20kp-27





加藤 大(横浜隼人3年年)投手の最終寸評へ








加藤 大(横浜隼人2年)投手 175/77 右/右 





「全て速球だけで」 





 昨夏の神奈川大会・大磯高校戦において、全てストレートだけで2安打・15奪三振で完封勝利を果たした 加藤 大 。果たして、この投手はドラフト候補になりえる存在なのだろうか? 改めて、この大磯戦の投球を見直し考えてみた。


(投球内容)

 ちょっとボールを押し出して投げるようなフォームには見えるのですが、ガッチリした体格でいかにも強そうな球を投げ込みそうな体つきです。

ストレート 常時135~140キロぐらい 
☆☆☆ 3.0

 球速自体は、135~速くて140キロぐらいだと思います。しかし非常に球威と勢いを感じさせるボールの強さがあり、それゆえこの投手の可能性を感じ取り上げることにしました。時々高めに抜ける球も見られるのですが、四死球を連発するというほどは酷くありませんでした。アバウトだけれども、大崩れはしない。

変化球なし

 実際変化球が全く投げられないわけではないと思いますが、この試合では一切見られず。ただし押し出すような腕の振りからみても、曲がりの大きな変化を望めるかは疑問な部分は残ります。むしろ、中途半端な変化球を投げるぐらいならば、自信のある速球を投げ込んだ方がという判断だったのかもしれません。ちなみに秋の大会の映像をみてみると、カーブだかスライダーらしき球は一応投げていました。全く、そういった球が投げられないわけでは無さそうです。

その他

 クィックは、1.25~1.30秒ぐらいであり、まだちゃんとできません。フィールディング・牽制含めて良くわかりませんでしたが、そのへんが一年の間にどのぐらい良くなっているのかは気になるところです。

(投球のまとめ)

 まだ力のあるストレートを投げているだけという素材だったので、この一年間でどの程度総合力を引き上げられているのか?という疑問は残ります。しかし順調に伸びてきているのならば、常時140キロ前後~中盤ぐらいまではコンスタントに投げられていても不思議ではないので、今年の神奈川では注目の1人かと思います。そして本人も、いずれはプロというものを視野に入れているようなので、長く追いかけてみたいと思わせてくれるものがありました。





(投球フォーム)

 今度は、フォームの観点から考えてみましょう。セットポジションから、足を引き上げる勢い・高さは並ぐらい。軸足一本で立った時には、膝が真上に伸び切ることはなく、適度に力が抜けているところは好いところではないのでしょうか。

<広がる可能性> 
☆☆☆ 3.0

 お尻の一塁側への落としは甘さを残しているものの、カーブやフォークといった球が投げられないほどではありません。「着地」までの粘りも平均的で、体を捻り出す時間も並ぐらい。どちらかというと、速球に近い小さな変化を中心にピッチングを組み立てるのに適したフォームなので、カットボール・ツーシーム・スプリットなどを研究してゆくのが合っているのではないかと。

<ボールの支配> 
☆☆☆★ 3.5

 グラブは最後まで内に抱えられており、外に逃げようとする遠心力は抑え込めている。そのため軸がブレ難く、両サイドへのコントロールも安定しやすい。足の甲での地面への捉えも悪くなく、浮き上がろうとする力も抑えられている。それでも球が抜けてしまうのは、腕の軌道が下から上に押し出すような独特の動きを魅せ、さらにリリース時にボールが押し込めていないからだろうと考えられる。

<故障のリスク> 
☆☆☆★ 3.5

 お尻の落としには甘さは残すものの、カーブやフォークといった捻り出して投げる球種も観られないので、窮屈になる機会が少ないのでは。腕の角度にも無理は感じないので、肩への負担も少なめでは。フォームの途中までサイドのような動きから腕を引き上げて来るために、その間の動作で負担がかかっていなければと思う部分はある。どちらかというと、力投派のフォームだとは思うが、全部ストレートで押せるぐらいなので、タフな投手なのだろう。

<実戦的な術> 
☆☆★ 2.5

 「着地」までの粘りも平均的で、ボールの出どころも並ぐらいといった感じ。フォームとしては、合わせやすいわけでも打ち難いというほどでもない感じ。

 気になるのは、投げ終わった腕が体に全く絡んで来ない点。腕の短さというのもあるとは思うが、球持ちに粘りがないことが要因として考えられる。また投げ終わったあと全然足が地面を蹴り上がってゆかないように、体重移動が不十分なのが良くわかる。それであれだけの力のあるボールを投げられるのだから、エネルギー効率が良くなれば爆発的なボールを投げられても不思議ではない。


(フォームのまとめ)

 「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、特に「球持ち」「体重移動」に課題があり、動作全体に粘りがなく淡白な印象を受けてしまう。制球を司る動作は思ったよりもよく、故障のリスクもさほど高くは無さそう。ただし、将来的にピッチングの幅をどのように広げてゆくのかが課題ではないのだろうか。イメージ的には、DeNAにいる エスコバー を右にしたようなフォームになっている。


(最後に)

 今年の成長ぶりを確認できていないが、夏の大会で横浜隼人の試合があるときには注目したい。140キロ台連発の投球は、期待してみたい1人。高校からプロというよりは、少し長い目で追いかけて行きたい1人ではないのだろうか。


(2019年夏 神奈川大会)