19kp-15





宮城 大弥(興南3年)投手の最終寸評へ







宮城 大弥(興南3年)投手の春季大会寸評へ







宮城 大弥(興南2年)投手 173/70 左/左 
 




                      「島袋級になれる男」





 1年夏に甲子園で見て以来、宮城 大弥 は、興南が春・夏連覇したときのエース・島袋 洋奨(ソフトバンク)級の投手に育つのではないかと期待してきた。最終学年を迎え 宮城 は、どのような進化を魅せてくれるのだろうか?


(投球内容)

 足を一塁側に踏み出してから投げ込む、インステップに特徴があるフォーム。特にこのフォームは、左打者にとってサイドスローのように背中越しから来る感覚に陥り、体にぶつかりそうになる恐怖感を抱く球筋となる。そのため左打者には、より厄介なタイプのサウスポーだと言えるであろう。

ストレート 130キロ台後半~MAX143キロ 
☆☆☆★ 3.5

 旧チームでは、リリーフで登場することが多かった。そのため思いっきり腕が振れるので、コンスタントに140キロ前後のボールを投げ込んでくる。球速的には平凡ではあるものの、気持ちの乗ったストレートには球速以上の勢いがある。そのため高めへの球には思わずバットはまわってしまうし、右打者の内角を厳しくも突いて来ることができる。また上記にも記したように、左打者にとっても厄介な球筋なのだ。

変化球 スライダー・チェンジアップ・カーブなど 
☆☆☆ 3.0

 変化球は、スライダーとのコンビネーション。たまに右打者外角に小さく逃げるチェンジアップや緩いカーブを投げてくる。ただし本当に頼れるのはスライダーのみで、他の球は余裕がないとあまり見られない。また変化球の精度・キレという部分では、それほど特筆すべきものはない。ストレートでは空振りは奪えるが、スライダーは低めのボールゾーンに切れ込まないと、うまく振らせることはできないのだ。そのため現状は、速球でグイグイ押すスタイルになってしまっている。

その他

 中学時代はU-15の日本代表投手だっただけに、投げっぷりは好い。更にフィールディングなどの技術も、しっかりしている。

(投球のまとめ)

 ボールの勢いは確かなのだが、意外に荒れ球で細かいコントロールがあるとか、ゲームメイクをして来る先発タイプなのかと言われると疑問が残る。そのへんの不安は、最終学年でどのぐらい払拭してくれるかに懸かっている。

 ボールの勢い・マウンド度胸などは、まさにドラフト候補といった投球を魅せてくれる。ただしポテンシャルで圧倒するタイプではないだけに、よほど春季大会でスカウトにアピールできないと有力大学に進んでからといった判断になる可能性は高い。春夏連覇した島袋洋奨でさえ、大学に進学したのだから。





(投球フォーム)

今度は、技術的な観点から今後の可能性を模索してみたい。

<広がる可能性> 
☆☆☆★ 3.5

 お尻は三塁側にしっかり落ちているので、カーブで緩急を効かせたりフォークのような球を投げてもスペースが確保できているので無理は感じない。

 「着地」までの粘りは平均的で、体を捻り出す時間は並ぐらい。球種は一通り投げられるかもしれないが、武器となる変化球を身につけられるかは今後とも微妙なフォームではある。

<ボールの支配> 
☆☆☆★ 3.5

 グラブは最後まで内に抱えられ、両サイドの投げ分けはつけやい。足の甲の地面への押しつけは若干浅いが、ボールが高めに抜けるというほどでは無さそうだ。ただしインステップするということは、結構体の軸がブレやすい投げ方で、コントロールがつけ難い。それも腕の振りがスリークォーターであることを考えるとなおさらとなる。したがって独特の球筋を活かせる一方で、細かい制球力をつけ難いのではないのだろうか。

<故障のリスク> 
☆☆☆★ 3.5

 体を捻り出すスペースは確保できているので、カーブやフォークといった球種を投げても窮屈にはなり難い。またそういった球もほとんど見られないので、肘への負担は少ないとみている。

 腕の送り出しをみても、肩に大きな負担がかかる腕の振りではないようには見える。結構力投派ではあるので疲労を貯めやすく、そこからフォームを乱して故障につながるというリスクがないわけではないのだが。

<実戦的な術> 
☆☆☆ 3.0

 「着地」までの粘りは平均的で、ボールの出処も見難いといったほどではない。そういった意味では、けして合わせ難いフォームではないのかもしれない。それでもインステップして独特の球筋を活かすことで、打者のタイミングを図り難くはできているのではないのだろうか。

 振り下ろした腕はあまり体に絡んで来ないなど、フォームに粘っこさがあるわけではない。ボールへの体重の乗せ具合も、まだ発展途上といった感じで、さらに良くなれる可能性を秘めている。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、特に悪いところはないが特別優れているところも見当たらない。それだけまだ良くなる伸び代は、残していると言えるのではないのだろうか。

 インステップによって軸がブレやすくて細かい制球がつけ難いといった反面はあるが、故障のリスクは少ないフォーム。むしろ今後は、決め球になるような変化球をいかに見出して行けるかではないのだろうか。実戦派には見えるが、技術的にはけして完成度が高い投手ではない。見た目よりも未完成であり、それでいて伸びしろをまだ残している素材なのかもしれない。


(最後に)

 今年は目立った高校生左腕が少ないだけに、春季大会でのアピール次第では一気に評価が高くなっても不思議ではない。その一方で、それほど肉体のポテンシャルで圧倒するタイプでもないので、大学に進学してからという判断になっても不思議ではないだろう。

 しかし一冬越えた成長次第では、高校球界屈指のサウスポーという位置づけになっても不思議ではない。またそういった存在になっていってくれることを、期待せずるにはいられない。


(2018年夏 甲子園)