21ky-4





阪口 樂(岐阜第一)投手&一塁手の最終寸評へ








阪口 樂(岐阜第一2年)投手兼一塁手 187/90 右/左 





 「まさにオオタニ~サン」





 スラッとした長身体型から、外角のストレートを空高く打ち上げてホームランする姿は、メジャーリーガー・大谷 翔平(エンゼルス)の打球をみているような 阪口 樂 。この選手の秘めたる潜在能力は、一体何処にあるのか?


(守備・走塁)

 投手としては、最速143キロ。しかし、投球を観ていると変化球の割合が多く、ストレートも130キロ台という感じで将来性では断然野手。投手として、ある程度肩が強いことは間違いないと思うが、守備勘がどの程度かは正直わからない。それも投げないときは一塁を守っており、将来的に野手に専念させたらどうなるのかは見えて来ない。

 また走力に関しても、計測するよう機会がなかったのでよくわからなかった。走力があるないに関わらず、あまり足を売りにするようなプレースタイルには見えないのだがどうなのだろう? 





(打撃内容)

 流した打球はを空高く舞い上がる感じならば、引っ張った打球はライナーでスタンドまで突き刺さる感じ。2年秋の東海大会こそ無安打に終わったが、柔らかいバッティングで脆さは感じられなかった。

<構え> 
☆☆☆★ 3.5

 前の足を軽く引いて、グリップは下げ気味にリラックスして構えています。腰の据わりはさほどではないものの、背筋を伸ばしつつ両眼で前を見据える姿勢や全体のバランスとしてはそれなりといった感じです。力み無く、自然体に構えられているのは良いのではないのでしょうか。

<仕掛け> 遅すぎ

 投手の重心が下る時にベース側につま先立ちし、本格的に始動するのはリリース直前という「遅すぎる仕掛け」を採用。日本人の筋力やヘッドスピードを考えると、木製バットでプロの球をさばくのには始動が遅すぎるのではないかと心配になります。それでも、150キロ台をその日連発していた 加藤翼(帝京可児)のストレートをスタンドインしたように、速い球に対応するのが苦手なわけでは無さそうです。

<足の運び> 
☆☆☆ 3.0

 足をほとんど上げずに、真っ直ぐ踏み出してきます。始動~着地までの「間」が取れないので、狙い球を絞りその球を逃さないことが求められます。真っ直ぐ踏み出すように、内角でも外角でもさばきたいタイプなのではないのでしょうか。

 またステップが狭めなので、引っ張って巻き込むのには腰の回転を促して良いのでしょう。しかし、ボールを長く見るということではどうでしょうか? それでも踏み込んだ前の足は、インパクトの際になんとくブレずに我慢。外角の球や逃げてゆく球に対しても、開きを我慢して対処することはできそうです。

<リストワーク> 
☆☆☆★ 3.5

 打撃の準備である「トップ」を作るのは早めに作れており、速い球に立ち遅れず始動の遅さを補っていました。ただし、「トップ」自体はきっちり作れて振り出すわけではないので、タイミングが上手く取れているのかは微妙な気はしました。振り出しは、外角の球にもある程度振り下ろすような感じのスイングで、ボールの下を叩くので打球に角度が付くのだと考えられます。そのことにより、払うようなスイングでも空高く舞い上がるのではないかと。

 けしてスイングの弧を大きく取っているとか、フォロースルーを上手く使って打球を運んでいるわけではないように感じます。逆に引っ張った打球は、広い面でボールを捉えているのでライナー性で飛んで行きます。さほど力感のあるスイングではないのですが、あれだけの飛距離を出せるのは、ポテンシャルのなせる技なのでしょう。

<軸> 
☆☆☆★ 3.5

 足の上げ下げがほとんどないので、目線の上下動がほとんどないのは非凡です。それだけ、錯覚を起こすなか球筋を追えるので。また身体の開きもなんとか我慢できているのですが、ステップが狭いせいか? 足元が窮屈に見えて打撃に幅をあまり感じられません。軸足の居場所がないので形もいびつになっており、きっちりしたスイングがし難いのではないかと。

(打撃のまとめ)

 始動が遅すぎたり、「トップ」をしっかり作れないで振り出すので、タイミングが図るのはあまり上手くないように感じます。下半身はなんとか開かずに我慢はできているものの、ステップが狭いことで長くボールが観られません。それでもバットの振り出しにはロスがなく、ボールに角度をつけて飛ばすテクニックは天性のものがあります。現状は、打てる球と打てない球がハッキリしている可能性があります。現時点ではまだまだ技術だとは思いますが、それでもある程度結果を残せてしまうのは、この選手の潜在能力の高さなのではないのでしょうか。


(最後に)

 守備・走塁・打撃に関しても、実際どの領域に現在あり、何処らへんまで到達しそうなのかは正直まだ全然見えてきません。ただ今言えることは、かなりの能力を秘めているのではないかということ。しかし技術に裏打ちされているというよりは、感覚的なものでやっているのではないかと感じます。それ故に、それが崩れた時に修正するのには時間がかかるタイプかもしれません。現時点では、この世代の中で突き抜けた才能は持っているかもしれないけれど、関西でハイレベルな相手に揉まれてきた 前川(智弁学園)や徳丸(智弁和歌山)のような、洗練されたものはないように感じます。そこを魅力と感じるのか、まだ経験不足とみるかは、この一年の彼のプレーを観てゆく中で判断して行けたらと思っています。いずれにしても、全国で5本の指には入るであろう、強打者であるのは間違いないのではないのでしょうから、ぜひ一度生でみてみたい選手です。


(2020年夏 岐阜大会)