19kp-1





佐々木 朗希(大船渡3年)投手の最終寸評へ







佐々木 朗希(大船渡3年)投手の春季寸評へ








佐々木 朗希(大船渡2年)投手 189/81 右/右 





                      「掛け値なしに大谷級」





 2年秋の時点では、間違いなくあの 大谷 翔平(エンゼルス)に匹敵する素材と言えるのが、この 佐々木 朗希 。秋季大会では、MAX157キロまで自己最速記録を伸ばしてきた。選抜大会の出場を逃したように、まだ全国大会で勝てるほどの総合力はないが、素材としての器の大きさは大谷以来の逸材であることは間違いない。


(投球内容)

ストレート 140キロ台~157キロ 
☆☆☆☆★ 4.5

 少し力を入れれば、けして力まなくても150キロ台を連発できるスピード能力があります。見ていると内角を突くとかそういった投げ分けは見られませんが、打者の外角にボールを集めます。大谷の高校時代以上に、球速表示に見合う感じの球を投げ込んできます。また大谷ほど、フォームが合わせやすそうな感じはしません。こと3年春の大谷と比べても、2年秋の佐々木の方が、ストレートの球速・質という意味でも、上を行っているのではないかとさえ思います。ちなみに大谷翔平が3年春に甲子園に出た時の最速は、150キロだったと記憶しております。

変化球 スライダー・フォークなど 
☆☆☆★ 3.5

 この佐々木の素晴らしいのは、スライダーの曲がりもかなりハードだということ。それでいて、曲がり過ぎて制御できないということはありません。曲がりがしっかりしているスライダーを、しっかり制御してカウントを整えている点は素晴らしいです。また追い込むと、落差のあるフォークも投げます。これも、かなり2年秋の時点で使いこなすことができています。そういった指先の感覚の良さも兼ね備えているということ。このへんが、一冬超えてさらに精度を増して来るようだと、手がつけられなくなるでしょう。

(投球のまとめ)

 クィックなども1.1秒台で投げられますし、ランナーを背負っても気持ちが揺らぐような不安定さは見られません。ただのボールの速いだけの投手ではなく、投手としての総合力やセンスも兼ね備えている。むしろ素材は図抜けていたけれど、そういったセンスがあまり感じられなかった大谷の高校時代に比べると、現時点では完全に上を行っているのではないかとさえ思います。


(投球フォーム)

今度は、フォームの観点から彼の将来性について考えてみましょう。

<広がる可能性> 
☆☆☆★ 3.5

 引き上げた足は地面に向けて伸びており、お尻はバッテリーライン上に残りがち。そのため体を捻り出すスペースは確保できず、カーブやフォークといった球種には適さない投げ方です。

 しかし前に足を大きくステップさせることで、「着地」までの時間は確保。体を捻り出す時間があるので、カーブやフォークといった球種以外ならば、好い変化球を習得できる可能性があります。

<ボールの支配> 
☆☆★ 2.5

 グラブは最後まで抱えられているものの、後ろにいってしっかり抱えきれていません。そのため両サイドへのコントロールという意味でも、多少アバウトになってしまっているのではないのでしょうか。

 また足の甲での地面への押しつけも浅く、力を入れて投げると球筋が高めに浮きやすい。実際速球の球筋を見ていると、真ん中~高めのゾーンに集まっていることがわかります。またリリースを見ていても、ボールを押し込むほどには我慢できてないので、低めにはボールがゆかないのでしょう。

<故障のリスク> 
☆☆☆ 3.0

 お尻を落とせない割にフォークは時々投げてくるので、肘への負担は気になります。勝負どころで使う程度ならばさほど心配はないのですが、フォークの精度が上がってきて使う頻度が多くなってくると、窮屈な状態で無理に投げるので故障に繋がる危険性は感じます。

 腕の送り出しには無理は感じず、現時点では肩への負担は大きくはないのでは? それほど力投派でもないので、疲労は貯め難いのではないかと考えています。

<実戦的な術> 
☆☆☆ 3.0

 「着地」までの粘りはあるので、けして合わせやすいフォームではありません。球の出どころは並ぐらいで、「開き」はさほど抑えられているわけではないでしょう。

 腕はしっかり振れているので、勢いがあり空振りは誘いやすいはず。ボールへの体重の乗せ具合は成長途上で、しっかり乗せてからリリースできているというほどではありません。このへんは、もっと良くなると質の好い真っ直ぐを投げられる余地が残されているということ。このへんが良くなると、グッと打者に迫ってくるような迫力のある球が見られるようになるはずです。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「着地」以外はまだ並で発展途上と言えます。それだけ、今後の意識とトレーニング次第では良くなる可能性を秘めているとも言えます。

 グラブの抱え、足の甲の押し付け、球持ち などから見ても、制球を司る動作は優れているとは言えません。お尻が落とせない上にフォークなども時々使うことからも、肘への負担の心配。将来的にお尻が落とせないことで、カーブで緩急・フォークで縦の変化などの投球でピッチングの幅を広げて行けるかも微妙でしょう。ただし「着地」までの時間は稼げているので、違う球で投球の幅を広げて行くことが求められます。いずれにしても下半身の柔軟性を養いつつ、下半身を強化することで下が使えるようになると、手がつけられなくなる可能性があります。投球フォームの完成度・技術的には並であり、まだまだ高校生レベルだといった気がしました。このへんが、まだ全国大会まで勝ち上がれない要因になっているのかもしれません。


(最後に)

 とりあえずわかったことは、持ち得る能力を出し切って今のレベルにあるわけではないということ。そして今後の意識と努力次第では、まだまだ好い投手、速い球を投げられる可能性を秘めているということです。

 心配なのは、大谷翔平のいた名門の花巻東ほど大船渡というチームが彼を大きく育てるというノウハウや環境があるのかといった部分。それだけ本人の意識や周りのサポートが大切になるということです。そのため、現時点では大谷以上のペースで成長を遂げているものの、最後の夏までに大谷レベルまで能力を引き上げられるのかといった部分では、若干の不安が残ることは否定できません。

 しかしここまでの成長過程を見ている限り、本人の取り組みも周りのサポートも悪くないからこそ、このレベルまで来たのだろうと思います。また大船渡というチーム自体が、全国大会には出ていないものの、けしてレベルの低い彼のワンマンチームではないことを夏の大会を見る限り感じました。彼の成長と共にチームも共に成長して行ければ、最高の形で最後の夏を彼らは迎えるのではないかという気がします。現時点では、掛け値無しに、大谷翔平の再来 を期待しても間違いない選手だという気がします。


(2018年秋 秋季岩手大会)