19kp-27





河野 圭(21歳・大阪ガス)投手の個別寸評へ







河野 圭(20歳・大阪ガス)投手の本当に凄いやつへ








河野 圭 (広陵3年)投手 175/76 右/右 





 「一躍指名候補に」





 昨夏から140キロ台のボールは投げ込んでいたものの、素材としての奥行きは感じられず、個人的にはあまり気に留めたことがなかった 河野 圭 。しかしこの選抜では、無理なく140キロ台の球速を刻めるようになり、投球の幅も以前により随分と広がってきた。今の内容ならば、高校からの指名の可能性も充分あるのではないのだろうか。


(投球内容)

ランナーがいなくても、セットポジションから投げ込んできます。

ストレート ☆☆☆★ 3.5

 選抜緒戦の八戸学院光星戦では、初回から150キロを記録。しかし2イニング目以降は、140キロ台前後のボールを内外角や低めに集めるなど、丁寧な投球に終始した。また意図的に、高めのストレートで吊ったりとコマンドの高さが目を惹く。しかし続く東邦戦では体が重く、ストレートも高めに浮くなど力を発揮できずに序盤でK.Oされた。

変化球 スライダー・スプリット・チェンジアップなど ☆☆☆★ 3.5

 スライダーでカウントを整えつつ、チェンジアップで相手崩し、追い込むとフォークで空振を奪うなど変化球のバリエーションも豊富で質も高かった。しかし東邦戦では、高めに浮いたスライダーを痛打されたり、落ちきらないフォークを打たれるなど、キレ・精度共にイマイチだった。

その他

 牽制はまずまず上手く、また「間」を外すのにも上手く使えていた。クィックは、1.1~1.2秒ぐらいと平均的。昨年まで力任せで押してくるタイプだったが、先発を任されるようになり投手らしくなってきた。

(投球のまとめ)

 緒戦と比べると、球速だけでなくコントロール・キレとも別人のように悪かった。悪い時に悪いなりのといった投球が、今後できるのかは気になるところ。特に上背がないだけに、悪いときにはなかなか相手が打ち損じてくれない。むしろプロの長いシーズンにおいては、疲労も溜まって悪い時の方が多いくらい。そういった中でも、自分の能力を出せる力を夏までに養いたい。





(投球フォーム)

今度は、フォームの観点から今後の可能性について考えてみたい。

<広がる可能性> ☆☆☆ 3.0

 お尻の一塁側には落とせず、バッテリーライン上に残ってしまっている。したがってカーブで緩急をつけたり、フォークのような体をひねり出して投げる球種には適さない。

「着地」までの粘りも平均的で、体を捻り出す時間も並。こうなるとキレや曲がりの大きな変化球の習得は難しく、決め球の習得には苦労しそう。実際東邦戦では、縦のスプリットが当てられてしまうことが多く苦しんだ。今後はカットボールやツーシームなど、球速のある小さな変化を中心にピッチングの幅を広げて行くことになるのではないのだろうか。

<ボールの支配> ☆☆☆ 3.0

 グラブは最後まで体の近くにはあるが、しっかり抱えられているわけではない。それでも両サイドには、ボールを散らすことはできていた。足の甲の押し付けが浅いので、力を入れて投げるとボールが上吊りやすい。「球持ち」が良いので、ある程度指先の感覚でボールを制御することはできるようなのだが。

<故障のリスク> ☆☆☆ 3.0

 お尻の落とせないもののスプリットの頻度は高いので、肘への負担はどうだろうか? それでも握りの浅いスプリットだけに、それほど神経質にならなくても良いのかもしれない。

 また腕の送り出しには無理はなく、肩への負担は少なそう。けして力投派という感じでもないので、疲労も溜めやすくはないのでは? ただし選抜緒戦と二戦目では、日程的余裕がありながらパフォーマンスが全然違ったのはどうなのか?という疑問は持った。そのへんは、夏の予選などをみて判断してゆきたい。

<実戦的な術> ☆☆★ 2.5

 「着地」までの粘りが平凡な上に、フォームが真っ直ぐ推進するフォームで合わされやすい。さらに球でどころもそれほど隠せてはいないだけに、打者としては球筋を予期しやすいフォームだと言えよう。

 また振り下ろした腕が体に絡んで来ない上にボールの出どころも見やすいことを考えると、変化球で空振は誘い難いのかもしれない。ボールにも「体重を乗せてからリリースできているように見えるが、意外に地面の蹴り上げが平凡なのは上手く前に体重が乗っていないのではないかと心配になる。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「球持ち」以外の部分は平凡。その辺もう少し、各動作に粘っこさが出てくると良いのだが。制球を司る動作・故障のリスクも平均的で、将来的に武器になる変化球を習得できるかには不安が残る。意外に実戦的なようで、技術的にはまだまだ発展途上であることがわかった。


(最後に)

 緒戦のパフォーマンスが素晴らしかったので、有力な指名候補にあげた球団も多いのでは? しかし二戦目のパフォーマンスをみると、プロの長いシーズンではどうなのか?という不安も垣間見られた。このへんは、夏の予選の状況も踏まえて考えた方が妥当なのかもしれない。まずはリストに残して、夏まで継続的に確認して能力を見極めてゆきたい。六大学などの、有力大学に進むタイプなのかもしれない。


蔵の評価:継続級!


(2019年 選抜)