20kp-32





根本 悠楓(苫小牧中央3年)投手の最終寸評へ







根本 悠楓(苫小牧中央2年)投手 170/80 左/左 





 「中学で完成している」





 根本 悠楓 の中学時代の映像を見る限り、ほとんど投手として完成している印象を受けた。まさに、大人顔負けのマウンドさばきと投球術を魅せていた。中学時代には、完全試合を達成したというのも納得の内容。今年度において、最も道内でプロに近い男のと言われる投球を、中学時代の投球から考察してみた。


(投球内容)

上背はないが、ポンポンとテンポよく小気味の好いピッチングが目を惹きます。

ストレート 130キロ~135キロぐらい 
☆☆★

 普段見慣れない軟式の試合で、バックネット裏からの映像なので正確な球速は掴み難い。それでも130~135キロぐらいでは出ていそうな勢いは感じさせる。その球速も、今や146キロまで伸ばしているのだという。この内容で、コンスタントに140キロ前後出ていれば、なかなか容易には捉えるのは難しいのではないのだろうか。

 左打者に対しては、外角低めにボールを集めることができている。一方で右打者に対しては、内角クロスへの厳しい攻めができる一方で、外角高めに抜けるボールが目立つ。このへんの傾向が、現時点でどの程度変わって来ているのだろうか?

変化球 カーブ・スライダー・チェンジアップ? 
☆☆☆★ 3.5

 緩いカーブ、食い込んで来るスライダー、小さく沈むツーシーム系のチェンジアップなのか?一通りの球種を自在に操る器用さがある。むしろ中学時代の映像を見る限りは、速球と変化球を同じような割合で使っているように見える。変化球も高めに浮くことなく投げられているなど、その技術はレベルの高い大学・社会人レベルをみているようだ。中学時代はあまりチェンジアップ系のボールを使う頻度は少なかったように見えるが、今はこの球をどのぐらい使えるレベルまで引き上げられているのかは気になる。

その他

 左腕らしく、牽制は非常に上手いです。パッと二塁への牽制も入れるなど、大人顔負けの動きです。クィックも1.0秒を切るような高速クィックですし、フィールディングの動きも良く投球以外の技術も一級品です。また、一球一球投げるタイミングを変えるなど、時間的なものも意識した投球術が見られます。

(投球のまとめ)

 すでに中学時代から完成されていて、あと高校でどのぐらいの伸びしろが残されているのか?といったタイプです。イメージ的には、1年夏の甲子園でみた 宮城 大弥(興南-オリックス1位)左腕を彷彿とさせます。そんなほぼ完成された宮城でも、最終学年ではコンスタントに145キロ前後~後半を叩き出し、成長した姿を魅せてくれました。この根本も、そんな成長曲線を描いてくれれば、ドラフトでも高い評価がされるのではないのでしょうか。





(投球フォーム)

 セットポジションから、スッと高い位置まで引き上げてきます。軸足の膝にはさほど余裕はないものの、適度にバランスの好い立ち方はしています。

<広がる可能性> 
☆☆☆☆ 4.0

 引き上げた足をピンと高い位置で伸ばしているので、お尻は自然と三塁側(左投手の場合は)に落ちやすい形を作れます。そのため身体を捻り出すスペースは確保でき、カーブやフォークといった球種は投げられるフォームになっています。

 また前へのステップもしっかりできているので、身体を捻り出す時間も確保できています。キレや曲がりの大きな変化球も習得しやすいフォームの上に、指先の感覚の良さも相まって、変化球でうまくコンビネーションで作れています。

<ボールの支配> 
☆☆☆★ 3.5

 グラブは最後まで内に抱えられており、外に逃げようとする遠心力を内に留めることができている。そのため軸がブレ難く、両コーナーへの投げ訳はつけやすい。足の甲での地面の捉えも深く、浮き上がろうとする力を抑え込めている。したがって、低めのにもボールが集まりやすい。

 気になるのは、顔と腕が離れて外からブンと腕を振るタイプだということ。こういったフォームの選手は、どうしてもフォームのブレが大きくなり、制球がアバウトになりがち。それをグラブの抱えと足の甲でしっかり地面を捉えることで抑えているけれど、繊細なコントロールというのは難しいタイプなのかもしれない。

<故障のリスク> 
☆☆☆★ 3.5

 お尻はしっかり落とせているので、カーブやフォークといった捻り出して投げる球種にも無理なく投げられるフォーム。実際カーブは結構使ってきているが、窮屈になることは少ないのではないかと。

 腕の角度にも無理はないので、肩への負担も少ないのではないかと感じられます。しかし上記にも書いたように、身体の外側を軌道しながら、ブンと腕を振ってくる強引なフォームなので、負担はそれなりにかかっているのではないかと。

<実戦的な術> 
☆☆☆☆ 4.0

 「着地」までの粘りは作れており、打者としては合わせ難いフォームなのではないかと。ボールの出どころ自体は比較的早く見えているように見えるものの、腕が遅れて出てくる感じでタイミングを合わせ難く見えます。

 腕はしっかり振れて勢いがあるので、空振りを誘いやすいのではないかと。ボールにもしっかり体重を乗せてからリリースできており、小さな身体でも作り出したエネルギーを遺憾なくボールに伝えられているように見える。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」においては、強いて言えば「球持ち」がどうなのかな?と思える部分は残った。それでも指先の感覚が好いというか器用な選手だと思うので、そのへんを補うこともできている。しかしそのへんが、上のレベルに行ったときにどう出るだろうか?

 コントロールも制球に関しても、顔と腕の軌道の開きが大きなフォームで微妙なコントロールや身体への負担という意味では気になります。それでも好い変化球を投げられる下地はあるので、速球だけの投手にはならないのではないのでしょうか。全体的には、技術的にも完成された投手との印象が強いです。


(最後に)

 もう持ち得る能力を、遺憾なく引き出してパフォーマンスに繋げられる投手との印象は受けます。それでいて体格にも恵まれてはいないので、今後何処まで球速を増して行けるのだろうか?という疑問は残ります。もしこの投球を損なわずに、コンスタントに140キロ台~MAXで後半ぐらいまで出せるようになっていたら、ドラフトでも中位から上の順位で指名される存在ではないのでしょうか。最後の夏にどんなパフォーマンスを魅せてくれるのか、全国的にも注目の1人だと思います。


(2017年 北海道中学校軟式野球大会)