18ky-38





蛭間 拓哉(早稲田大4年)中堅手の春季寸評へ







蛭間 拓哉(早稲田大3年)右翼手の本当に凄いやつへ







蛭間 拓哉(浦和学院3年)中堅 174/81 左/左 





 「振り出しが素晴らしい」





 1年生の頃から、名門・浦和学院で4番を任されてきた 蛭間 拓哉 。けして長距離砲ではないが、長打力を秘めた三拍子そろった好選手だった。もしプロ志望届けを提出していれば、間違いなく指名されるであろう。


走塁面:☆☆☆★ 3.5

 甲子園などで計測したときは、一塁までの到達タイムは4.2秒ぐらいと平凡なタイム。しかし夏の南埼玉大会では、6試合で実に9個の盗塁を決めている。秘めたる走力は、それよりはかなり速いのではないかと考えられる。絶対的なスピードではないが、盗塁センスに優れた選手なのかもしれない。

守備面:☆☆☆☆ 4.0

 甲子園では、地面すれすれの打球をキャッチしたりと球際に強いところを披露。守備勘・打球への追い方を見ていても、高校生としては安定しているように見える。また地肩も強く、大阪桐蔭戦ではホームにダイレクトに返球した送球には目を見張るものがあった。

 下級生の頃は打撃の方が目立っていた印象だが、守備・走塁でもかなりの水準であることをアピール。まさに、三拍子バランスのとれたプレーヤーになってきた。正直この夏見るまでは、ここまで守備や走塁が好い選手だとは思っていなかった。





(打撃内容)

 冒頭にも書いたように、迷いなくバットを鋭く振り出してくるところが素晴らしい。内角の球には思いっきり引っ張ってくるし、センターでもレフト方向でも幅広く打ち返すことができる。

<構え> ☆☆☆☆ 4.0

 前足を軽く引いて、グリップの高さは平均的。腰の据わり、両眼で前を見据える姿勢、全体のバランスと程よい。打席でもリラックスしつつも、甘い球を逃さない高い集中力が素晴らしい。

<仕掛け> 早め

 投手の重心が沈み始める時に動き出す、「早めの仕掛け」を採用。これは、対応力を重視したアベレージヒッターに多く見られる仕掛けだ。この選手は長打力あっても、確実性に重きが置かれている。

<足の運び> ☆☆☆★ 3.5

 足を軽く上げて回し込み、真っ直ぐ踏み出してくる。始動~着地までの「間」は充分あり、速球でも変化球でもスピードの変化には幅広く対応。真っ直ぐ踏み出すように、内角でも外角でも捌きたい万能型。

 踏み込んだ前の足が、インパクトの際に少しブレてしまうときがあります。それほど逃げてゆく球や低めの球には強くなさそうに見えるのですが、甲子園での第一打席に外角低めの球をレフト前にはじき返しており、この点はあまり気にしなくても好いのかもしれません。

<リストワーク> ☆☆☆☆ 4.0

 打撃の準備である「トップ」の形を作るのは自然体で、ボールを力みなく呼び込むことができています。バットの振り出しは、特にインサイド・アウトでもなければ、しなりを活かし外角の球を逃さず叩くといった両極端のスイングではなくその中間的なスイング。そのため特別強そうなコースはありませんが、癖がなく幅広く対応できそうです。

 スイングの弧が特別大きいとか、フォロースルーをうまく使って打球を運ぶという感じではありません。鋭く力強く振り切って来る、それがこの選手の持ち味です。

<軸> ☆☆☆☆ 4.0

 目線の上下動は小さく、錯覚は起こし難いはず。身体の「開き」が我慢しきれないときがあるのは多少気になるが、軸足は内ももの強さが感じられ強烈な打球を生み出す原動力になっている。調子の波は、少ないタイプではないのだろうか。

(打撃のまとめ)

 ミート力とパンチ力を程よく兼ね備えており、スイングにも癖がなく安心して見ていられる。木製バットへの対応やレベルの差には戸惑うことはあっても、それほど時間をかけずに克服して行けるのではないのだろうか。

 特に精神面・集中力が素晴らしく、この点においては今年の候補の中でも指折りの存在。上半身の力がまだ勝っているので、下半身のうまく使えるようになると、相当な打者に育つ可能性を秘めている。


(最後に)

 早大進学が濃厚との話だが、高校から志望届けを出せば3位前後では指名されるぐらいの技量はあると思います。2,3年後には、プロでも一軍を意識できるぐらいの選手だと思うので、大学卒業する頃には、今の 吉田 正尚(オリックス) の青学大ぐらいの存在にはなっていて欲しいところ。六大学でどのぐらいの実績を残せるのか、これからも要注目の選手ではないのでしょうか。


蔵の評価:☆☆☆ (上位指名級)


(2018年夏 甲子園)