18sp-5


 




富山 凌雅(21歳・トヨタ自動車)投手の最終寸評へ








 富山 凌雅(20歳・トヨタ自動車)投手 178/82 左/左 (九州国際大付)
 




                     「意外に当たらない」





 富山凌雅の速球は、手元でピュッとキレるとかグ~ンと伸びるような球ではないように見えるのに、思いのほか打者が当たらない。その秘密は何処にあるのか考えてみたい。


(投球内容)

高卒2年目にして、社会人屈指の強豪チーム・トヨタ自動車で先発を任されるまでに成長したサウスポー。

ストレート 135キロ~MAX142キロ 
☆☆☆★ 3.5

 日本選手権のNTT東日本戦の模様を見たが、NTT東日本の各打者が思いのほか振り遅れたり、空振りする姿に驚いた。コントロール自体は結構アバウトなのだが、右打者には両サイドに散り左打者には外角中心に集まる。ボールそのものは冒頭にも書いたように、キレや伸びより球威型。それも球速は140キロ台前後と平凡なのに、打者が空振りをするのは何故なのだろうか?

変化球 カーブ・ツーシーム・チェンジアップ・スライダーなど ☆☆☆ 3.0

 変化球は、緩いカーブと速球とのコンビネーションでカウントを整えて来ることが多い。スライダーは滅多に見られず、右打者の外角低めにツーシーム系の小さく逃げる球があり、この球は低めに集まるところが良いところ。特に絶対的なボールはないのだが、ストレートで押せて空振りが取れているところが強味か。

その他

 クィックは、1.1~1.2秒ぐらいと平均的で、牽制も並ぐらいだろうか。特に投球センスに優れるといった感じではないのだが、気持ちの強さを感じさせる。

(投球のまとめ)

 コントロールやボールのそのものが凄いわけではないのだが、早めに追い込んで精神的に有利な状況を作り出すのはうまい。あとは三振の取れる真っ直ぐを全面に、グイグイと押してくるイメージ。社会人レベルの打者相手でも、ボールの威力で圧倒できている点は大きい。





(投球フォーム)

何故この球速・球質で、空振りを奪えるのか? そのフォームの秘密について考えてみたい。

<広がる可能性> 
☆☆★ 2.5

 引き上げた足は地面に向けて伸びており、お尻はバッテリーライン上に残ってしまっています。したがって身体を捻り出すスペースが確保できず、カーブやフォークなどの球種を投げるのには窮屈になりがちです。

 また「着地」までの粘りもさほどないので、身体を捻り出す時間も並。そういった意味ではキレのある変化球や曲がりの大きな変化球の修得は厳しいかもしれません。すなわち将来的にも、決め手となるほどの変化球を身につけられるかは微妙になります。


<ボールの支配> 
☆☆☆★ 3.5

 グラブは最後まで身体の近くにあり、両サイドの投げ分けはつけやすいはず。足の甲の押し付けも深くはないものの、ある程度は押し付けられてはいます。実際には「球持ち」も悪くないのですが、ボールが高めに集まりやすい傾向ではあるのですが。

<故障のリスク> 
☆☆☆ 3.0

 お尻が落とせず窮屈なフォームの割に、カーブを結構使って来るので肘への負担は心配になります。腕の送り出しには無理がないので、肩への負担は少なめでは。腕の振りは強いのですが、全身を使ってめい一杯というほどの力投派ではありません。そのため身体への疲労は、平均的な投手なのではないのでしょうか。

<実戦的な術> 
☆☆☆★ 3.5

 「着地」までの粘りは並ですが、「開き」自体は早くはありません。また腕は強く振れていて、フォームには勢いが感じられ空振りを誘いやすいのでしょう。ボールにも適度に体重は乗せられており、打者の手元まで勢いのある球は投げられています。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、極端に悪いところは見当たりません。「開き」「球持ち」「体重移動」は、それなりといった感じでしょうか。

 お尻が落とせない割にカーブを多く投げることでの肘への負担や、足の甲の押し付けが若干浅いからなのか?ボールが高めに集まりやすいところ。それ以上に心配なのは、将来的に使える変化球をどの程度増やして行けるのかという部分で伸び悩む危険性です。

 また球速やボールの質的には平凡でも、これだけの空振りが奪えるのかという部分。これは、「開き」が抑えれていることで、打者が球の出どころが見難いこと。それでいてボールが見えてからも、なかなかボールが出てこない「球持ち」の良さがあり、強い腕の振りやフォームの勢いに吊られて空振りを誘いやすいのではないかと。どれか一つの部分が優れているというよりも、複数の中の上ぐらいの技術が融合することで、全体の打ち難さ・空振りを誘える要素を作り出しているものと思われます。



(最後に)

 今後決め手不足や制球のアバウトさなどで伸び悩む要素はあるので、リスキーな素材だとは思います。しかし高卒2年目で、社会人でも実績を残し始めた実力は、プロ側からみても大いに魅力に映るはず。3年目を迎える今年、順調にアピールを続けられれば、充分に今年指名される存在になるのではないのでしょうか。期待の若手左腕として、追いかけてみたい1人です。


(2017年秋 日本選手権)