18sp-1


 




吉川 峻平(23歳・パナソニック)投手の最終寸評へ








吉川 峻平(22歳・パナソニック)投手 183/77 右/右 (関大北陽-関大出身) 





                      「3回で9奪三振」





 都市対抗の大舞台で、ルーキーながら3回で9奪三振の離れ業をやってのけた 吉川 峻平 。速球とシンカーのコンビネーションで、三振の山を築く。その完成度の高い投球は、解禁組の社会人投手の中でもトップクラスの実力の持ち主だと言えよう。


(投球内容)

ランナーがいなくても、セットポジションから投げ込んでくるスリークォーター。

ストレート 130キロ台後半~140キロ台中盤 
☆☆☆ 3.0

 常時140キロ前後の速球は、球速以上に勢いを感じさせる。両サイドに散らすコントロールはあるものの、球筋は全体的に高い。またキレ型の球質のため、甘く中に入ってくると長打を食らいやすく、その点では心配。

変化球 シンカー・カーブ・スライダーなど 
☆☆☆☆ 4.0

 大きく落ちるというよりは、打者の手元で小さく沈むシンカーが最大の武器。また都市対抗では、緩いカーブが良いアクセントになっていた。この試合ではあまり観られなかったが、スライダーも持っている。このスライダーの精度が上がってもう少し多く織り交ぜられるようだと、よりカーブやシンカーといったボールが活きてくるだろう。

 変化球でカウントを整えることができ、勝負どころではシンカーで空振りを誘える。そういった意味では、あとは中間球であるスライダー磨くことではないのだろうか。プロでもシンカーは、充分武器になる球種になりそうだ。。

その他

 牽制や滅多に入れて来ないで、たまに軽いのを混ぜて来るぐらい。クィックは、1.10秒~1.15秒ぐらいとまずまず。フィールディング等は、よくわからなかった。

(投球のまとめ)

 四死球で自滅するような危うさはないものの、それほど絶妙なコントロールがあるわけではない。そのためプロレベルの打者では見逃してくれなそうな高めの甘い球も、結構観られるのは気になった。

 また変化球もカーブとシンカーといった配球で、中間球のスライダーをあまり使われないのは気になるところ。どうしても落ちる球と緩い球だけでは、打者に山を張られて投球が汲々となってしまう。今季のチェックは、

1,高めに集まりやすい球筋

2,中間球であるスライダーの活かし方


この2点に注意して、この選手はみてみたい。


(投球フォーム)

今度はフォームの観点から、今後の可能性について考えてみる。

<広がる可能性> 
☆☆☆ 3.0

 お尻は適度に一塁側に落ちており、身体を捻り出すスペースは確保できている。そのためカーブで緩急をつけたり、フォークのような縦に鋭く落ちる球を投げても、負担の少ないフォームだと言えるでしょう。

 しかし「着地」までの粘りはそれほどでもなく、身体を捻り出す時間は並ぐらい。そういった意味では、曲がりの大きな変化というよりも、小さな変化で勝負するタイプかと。彼のシンカーも、大きく落ちるというよりも小さく沈む感じの球なのも頷けます。

<ボールの支配> 
☆☆☆ 3.0

 グラブは最後まで内に抱えられており、両サイドの投げ分けは安定しています。足の甲の押し付けは少し浅いというのもありますが、それ以上にスリークォーターの腕の振りからボールが押し込めないリリースのため、ボールが高めに集まりやすい要因を作っているのではないのでしょうか。

<故障のリスク> 
☆☆☆☆★ 4.5
 
 お尻はある程度落とせているので、窮屈になることも少なく肘への負担は少ないのでは。また腕の送り出しにも無理は感じず、肩への負担も少なそう。さらに力投派でもないので、疲労を貯めやすいということもなさそうです。

<実戦的な術> 
☆☆☆ 3.0

 「着地」までの粘りは並で、身体の「開き」もそれほど隠せているというほどではありません。そういった意味では、高めに甘く入れば簡単に打ち返されてしまう危険性はあります。

 腕の振りに勢いがあるので、打者の空振りは誘いやすいのでは? ボールには適度に体重が乗せられているので、打者の手元まで勢い・球質は悪くありません。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「着地」があっさりしていて粘りがもう少し欲しい気がします。また故障のリスクは低いものの、ボールが高めに浮きやすい動作の欠点があります。投球の幅もカーブやフォーク系の修得は可能ですが、捻り出す時間が少ないので、絶対的な球種を覚えられるかは微妙。それでも現時点では、高速で小さく沈むシンカーという強烈な武器があります。動作全体に粘っこさが欲しいのと高めに集まりやすい部分を改善できれば、実戦力に磨きがかかりそうです。


(最後に)

 今後大きな上積みが望めるかと言われれば、そういったタイプではないでしょう。むしろ今の完成度でも、ある程度一軍でやれてしまうのではないかという実戦力に期待したいタイプです。

 しかしその実戦力も、一軍レベルで見ると微妙な気がしています。そのため上記に記したような課題を、今年はどのぐらい改善しパフォーマンスで示せるかにかかっているのではないのでしょうか。ドラフト1位でゆくような隙無しの完成度や、チームの主力を担うようなスケールが感じられない選手であり、期待どうりの活躍を魅せてくれても2位前後ぐらいが基本線の評価ではないかと思います。ハズレ1位候補までゆくのか? あるいは、3位以降でもということになるのかは、今年の内容に懸かっていると言えそうです。


(2017年 都市対抗)