20sp-11





川瀬 航作(22歳・新日本製鉄広畑)投手の本当に凄いやつへ








 足を大きく引き上げて腕も遠回り出てくる感じの、独特のフォームをしているサイドハンド。球速は140キロ前後と驚くほどではないのだが、足が結構タイミングを取るのに邪魔で、ボールも荒れ球で的が絞りにくい。

 それでいて身体近くで小さく曲がるスライダーのキレがあり、高速で小さく沈むスプリットも厄介。大学からプロといったタイプでないと思うが、打者としては嫌な投手なのではないのだろうか。社会人などで、さらに球威・球速が増して来ると面白い存在になりそうだが、ひょっとしたらこの嫌らしさを高く買う球団があってもおかしくはない。

(2018年 大学選手権)

 サイドから140キロ前後(MAX144キロ)のボールを投げ込み、スライダー・シンカー系のボールを織り交ぜてくる。こちらも今春のリーグ戦で、6勝0敗 防御率 0.98 の好成績を残し安定し、特に右打者にも左打者にも内角を厳しく突く投球に特徴。実戦派のサイドとして、来年の候補に上がってくるかもしれない。

(2017年 大学選手権)