20kp-7





笠島 尚樹(敦賀気比3年)投手の最終寸評へ








笠島 尚樹(敦賀気比2年)投手 177/71 右/左 
 




 「指先の感覚が素晴らしい」





 2年夏の甲子園で、左打者の内角ギリギリのところを攻める絶妙なコントロールが圧巻だった 笠島 尚樹 。両サイドに投げ分ける指先の感覚は、今年の高校生でも屈指の技術があるのではないのだろうか。


(投球内容)

かなりサイドハンドに近い、スリークォーターです。

ストレート 常時140キロ前後~145キロ 
☆☆☆★ 3.5

 左打者の両サイドに、しっかり投げ分けることができるコントロールは安定している。そのため腕が下がり気味に出てくるフォームでも、左打者を苦にしないところが素晴らしい。また球質がズシリと重いので、甘く中に入ってきた球でも容易には打ち返されない球威がすでにある。

 しいて言えば、腕が下がって出てくるフォーム故に、右打者の内角へ投げようとするとコントロールが甘くなって真ん中近辺に入ってしまうことが少なくないこと。そのへんの投げミスが、大事な場面で裏目に出なければと思う部分はある。右打者には横の角度を活かせるので、どうしても打たれたくない時はあまり内角を突く意識を弱める慎重さも持ち合わせたい。

変化球 カーブ・スライダーなど 
☆☆☆★ 3.5

 変化球は、110キロ台の緩いカーブ。それに120キロ台のスライダーがほとんど。他にシンカー系の球もあるようだが、富島戦の模様を見る限りはよくわからなかった。しかしカーブにしてもスライダーにしても、ストレート同様に両サイドに散らすことができ、コマンドやキレにも優れている。あとは、シンカー系をうまく使えるようになれば、手がつけられなくなるのではないのだろうか。

その他

 クィックは、1.15秒前後と平均的。牽制やフィールディングについてはよくわからなかったので、今後のチェックポイントとしたい。しかしランナーが出てからも、落ち着いて投球ができている。精神的にも、揺らがないタイプなのではないかという印象は受けた。

(投球のまとめ)

 もう少し腕が下がっていましたが、元巨人の 斎藤 雅樹 を彷彿とさせるピッチングでした。今のコントロールとキレを維持しつつも、さらに全体の出力をあげ、シンカーの精度を高めて行けたら、とんでもない投手になるかもしれませんね。春季大会から、その動向が気になる存在です。





(投球フォーム)

 今度は、フォームの観点から考えて行きましょう。ランナーがいなくても、セットポジションから投げ込んできます。

<広がる可能性> 
☆☆☆★ 3.5

 サイドハンド気味なフォームでも、前に身体を折るのではなくお尻一塁側に沈ませるタイプのスリークォーターです。そのためカーブやフォークを投げるのにも、無理のないフォームではないのでしょうか。

 「着地」までの粘りも適度に作れており、身体を捻り出す時間もある程度確保できています。そのため曲がりの大きな、武器になる変化球の習得も可能なフォームではあります。

<ボールの支配> 
☆☆☆★ 3.5

 グラブは最後まで内に抱えられており、外に逃げようとする遠心力も抑えられています。そのため軸のブレが少なく、両サイドへのコントロールも安定しやすい特徴があります。

 足の甲がしっかり地面を捉えていないのですが、これは重心が高いからではなく膝小僧が先に地面を捉えているからだと考えられます。そのため浮き上がろうとする力を、けして抑えられていないわけではなさそうです。また「球持ち」も悪くなく、特に指先の感覚にはとても優れているように感じます。

<故障のリスク> 
☆☆☆☆ 4.0

 お尻を落とせるフォームなので、身体を捻り出すスペースが確保できており、カーブなどを投げても肘への負担は少ないと考えられます。腕の振りからしてフォークは適さないフォームだと思うので、シンカー系の球を上手く使って行きたいところです。

 腕の送り出しをみても無理はなく、肩への負担も少ないのではないかと考えています。さほど力投派でもないので、疲労を溜めやすいとかいうことも無さそうです。

<実戦的な術> 
☆☆☆☆ 4.0

 「着地」までの粘りも適度に作れていますし、ボールの出どころも平均的で見やすいことがありません。フォームが直進的ではないので、特別合わされやすいということも無さそうです。

 投げ終わった後も、腕が身体に絡んできます。適度にフォームにも勢いがあるので、打者の空振りも誘えます。ボールにも適度に体重を乗せてからリリースできており、上半身の振りでキレを生み出すというよりも、下半身を使って重い球を投げることができています。そのため打者の手元まで、勢いと球威のある球を投げ込めています。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」に、大きな欠点は見当たらない。全体的にどの動作も平均的なので、最終学年では各動作にさらに粘りが出てくると面白い。制球を司る動作に優れている上に、故障のリスクも少ないフォーム。将来的に、武器になる変化球を習得しても不思議ではないフ構造であり、器用さも併せ持つ。技術的には、かなりハイレベルな高校生だと言えるであろう。


(最後に)

 土台となるフォームや現時点での投球技術は、全国の高校生でもトップクラス。さらに出力をあげ、縦系の変化球が加わると手がつけられなくなりそうだ。個人的には、非常にその成長を期待している一人です。


(2019年夏 甲子園)