18ky-5


 




浜田 太貴(明豊3年)外野手の個別寸評へ







 浜田 太貴(明豊2年)外野 173/72 右/右
 




                   「こんな高校生見たことがない」





 こんな腕っぷしの強いスイングをする高校生を、私は今まで見たことがなかった 浜田 太貴 。まるで助っ人外人のようなスイングで、遠心力を活かしてグワ~ンとバットを振ってボールを真上にかちあげる。こんなダイナミックなスイングをする高校生が、日本にも現れたのかと衝撃が走った。


(どんな選手?)

 2年夏の大分大会では、3本のホームランを放った。続く甲子園でも、2本・9打点・打率.600厘 と打ちまくり、その打力が全国大会でも通用するものであることを印象づけた。荒削りではあるものの、けしてコンタクト能力が低い選手ではない。そういった意味では、将来的はある程度対応力も兼ね備えた強打者になるのではないのだろうか。


(守備・走塁面)

 一塁までの塁間は、右打席から4.5秒前後。これを左打者に換算すると、4.25秒前後に相当する。全く動けない選手ではないが、さほど足を売りにするタイプではなさそう。夏の大分大会では、5試合で1盗塁。甲子園での3試合では盗塁0個だった。

 左翼手としての守備を見る限りは、可も不可もなしといった感じだった。秋の大会では右翼を守っており、地肩自体は基準~それ以上には見える。元々三塁としての適性も試されており、肩は悪くないのだろう。サードあたりでアピールできれば大きいが、右翼手として強肩・かつそつのない守備でアピールできれば守備で評価が足を引っ張られることもなさそうだ。





(打撃内容)

 腕っ節の強さを活かして、物怖じせずにバットを振って来る。大分大会決勝では、ことごとく外のスライダーを引っ張りにかかりサードゴロの山を築いていた。しかし甲子園では、右方向にも長打を、センターにも力みなくはじき返すなど、短期間で心境の変化が見られたのには驚かされた。

<構え> 
☆☆☆ 3.0

 前の足を少しだけ引いて、グリップを高めに添えます。腰はあまり据わっていませんが、背筋を伸ばし立ちます。両眼で前を見据える姿勢、全体のバランスなどトータルでみると平均的な構えだと言えそうです。

<仕掛け> 遅すぎ

 投手の重心が下る時にベース側につま先立ちし、投手のリリース前後に動き出す「遅すぎる仕掛け」を採用。日本人の筋力やヘッドスピードを考えると、ここまで遅い仕掛けはどうでしょうか?

<足の運び> 
☆☆☆ 3.0

 小さくステップして、真っ直ぐ踏み出してきます。始動~着地までの「間」が取れないので、どうしても狙い球を絞って叩く 点 のスイングになります。また真っ直ぐ踏み出すように、内角でも外角でも捌きたいタイプ。踏み込んだ足元はブレないでピタッと止まっているので、開きを我慢して逃げてゆく球や低めの球にも対応することができています。無理に引っ張るという意識を捨てれば、甲子園で魅せたような、センター方向や右方向への打撃も可能です。

<リストワーク> 
☆☆☆ 3.0

 バットを引くのが少し遅れがちで、打撃の準備である「トップ」の形が立ち後れないか心配になります。またスイングの際に早く腰が開くのですが、それを足元を止めることである程度のところで抑え込むことができています。グリップを下げた位置から思いっきりブンと振るのですが、バットの先端であるヘッドは下がっておらず水平にスイングする感じ。

 そのためボールの下にバットを潜り込ませて打球に角度をつけるという感じではなく、水平に捉えたボールを上にかちあげるような特殊なスイングをしています。日本人で言えば、平田良介(中日)のようなスイングから無理やり上に引き上げるようなスイングとなっています。スイングの弧の大きさ・フォロースルーの形などは、まるで外国人のそれです。技術よりも、腕っ節で無理やり持ってゆくような感じでしょうか・・。

<軸> 
☆☆☆★ 3.5

 足の上げ下げが小さいので、目線の上下動は少なめ。身体の開きも我慢できており、軸足もそれなりに安定しています。特に空振りをしても、バランスを崩さないのは非凡なところかと。これだけ上半身でバットを振りながら、それを受け止める下半身がしっかりしている選手は稀だと言えるでしょう。

(打撃のまとめ)

 先日ご紹介した、野村 佑希(花咲徳栄)と、途中までよく似たメカニズムでバッティングしています。野村は185センチという恵まれた体格があり、浜田は173センチと体格では大きな差があります。現時点での2人の技術の差には、2つあります。

1,ボールを捉えるまでのスイング軌道の差

2,強い上半身を受け止める下半身の差


 この2つの部分では、大きく浜田が勝っているといえるでしょう。スペック的には野村の方が遥かに恵まれていますが、技術的には現時点では浜田が上なのがわかります。また2人のバットの振り出し以降の動作が全然違うのですが、これは個性の差でもあるので一概にどちらが良いとは単純には言えません。


(最後に)

 現時点では、浜田 は、恐るべきスイングをすでに実践できているということ。そしてそれを、素直に結果にも繋げることができています。奇しくも、2人のポジションは同じライト。この2人が来夏までに、どのような成長曲線を描いてゆくのか大変興味深く見守って行きたいと思います。もう一人の野村こと、野村 大樹(早実2年)捕手も絡めて、高校ビッグ3のスラッガー達から目を離せそうもありません。


(2017年秋 秋季大分大会)