19kp-22





浅田 将汰(有明3年)野手寸評へ







浅田 将汰(有明3年)投手寸評へ







浅田 将汰(有明2年)投手 181/85 右/右 





                      「九州屈指の速球派」





 背中を後ろに傾け腕を真上から振り下ろして来る 浅田 将汰 。 その球威・勢いは、秋の時点では九州では屈指の速球派だったのではないのだろうか。


(投球内容)

 夏の熊本大会序盤の模様を見たときは、球速・勢いはかなりのものがあった。しかし破れた準々決勝では、かなりお疲れといった様子で、要所で140キロを超えるのがやっとという感じだった。

ストレート 常時135~MAX148キロ 
☆☆☆★ 3.5

 夏の準々決勝で、常時135キロ出るか出ないかぐらいに見えた。ランナーを得点圏に進めると、なんとか力を入れて140キロを越えてくる程度。しかしリフレッシュした秋の熊本大会・秀岳館戦では、MAX148キロを記録し勢いを取り戻していた。元来あまり細かいコントロールはなく、ボールの勢いで押してくるタイプ。そのためボールが走っていないと、甘い球を狙い打たれることも少なくない。しかし勢いのあるときの、高めのストレートには思わずバットがまわってしまうものがある。

変化球 スライダー・カーブ・チェンジアップなど 
☆☆☆ 3.0

 変化球は、スライダーも緩いカーブもチェンジアップも同じような割合で織り交ぜてくる。打者の空振りを誘うといった絶対的なボールはなく、あくまでも変化球を交えてカウントを整えてくる。しいて言えば、チェンジアップのブレーキはよく、この球は上のレベルで通用しそうな球種ではあった。

その他

 クィックは、0.95~1.0秒ぐらいと高速。フィールディングの反応・動きは、あまり緊張感がないというか鋭さが見られない。細かい駆け引きや奥深い投球術があるわけではないが、投げっぷりは良い投手なのでリリーフ向きなのかもしれない。

(投球のまとめ)

 現状は粗っぽさが残る選手であり、夏の予選を勝ち上がり全国大会へといった洗練さは感じられない。それだけにもし見るのならば、春季大会で見るか夏の予選の早い段階で元気なとこを見てみたい選手ではある。一冬越えて、粗さの角が取れてくるのか? あるいは勢いを増して球威・球速で圧倒して行くのか注目したい。





(投球フォーム)

今度は、フォームの観点から将来像を考えてみる。

<広がる可能性> 
☆☆★ 2.5

 お尻の一塁側への落としは、甘さは残すもののある程度は落とせている。したがってカーブで緩急をつけたり、フォークのような縦の変化球を投げるのにも無理はなさそう。

 むしろ気になるのは、「着地」までの粘りがなく地面を捉えてしまっていること。すなわち体を捻り出す時間を確保できないので、キレや曲がりの大きな変化球が習得し難い。そのため、武器になるほどの変化球を身につけられるかは疑問です。

<ボールの支配> 
☆☆★ 2.5

 グラブは投げ終わったあとに、体の後ろに行ってしまっている。したがって両サイドへのコントロールは、乱れやすい傾向にある。しかし足の甲の地面への押しつけはできているので、浮き上がろうとする力を抑えることはできており、ボールの上吊りは少ないのではないのだろうか。腕が体から離れてブンと振られて外旋しているので、こういった投手はコントロールが定まり難い。

<故障のリスク> 
☆☆★ 2.5

 お尻はある程度落とせているので、体を捻り出して投げるカーブやフォークを投げても肘への負担は少ないのでは?ただしフォークなどを多投するような配球になってきたときには、多少注意が必要だろう。しかし現状は、フォークは投げていないようだ。
 
 気になるのは、背中を後ろに傾けて腕を真上から振り下ろす肩への負担が大きなフォーム。また力投派なので、疲れも溜めやすくフォームの乱れからも故障のリスクは高まりそうだ。

<実戦的な術> 
☆☆★ 2.5

 「着地」までの粘りに欠けるのタイミングがとりやすい上に、ボールの出処も見やすい。したがって打者としては、コースを突いた球でも踏み込みやすく、フォークなどの縦の変化球にも手を出してくれない危険性が出てくる。

 腕の振りには勢いはあり強く振れているのだが、開きが早いことで空振りを誘い難くなってしまっている。ボールに体重を乗せれているようには見えるのだが、実際には地面の蹴り上げに乏しくエネルギーをロスしていることがわかる。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「球持ち」以外は課題を抱えているように見えた。また制球を司る動作は腕の外旋とグラブの抱えによりコントロールを乱しやすく、腕の執拗な角度をつけて投げるので肩への負担を誘発するように見える。多彩な球種は投げられるものの、将来的に武器になるほどの球を習得できるのも微妙。フォームとしては、かなりリスクな高いフォームなのではないかとみている。


(最後に)

 実際の投球でも、フォームの技術にしても課題は多い素材型。問題は、技術的な改善を行い欠点を減らしてゆくか、圧倒的なスピード能力である長所で圧倒するのか? いずれの方向性に走って自分の投球を確立してゆくのか見極めてゆきたい。スピード能力は確かなものがあるが、上のレベルで使えるタイプかと言われると、今の時点ではリスクの方が高いなというのが、現時点での私の感想だった。


(2018年秋 熊本大会)