があります。そのため少し力を抜いた140キロ台中盤ぐらいの方が、球筋は低めに集まって制球は安定します。「球持ち」は良く前で放せているので、ある程度ボールは手元で制御できているようには見えます。

<故障のリスク> 
☆☆☆ 3.0

 お尻が落とせないフォームなので、カーブやフォークなど捻り出して投げると窮屈になりがち。しかしその頻度は少ないので、そこまで肘への負担が大きいといったことはないと考えます。

 腕の送り出しを見る限り、肩への負担は少ないのでは? しかし、結構な力投派ではあるので、疲労はそれなり溜まるのではないかと。今後登板過多になったり、フォークなどの頻度などが増えてきた時には、注意が必要ではないのでしょうか。

<実戦的な術> 
☆☆★ 2.5

 「着地」までの粘りが足りず、打者としては比較的タイミングは合わしやすいのでは? さらにボールの出どころもやや見やすそうなので、コースを突いた球が打ち返されたり、縦の変化などを振ってもらえない恐れはあります。それを逆手にとって、微妙に動く球を振らせるというピッチングになっています。

 腕は振れているようで、投げ終わったあと身体に絡んできません。そういった意味では、勢いで打者は吊られ難いのでは? しかしボールにはしっかり体重を乗せてからリリースできており、打者の手元まで力のあるボールが投げられています。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である、「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「球持ち」と「体重移動」は良いものの、「着地」と「開き」に課題があることがわかりました。制球を司る動作では、力を入れて投げるとボールが上吊りやすい点。故障のリスクは平均的で、将来的に空振りを誘うような変化球の修得よりも、ボールを微妙に動かしたり球威のある球で詰まらせるのが持ち味になると考えます。フォームとしては、良い部分と悪い部分が同居しており、どっちの面がプロで出てくるかでも変わってくるのではないのでしょうか。


(最後に)

 大学・社会人の右投手が不足している今年のドラフトでは、貴重な実力者にランクインされてくるのではないのでしょうか。多少の危うさは感じなくもないのですが、このレベルの選手をスルーするほど人材は豊富ではありません。今の投球ならば、中位ぐらいは充分狙える位置にいるとみて良さそうです。都市対抗予選や本戦でn活躍が、今最も注目される存在ではないのでしょうか。


蔵の評価:☆☆ (中位指名級)


(2021年 都市対抗予選)









小孫 竜ニ(遊学館)投手のレポートへ(無料)