18sp-7


 




勝野 昌慶(21歳・三菱重工名古屋)投手の最終寸評へ







勝野 昌慶(21歳・三菱重工名古屋)投手 183/82 右/右 (土岐商出身) 
 




                    「意外に実戦的」





 土岐商時代はプロからも注目される存在でしたが、夏の予選では緒戦で敗戦。そのため、勝手に荒削りな素材型だと思いこんでいた 勝野 昌慶 。 しかし高卒ルーキーながら、都市対抗の大舞台でチームの緒戦の先発を任されるなど存在感を高めてきた。また2年目の秋には、台湾ウインターリーグの社会人選抜の一員として出場。同大会では、自己最速となる150キロを記録したという。


(投球内容)

投げっぷりの良い投球が、この投手の最大の持ち味。

ストレート 140~140キロ台中盤 
☆☆☆★ 3.5

 球速は140キロ台前半のボールが多く、思ったほど出ていないことに驚く。しかし腕の振りがよくボールに勢いがあるのか?思いのほか打者が振り遅れていることが多く、プラス5キロぐらい速く出ているような感覚に陥る。ただしコントロール自体は結構バラついていて、ストレートのコマンドは高くない。それでも入団1年目に都市対抗に出場したときには、2試合で7回2/3イニングを投げ四死球は一個だった。

変化球 スライダー・フォーク・カーブなど 
☆☆☆★ 3.5

 小さく横滑りするスライダー・緩いカーブ・それに縦に落ちるフォークらしきボールと一通りある。昨夏のウインターリーグでは、3回2/3イニングしか投げてはいないが、奪三振は6個奪うなど縦の変化で三振が取れる。この縦の変化球の落差・精度ともに、まずまずといった感じがする。

その他

 一塁には走者を刺してやろうと、鋭く投げ込んでくる。クィックは、1.05~1.10秒ぐらいと、けして投球以外の部分も悪くない。けして洗練された投球術や繊細なコントロールはないが、投げっぷりの良さが持ち味となっている。

(投球のまとめ)

 ストレートが暴れるので、粗っぽい印象を受ける。しかしその割には四死球は少なく、変化球などでカウントを整えることができているからだろう。スライダー・カーブでカウントを整えて、フォークやストレートで仕留めに来るという投球パターンはできている。どちらかというと、リリーフで持ち味が出るタイプではないかとは思うのだが。

(投球フォーム)

では技術的には、上のレベルで通用するものがあるのか検証してみたい。

<広がる可能性> 
☆☆☆★ 3.5

 引き上げた足を高い位置でピンと伸ばされており、お尻は一塁側に落とすことができている。身体を捻り出すスペースが確保できているので、カーブで緩急をつけたりフォークのような縦に大きく落ちる球を投げることにも無理がない。

 「着地」までの粘りも悪くなく、身体を捻り出す時間もそれなり。そのため今は、カーブ・スライダー・フォークと基本的な球種を投げるのみではあるが、将来的にはいろいろな球を覚えてピッチングの幅を広げて行けるだろう。

<ボールの支配> 
☆☆ 2.0

 グラブは最後後ろで抜けて解けてしまっており、両サイドの投げ分けつけ難い。足の甲での押しつけも浮いてしまい、力を入れてしまうと抜けてしまいがち。「球持ち」もさほど良いとは言えず、指先の感覚に優れているとはいえない。それでも上からボールを叩けているので、思ったほどは高めに抜けて来ない。

<故障のリスク> 
☆☆☆☆ 4.0

 お尻は落とせているので、カーブやフォークを投げても窮屈になることはない。したがって、肘を痛める可能性は低いのではないのだろうか。

 腕の送り出しにも無理は感じられず、肩への負担も少なめ。ただし力投派ではあるので、疲れを貯めやすくそこからフォームを崩したり、故障したりといったリスクは残っている。

<実戦的な術> 
☆☆☆★ 3.5

 「着地」までの粘りはそれなり、打者としてはなかなかボールが出てこない感覚に陥るのでは。その上身体の「開き」も並ぐらいで、コントロールミスをしなければ痛手は食い難い。

 腕は強く振れて勢いがあるので、打者の空振りは誘いやすいはず。ボールに体重乗せてからリリースはできており、打者の手元まで球威や勢いの落ちない球が投げ込めている。

(フォームのまとめ)

 投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、どれも大きな欠点はない。まだ改善が望めるとすれば、「開き」と「体重移動」の部分で、もっと良くなれる余地を残している。

 故障のリスクは高くないが、制球を司る動作には不安が残る。今後投球の幅を広げて行ける可能性は秘めており、まだまだ進化して行ける可能性を秘めている。


(最後に)

 高卒3年目のドラフト候補ということで、スカウトにとっては興味深い素材ではないのだろうか。一見ボールの力に頼った素材型かと思いきや、意外に実戦的なことに驚かされる。プロではリリーフでというところしか見えて来ないが、投げっぷりの良さをアピールできれば高卒3年目でという最短でのプロ入りを実現できるかもしれない。


(2017年 IBFアジア選手権)