20ky-36





山本 大斗(開星3年)中堅手の最終寸評へ








山本 大斗(開星2年)外野 180/88 右/右 





 「田部に続け」





 昨年DeNAに指名された 田部 隼人 に続いて、開星からプロ入りを狙えそうなのが、大型外野手の 山本 大斗 。今年の島根の中でも、最もプロに近い存在だと言える選手ではないのだろうか。


(守備・走塁面)

 一塁までの塁間は、右打席から4.3秒強ぐらい。これを左打者に換算すると、4.05秒強ぐらいなので、プロに混ぜても 中の上 ぐらいの脚力になる。そのため足を売りにするかは微妙だとしても、足を引っ張るような脚力ではないということ。

 また打球へ反応・落下点までの入りもまずまずといった感じで、送球の形も悪くない。肩も基準レベル以上はありそうで、その辺はもう少し観てみないと良くわからない。 守備・走力・肩 なども 中~中の上 ぐらいはありそうな素材だった。


(打撃内容)

 旧チームでも3番を任されており、打球の速さが際立っていました。打球はどの方向にも鋭く打ち返しますが、基本引っ張って巻き込むのを得意にしています。うまく巻き込めたときには、打球が上がって左中間スタンドに叩き込む長打力があります。

<構え> 
☆☆★ 2.5

 両足を揃えたスクエアスタンスで、グリップを捕手側に引きながら平均的な高さで添えられています。センターカメラからみても背番号がはっきり読み取られるように、構えた時からクローズスタンスのような形をつくっています。そのため、両眼で前を見据える姿勢や全体のバランスとしてはイマイチ。特にセンターから右方向に打ち返す意識が徹底されているのであればありだと思いますが、打球は引っ張ることが多い打者なので引っ掛けることも多そうです。

<仕掛け> 平均的

 投手の重心が下る切ったところで動き出す、「平均的な仕掛け」を採用。ある程度の確実性と長打力をバランス良く兼ね備えた、中距離打者や勝負強さを売りにするポイントゲッターに多く観られる仕掛けです。

<足の運び> 
☆☆☆★ 3.5

 足を軽く上げて、ベース側にインステップして踏み込んできます。始動~着地までの「間」はそこそこで、速球でも変化球でもスピードの変化にはそれなりに対応。タイミングの図り方などをみると、ごく平均的な打者なのかなといった感じがします。

 ベース側に踏み出すように、外角を強く意識したスタイル。この選手は、元来腰が早く開いてしまうタイプなので、それを防ぐ意味でも踏み込むことで防ごうという意味合いが強いようです。ようは、外角が好きというよりは外角の球も引っ張り込みたいという意志の現れではないかと。踏み込んだ足元は我慢できているので、意識次第では右方向にも打ち返すことはできていました。

<リストワーク> 
☆☆☆ 3.0

 打撃の準備である「トップ」の形は早めに作れており、速い球に立ち遅れないようにしています。しかし腰が早く開く割にバットは遠回りに出てくるので、内角も外角も甘めの球じゃないとさばけないのではないかと感じます。インパクトの際にはヘッドは上がってきているので、広い面ではボールは捉えられています。すなわちさばけるコースの球に関しては、打ち損じが少なく結果を残してくるタイプなのではないかと。

 スイングの弧は大きく強烈な打球を生み出す原動力になっており、けしてフォロースルーでボールを遠くに運ぶといった感じではないのですが、強烈な打球で野手の間を抜いてゆくタイプなのではないかと。

<軸> 
☆☆☆ 3.0

 足の上げ下げ小さいので目線の上下動は少なめも、やや自分からボールを追いかけてしまうところがある。身体の開きも我慢できているが、軸足の形がやや窮屈。このへんは、内角さばきなどにも影響するかもしれない。

(打撃のまとめ)

 タイミングのとり方は・合わせ方は平均的で、打てる幅も限られているのかな?といった印象は受ける。しかし打てるコースに対しては、打ち損じの少ないタイプではないかと。けして確実性が高いタイプには見えないが、打てる球を逃さず叩けるタイプであり、そういった部分では下級生でも目を惹くものがあった。


(最後に)

 体格・守備・走力・打撃とバランスは取れている選手で、どれが何か突出しているという感じではなかったものの、プロが好むタイプの右の強打者ではないのだろうか。どのぐらい凄みを増しているかはわからないが、順調に成長していれば貴重な右の強打者としてマークしている球団も少なくないだろう。夏の内容次第では、田部 隼人 に続いてのプロ入りを実現する選手ではないのだろうか。


(2019年夏 島根大会)