21kp-3





松浦 慶斗(大阪桐蔭3年)投手の最終寸評へ







松浦 慶斗(大阪桐蔭3年)投手の選抜寸評へ







松浦 慶斗(大阪桐蔭2年)投手 186/96 左/左 





 「ドラフト1候補」





 
2年秋の秋季大会では、やや調子を崩していた感じだった 松浦 慶斗 。しかし、186/96 のガッチリした体格から投げ込むサウスポーは、まさに秋のドラフト会議の有力な1位候補の一人だと言えよう。


(投球内容)

 それほど躍動感あふれるフォームではないが、ワインドアップから大きく振りかぶって投げ込んでくる。近畿大会の天理戦の模様をみたが、立ち上がりはやや投げ急いで制球を乱していたものの、徐々に落ち着きを取り戻しテンポや制球も改善されていった。

ストレート 常時140~150キロ ☆☆☆★ 3.5

 先発だと、常時140キロ台を越えてくる感じで、速い球で140キロ台中盤ぐらいだろうか。両サイドに淡々とボールを投げ分けるコントロールはあるものの、ストレートそのもので空振りを誘うことは少ない。この投手の持ち味は、両サイドに丹念にストレートを集めてくるコマンドの高さということなのかもしれない。

変化球 スライダー・チェンジアップ ☆☆☆ 3.0

 スライダーも、カウントを整えるためにストライクゾーンに入れてくるものと、ボールゾーンに切れ込んで空振りを誘うものを使い分けている感じ。他にはチェンジアップのような球も確認できたが、スプリットやフォークが持ち球なのだという。またたまに、緩いカーブも使ってくる。しかし現状は、速球とスライダーとのコンビネーションであり、やや単調な印象を受ける。またストレート以上に、まだ変化球のコマンドは低いのではないかという気がするのだ。

その他

 ランナーを出すとじっくりとボールを持ち、クィックは1.05~1.10秒で投げ込むなどまずまず。フィールディングの動きは良く積極的に捕りにゆくのだが、投げ急いでミスをしないか心配。牽制は、たまにそれほど鋭くないものを投げてきたりする。経験豊富な投手ではあるが、結構気持ちが勝って冷静さを欠くタイプなのかもしれない。

(投球のまとめ)

 現状は、まだ打者を圧倒するほどのストレートを投げ込んできているわけではない。それほど空振りの取れない真っ直ぐを、両コーナーに散らせて打たせてとる。また変化球はスライダーが中心で、際立つ精度・キレはない。そういった意味では、ちょっと 寺島 成輝(履正社-ヤクルト1位)的な投手なのかもしれない。


(投球フォーム)

 今度は、フォームの観点から今後の可能性について考えてみたい。ワインドアップからゆったり投げ込んで、高い位置まで足を引き上げて来る。軸足の膝はピンと伸びがちだが、全体のバランスとしては並ぐらいだろうか。

<広がる可能性> ☆☆☆★ 3.5

 引き上げた足を比較的高い位置でピンと伸ばしており、お尻の三塁側(左投手の場合は)への落としは悪くなく、身体を捻り出すスペースをある程度確保できている。しかし「着地」までの地面の捉えは平均的で、身体を捻り出す時間は並ぐらい。どうしてもこうなると、曲がりの大きな変化球の習得が厳しくなり、変化球を武器にし難いという傾向になりやすい。将来的に、速球以外でいかに武器になる球を身に付けて行けるだろうか?

<ボールの支配> ☆☆☆☆★ 4.5

 グラブは最後まで内に抱えられており、外に逃げようと遠心力を内に留めることができている。軸がブレ難く、両サイドの投げ訳はしやすい。また足の甲の地面への捉えも悪くなく、ボールが高めに抜けるのを防いでいる。ただし「球持ち」が悪いわけではないものの、まだボールを押し込めるまでには至っていないので、球が低めに行き難い。ここを改善できれば、両サイドだけでなく、高低でも勝負できる広がりを持つ。

<故障のリスク> ☆☆☆☆★ 4.5

 お尻の落としもそれなりな上に、カーブやフォークなどの球種をあまり使ってこない。そのため窮屈にはなり難く、肘への負担は少ないのではないかと考えられる。また腕の送り出しを観ていても、無理がなく肩への負担も少なそう。力投派でもないので、疲労も溜めやすいということは無さそうだ。

<実戦的な術> ☆☆☆ 3.0

 「着地」までの粘りが平均的で、打者としてはタイミングを合わせるのは苦にならないだろう。それでもボールの出どころは隠せているので、球筋がいち早く読まれるということは無さそう。

 腕も適度に振れて勢いはあるので、打者の空振りを誘っても不思議ではない。ただし球質が、それほど手元でキレるとかグ~ンと伸びるわけではないので、思ったほど三振は奪えていない。その最大の理由は、まだ充分に体重を乗せてからリリースできておらず、打者の手元までグッと迫ってくる感じの球ではないから。このへんは、もう少し「着地」までの粘りを意識して、「体重移動」を促すフォームにして来ることで変わってきそうだ。股関節の柔軟性を養い、下半身を強化して下をもっと使えるフォームにしたい。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「着地」と「体重移動」にもう少し工夫が欲しいところ。コントロールを司る動作と故障のリスクが低いのは素晴らしいが、もう少しボールを押し込めるようになることと、武器になる変化球をいかに見出して行けるかではないのだろうか。


(最後に)

現状はまだ、ただ速い球を両サイドに散らせて来るだけといった感じで、投球に奥行きは感じられない。高校生左腕だから、それでも高く評価されるだろうが、プロを想定すると投球に幅が出てこない伸び悩むだろう。この一年は、それができるかに懸かっている。そこは、本人の意識と努力をの部分で、結果に結びつけるセンスや想像力が求められることになりそうだ。それが伴ったときには、文句なしの1位指名で競合することになるのではないのだろうか。


(2020年 秋季近畿大会)