18sp-3


 




岡野 祐一郎(23歳・東芝)投手の個別寸評へ



<br>



 
 今まで見たことのないような力強いボールを投げ込んでいたこと。岡野といえば、聖光学院から体の芯が弱く、投球センスで投げる好投手タイプとの印象。それは、青学の主戦となった今までもそんな感じでした。今春のリーグでは、2勝3敗 防御率 2.81(リーグ7位)と平凡で、青学の主戦でも、とりあえず無難に投げられる投手との印象でした。


 しかし今日はリリーフでの登板というのもあり、MAX146キロのボールの勢いは黒木以上。それにスライダー・特にフォークだかチェンジアップの抜けもよく実戦的。連投を気にせずリリーフで投げると、こんなピッチングができるのかと新たな驚きです。今までドラフト候補と思ったことがないのですが、この内容ならば来年の有力な候補に入ってくるのではないのでしょうか。彼も秋には、じっくりチェックを入れてみたいところ。

(2015年 東都選抜VS韓国選抜)








高校時代の寸評へ








高校時代のレポートへ