21kp-10





竹山 日向(享栄3年)投手の最終寸評へ







竹山 日向(享栄2年)投手 181/83 右/右 
 




 「スケールありそう」





 今年の東海地区でも、個人的に期待しているのが、この 竹山 日向 。今年の享栄には140キロ台を連発できる投手が複数いるのだが、その中でも最もスケールを感じさせてくれるのがこの投手だ。


(投球内容)

 ランナーがいなくても、セットポジションから投げ込みます。骨太な体格から、ゆったりとしたモーションから投げ込んでくる本格派。

ストレート 140~MAX147キロ ☆☆☆ 3.0

 空振りを誘うようなグ~ンと手元まで伸びるとか、身体の近くでピュッと切れるような球ではありません。球威があって、相手のバットを押し戻すようにして詰まらせるのが特徴です。良く言えば力がある、悪く言えば球質がもう一つとも言えなくはありません。というのは、結構コントロールがアバウトで、高めに甘く浮いた球を打たれるケースが多いから。そういった部分が、素材は良いけれど圧倒的ではない要因ではないかと。

変化球 スライダーなど ☆☆★ 2.5

 大きく横に曲がるスライダーを多く混ぜてきて、この球でカウントを整えられます。他にもフォークがあるようですが、投球を確認する限りよくわかりませんでした。恐らく現時点では、頼れる変化球はスライダーのみではないのでしょうか。

その他

 クィックは1.1秒前後とまずまずで、牽制は軽めのものしか確認できませんでした。ランナーを出塁させると、じっくりボールを持って、打者や走者を焦らします。普段からゆったり「間」を意識して投げるなど、けして力だけでねじ伏せているわけでは無さそうです。

(投球のまとめ)

 ゆったりとした投球には、素材としての奥行きだけでなく投手としてのセンスも感じさせます。ただ現状は、コントロールがアバウトだったり、変化球がスライダー中心で、幅が狭い感じはします。そのへんが、一冬越えてどう改善されるかで、高校からのプロ入りの有無が変わってくるのではないのでしょうか。そういった今後の可能性について、フォームを分析して考えて行きます。





(投球フォーム)

 セットポジションから、静かに足を高い位置まで引き上げてきます。軸足一本で立った時には、膝に力みは感じられずバランス良く立てています。

<広がる可能性> ☆☆☆ 3.0

 引き上げた足をピンと伸ばし切らず重心を下げてくるので、お尻はバッテリーライン上に落ちてしまっています。そのため身体を捻り出すスペースは確保されず、カーブやフォークといった球種には適さないか、無理のある形になるのではないかと心配にはなります。

 「着地」までの粘りはそれなりで、身体を捻り出す時間はそこそこ。スライダーやチェンジアップに、高速で小さな変化を中心に、ピッチングの幅を広げてゆくことになるのではないのでしょうか。しかしながら、空振りを誘うような決め手のある変化球を習得できるかは微妙ですが。

<ボールの支配> ☆☆☆★ 3.5

 グラブは内に最後まで抱えられており、外に逃げようとする遠心力を抑え込めています。故に、両サイドへの投げ分けは安定しやすいのでは? また足の甲でも地面を捉えられているように見えるのですが、ボールは全体的に高めに浮きやすいのは気になります。それは、リリースのときにボールがまだまだ押し込めていないのかもしれません。一冬越えて、リリースも安定して来ると変わってくることが期待できます。

<故障のリスク> ☆☆★ 2.5

 お尻が落とせないので、持ち球がフォークというのは気になります。捻り出すスペースが確保できずにフォークなどを投げてしまうと、窮屈になって肘などへの負担が大きいから。しかし投球を見る限りは、フォークの割合は少なそう。今後フォークボーラーなどになった時には、かなり身体のケアには注意したいところ。

 腕の送り出しも、ボールを持っている肩が上がりグラブを持っている肩が下がるような投げ方なので、肩への負担も感じます。けして力投派ではないので疲労は溜め難いとは思いますが、肩・肘へのケアには特に注意して欲しいフォームです。

<実戦的な術> ☆☆☆☆ 4.0

 「着地」までの粘りはそれなりで、けして合わされやすいフォームではありません。ましてボールの出どころも隠せているので、打者としては見えないところから、ドスーンと来る感じで振り遅れやすい。あとは、コントロールミスをしなければ痛手喰らい難いのではと。

 腕は強く振れており勢いはあるので、良い変化球を習得できれば空振りも誘いやすいのでは? ボールにも適度に体重を乗せてからリリースできており、重い球は投げられている。しいて言えば、投げ終わったあとに一塁側に重心が流れる。これは、ステップが狭く強い上半身の振りに下半身が負けてしまい、エネルギーをダイレクトに伝えきれていないから。このへんが修正されると、もっと打者の手元まで来るような感じのボールが投げられるのではないのだろうか。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち「開き」「体重移動」では、「体重移動」に改善の余地が残され球質に影響している。制球を司る動作はリリースが安定してくれば改善されそうで、あとは球種を増やしピッチングの幅を広げたり、負担の大きなフォームといかに向き合って行けるかではないのだろうか。


(最後に)

 すでに最速で147キロを記録するまでになっており、一冬越えた成長次第では150キロ台の大台も最終学年では期待できるであろう。投手としてのセンスも悪くないし、肉体的な余力に馬力も感じさせる好素材。今後の成長次第では、いっきに上位候補に浮上してきてもおかしくはない。果たしてどのような形で、春季大会に登場して来るのか? その日は、もうすぐそこにきている。


(2020年 秋季愛知大会)