21dy-14





古賀 悠斗(中央大4年)捕手の個別寸評へ








古賀 悠斗(福岡大大濠3年)捕手 175/73 右/右 
 




 「だいぶ捕手らしくなってきた」





 2年秋に捕手に転向し、神宮大会では強肩・強打の捕手としてプロからも注目されるようになっていた 古賀 悠斗 。秋までは、肩が強い、良いところで打つ という部分では優れていたが、ひと冬越えてだいぶ捕手としてのプレーが板についてきた。


(ディフェンス面)

 捕手経験が浅いからこそ、丁寧にプレーしようという姿勢が感じられます。それほどミットをしっかり示したりはしないのですが、低めの球を捕りにゆくときには素早くミットが下から出てきます。ボールの押し込み等に強さは感じられませんが、総じてキャッチングに雑なところは見られません。また投手への返球も、ちゃんと1球1球立って投手に返しますし、テンポの良いリードを心がけていても、そういった部分が雑にならないところは良いところ。

 リードに関してはまだまだ勉強が必要ですが、筋は悪く無さそう。二塁までのスローイングは、1.9秒前後を記録。捕ってからも速いですし、九州の捕手らしく地肩も強い。そして、制球も安定しています。プロの指導者がつけば、まだまだ資質を伸ばせるでしょう。ことディフェンスに関しては、充分プロを意識できる素材です。


(打撃内容)

 センター方向中心に鋭くはじき返しますが、時にはスタンドインできるパンチ力を秘めます。

<構え> 
☆☆☆★ 3.5

 少しクロス気味に立ち、グリップは高めに添えます。腰の据わり具合、全体のバランスとしては良いのですが、両眼で前を見据える姿勢には癖があります。打球をセンターから右方向と割り切っているのであれば、これでもありだと思います。

<仕掛け> 遅め

 一度ベース側につま先立ちし、投手の重心が前に移動する段階で動き出す「遅めの仕掛け」を採用。ボールできるだけ引きつけてから動き出す、長距離打者に多く観られる仕掛けです。ただし彼のプレーを観ている限りは、長距離打者という感じはしません。

<足の運び> 
☆☆☆★ 3.5

 足を軽く上げて、ベース側に踏み出すインステップを採用。始動~着地までの「間」はないのですが、狙い球を絞ってその球を逃さない打撃が求められます。ベース側に踏み出すように、外角への意識が強いよう。踏み出した足元はブレないので、逃げてゆく球や低めの球にも食らいつくことができます。

<リストワーク> 
☆☆☆★ 3.5

 打撃の準備である「トップ」の形は早めに作れており、始動の遅さを補うことができています。バットの振り出すは、インパクトまで少し遠回り。それでもポイントを後ろにして、センターから右方向への打撃を重視しているようです。ボールを捉えるときは、バットの先端が下がらず、広い面でインパクト。打ち損じの少ない、確実性のあるスイングができています。

<軸> 
☆☆☆☆ 4.0

 足の上げ下げは静かで、目線の上下動が少ないのが特徴。身体の開きも我慢でき、軸足も地面からまっすぐ伸びてキレイに回転できています。調子の波も、比較的少ないタイプではないのでしょうか。

(打撃のまとめ)

 物凄く長打力があるとか、コンタクトする能力が図抜けているという凄みは感じられません。しかし捕手だということを考えると、一定の打力はあり高校からドラフト指名されるレベルには、あるのではないのでしょうか。プロの環境になれれば、チームの下位打線ならば、仕事を果たす可能性を秘めています。


(最後に)

 攻守に凄みこそ感じられないので、上位指名云々という素材ではないでしょう。しかし捕手経験が浅い割には、しっかり基本ができていること。打撃・地肩などの素材も許容範囲内であり、総合力で高校からのプロ入りを意識できる素材だと思います。特に身体能力にかまけて粗っぽい捕手が多い九州の球児では珍しく、雑なところが見られないところは好感。期待して、今後も見守って行きたい選手でした。


蔵の評価:
☆☆ (中位指名級)


(2017年 選抜)