20sp-14





石田 駿(23歳・BC栃木)投手の最終寸評へ








石田 駿(23歳・BC栃木)投手 180/70 右/右 (静清高校→九州産業大出身) 





 「新星現る」





 NPBに続けとばかりと開幕した、全国の独立リーグ。その中から、全くの無名の新星が現れた。その男の名前は、石田 駿 。強豪・九州産業大時代出身とはいえ、大学時代は全く無名の存在。独立チームで、その才能が花開いた形となった。


(投球内容)

フォーム自体は、静かに足を引き上げて投げ込んでくるサイドハンド。

ストレート 常時140キロ台後半~MAX152キロ 
☆☆☆☆★ 4.5

 公式戦初登板となったBC茨城戦では、全て140キロ台後半を記録し最速149キロまで到達。開幕前の練習試合では、152キロを記録したという。その球速以上に驚かされるのが、ボールの勢い。球速表示よりも5キロ程度は速く感じさせるような、素晴らしい勢いを誇っている。僅か1イニングでの登板だったので、細かい部分はわからない。全体的にボールは高いものの、四死球で自滅するような危うさは感じられなかった。独立リーガー達では、なかなかバットを当てるのも容易では無さそうだった。

変化球 スライダー・シンカー? 
☆☆☆ 3.0

 ほとんどは速球だったので、変化球の精度・キレはよくわからず。恐らく一球はスライダーが抜けた感じの球で、もう一つはシンカーがしっかり低めに落ちていた。このシンカーの落差は良さそうだったので、安定して投げられるようになると大いなる武器に。

(投球のまとめ)

 まぁ今回の観戦だけでは、細かいコントロール・制球力・投球術といったところは充分わからなかった。しかしこの試合を観る限りは、制球力はそこまで荒れ荒れではなかった。そして何より、ストレートの勢いは本物だということ。


(投球フォーム)

 今度は、フォームの観点から可能性を考えてみたい。ただし、サイドなので通常の上手投げの理論が当てはまり難いのはご了承願いたい。足を静かに引き上げ、軸足一本で立った時には膝に余裕がありバランス良く立てていた。

<広がる可能性> 
☆☆ 2.0

 サイドハンドというフォームの構造上お尻はバッテリーラインに落ちがちになってしまうのは致し方はなく、カーブやフォークといった球種には適さない投げ方。「着地」までもあっさり地面を捉えるので、身体を捻り出す時間は充分ではない。そういった意味では、今後武器になるほどの変化球の習得ができるのかは微妙な感じはする。しかし、試合で投げていたシンカーの落差は悪くなかった。

<ボールの支配> 
☆☆ 2.0

 グラブは後ろに抜けていて最後遊んでしまっていたが、元々縦推進のフォームなのでグラブが遊んでいても軸はあまりブレないのかもしれない。むしろ足の甲が地面から浮きがちで、ボールが上吊りやすい。球離れも早い感じなので、細かい制球力を期待するのは厳しそう。この試合を観る限りは、そこまでコントロールは悪くなかったが。

<故障のリスク> 
☆☆☆★ 3.5

 お尻は落とせないものの、カーブやフォークといった球種も見られない。窮屈になる機会も少なく、肘への負担は少ないのかもしれない。また腕の送り出しを見る限りは、肩への負担も少なそう。ただしサイド特有の負担のかかる部分はあるので、故障には充分注意して欲しい。

<実戦的な術> 
☆☆☆ 3.0

 「着地」までの粘りがなく、イチ・ニ・サンでタイミングが合わされやすそう。しかしわかっていても当てられないほど、ボールの勢いは素晴らしい。また「球持ち」自体はある程度隠せているので、球筋が読み難いというのはあるのではないのだろうか。

 腕の振りは非常に強く、速球と変化球の見極めは難しいかも。ボールにしっかり体重を乗せてからリリースできているかは微妙なフォームなのだが、これだけ手元までボールが来ていれば問題はないだろう。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、もう少し「着地」までの粘りが欲しいかなといった感じはする。それでもコントロールを司る動作の割には荒れ荒れには見えないし、故障のリスクも高くはないのでどんどん新しい球種や技術には取り組んで吸収して行けそうだ。


(最後に)

 これだけのボールが維持できれば、BCリーグでも相当な成績が残せるのではないかと期待する。しかし大学時代の実績などに欠けるだけに、年間を通してどのぐらい好調を維持できるのかは未知数。しかしボールだけ見れば・充分に本会議で指名されるだけのものがある。ドラフト戦線に、ニュースターが誕生した瞬間だった。


(2020年 シーズン)