19ky-3





山瀬 慎之助(星稜3年)捕手の個別寸評へ








山瀬 慎之助(星稜2年)捕手 177/82 右/右 




 「肩はいい」





 ドラフト1位候補の 奥川 恭伸 と、小学生時代からバッテリーを組む 山瀬 慎之助 。中学では軟式で日本一になり、秋の神宮大会では準優勝に輝いた。そんな経験豊富なキャッチャーについて、今回は考えてみたい。


(ディフェンス面)

 ディフェンス重視の捕手です。重心を低くし、低めに球が集まりやすいように構えます。これは、投手への目付けという意味だけでなく、審判からもできるだけ死角を作り難くする働きがあるのでしょう。そういった、気配り・配力ができる選手です。

 ミットを投手に示してから、グラブを地面に下げるようなことはありません。ミットも捕球時にブレませんし、低めの球にも素早く反応できています。奥川の球筋を、知り尽くした捕手といった気がします。

 捕ってから投げるまでの流れがよく、腕は多少横から出たり、しっかり型を作って投げるというタイプではありません。そのため、コントロールが安定しているかは微妙といった気はします。それでも地肩も強いですし、二塁までの到達タイムは 1.85秒前後とプロでも強肩の部類。リードセンスも悪く無さそうですし、ことディフェンスだけで見ればドラフト級だと評価できます。





(打撃内容)

 その一方で、打撃に関しては物足りません。打順もチームで8,9番などを打つことが多く、実際打撃への欲は感じません。ある程度カットして投手に球数を投げさせようとか、進塁打を打つために徹底的に右方向への打撃を目指します。そのため、自分で決めてやろうという欲が全く感じられないのです。

<構え> 
☆☆ 2.0

 両足は揃えて構えているのですが、センターカメラからみても背番号が読み取れるようにクロス気味に立っています。グリップの高さは平均的で腰の据わりも浅く、両眼で前を見据える姿勢や全体のバランスとしてもイマイチです。

<仕掛け> 平均

 投手の重心が、沈みきったあたりで動き出す「平均的な仕掛け」を採用。この仕掛けは、ある程度の確実性と長打力をバランスよく兼ね備えた、中距離打者やポイントゲッターに多く見られます。

<足の運び> 
☆☆☆★ 3.5

 足をほとんど引き上げずに、ベース側にインステップして踏み込んでくる。始動~着地までの「間」はそこそこで、速球でも変化球でもスピードの変化にはそれなりに対応。インステップするように、外角を強く意識していた。

 踏み込んだ前の足はブレずに止まっているので、逃げてゆく球や低めの球に対し食らいつくことができる。また追い込まれると、ノーステップに切り替えて対応しようとする。

<リストワーク> 
☆☆☆ 3.0

 打撃の準備である「トップ」の形は自然体で、力むことなくボールを呼び込めている。バットが内から出てこないので、内角の捌きは窮屈そう。外角の球に対しても、少し遠回りに出てくるのだが、ある程度意識してポイントを後ろにしている感じはする。それでもバットの先端であるヘッドは下がらないので、ドアスイングというほどはひどくはない。

<軸> 
☆☆☆☆ 4.0

 足の上げ下げは小さいので、目線の上下動も大きくはない。体の「開き」も我慢でき、軸足も安定している。気になるのはステップが狭く見えて、しっかり前に体重移動できているのか?という部分。何かその場で、上げ下ろしている感じがして、これでは木製バットでは打球は飛んでゆかない。

(打撃のまとめ)

 基本的に見ていると、右方向に打って進塁打を打つか、球数を投げさせて粘ってやろうということしか普段考えていなそうに見えるのだ。まぁそれが自分の役割だと割り切ってやれているのはある意味凄いのだが、もう少し欲がないとプロを目指すのは厳しいだろう。実際打力に関しては、ドラフト候補云々のレベルではないように見える。


(最後に)

 さすがにディフェンスは、捕手らしい捕手でもあり好捕手との印象があります。肩もいいですし、キャッチングなどにも大きな欠点は見当たりません。そうった意味では、守りだけで言えばプ有力大学でも充分やって行けるのでは。

 しかし打撃に関しては、全く自分で走者を返そうとかそういった意欲は感じません。逆に選抜では、そういった場面でどういった打撃を魅せてくれるのか注目したいところです。現状は、ドラフト候補としては見られない気がします。一冬越えて、そのへんがどう変わっているのか注目してみたいです。


(2018年 神宮大会)