18ky-2


 




根尾 昂(大阪桐蔭3年)最終寸評へ







根尾 昂(大阪桐蔭3年)センバツ野手寸評へ







根尾 昂(大阪桐蔭3年)センバツ投手寸評へ







 根尾 昂(大阪桐蔭2年)遊撃&投手 177/75 右/左
 




                       「凄いと思ったことがない」





 大阪桐蔭入学以来、世代屈指の選手として常に話題になってきた 根尾 昂 。しかし私自身は、彼がそんなに凄いのか?という疑問を常に持っていて、2018年度のドラフトの目玉という位置づけには、なんとも懐疑的なのだ。今回は、そんなドラフトの目玉候補について考えてみたい。


(守備・走塁面)

 一塁までの塁間は、2試合見た中では左打席から4.4秒前後という物足りないタイムしか計測できず。出塁すればすかさず盗塁を試みたりしているのをみると、本気で走り抜ければ4.1秒前後ぐらいでは走り抜けられそうには見える。天才肌なのだろうか? まだ何がなんでもという貪欲さは、そのプレーからは伝わって来ない。

 遊撃手としても、ボールに食らいつく欲が弱く、守備範囲はけして広いとは言えない。無難には守れる程度の守備力はあるが、上のレベルでは今の感じだと外野手なのではないかと思ってしまう。それでもマウンドに上がれば140キロ台中盤を連発するように、その地肩の強さは本物。特にショートからの送球も、一直線に垂れることなく正確な送球ができている。地肩が一級品であるのは、間違いない。

 走塁にしても守備にしても、お前の力はそんなものではないだろと言いたくなる物足りなさはあります。けして手を抜いているわけではないのでしょうが、自分をギリギリまで追い込んだり、何がなんでもという意識は、同僚の 藤原 恭大 の方が強く感じます。

(打撃内容)

 けして長距離打者には見えない選手なのですが、大きな弧のスイングでバットを振ってきます。まともに捉えたときは、大きな当たりが飛ぶのも頷けます。また中学時代から世代のトップ選手と言われるだけあって、お手本にしたいようなスイングを魅せてくれます。

<構え> 
☆☆☆☆ 4.0

 両足を揃えたスクエアスタンスで、グリップを高めに添えられています。腰の据わり具合・両眼で前を見据える姿勢・全体のバランスもよく、隙がない好い構えだといえます。しかしまだ打席の中で、甘い球は絶対に逃さないなどの「鋭さ」や「凄み」みたいなものは、正直伝わってきません。その辺が変わって、滲みが出て実践できるようになって来ると、いよいよ本物だと思います。

<仕掛け> 早め

 投手の重心が下がり始める時には動き出す、「早めの仕掛け」を採用。典型的な、対応力重視の打者に観られる仕掛けです。これを見る限り、彼は少なくても天性の長距離打者とかそういったタイプではないことがわかります。

<足の運び> 
☆☆☆ 3.0

 足を引き上げ回し込み、真っ直ぐ踏み出してきます。始動~着地までの「間」は充分取れており、速球でも変化球でもスピードの変化には幅広く対応。真っ直ぐ踏み出すように、内角でも外角でも捌きたいというタイプなのでしょう。
 
 気になるのは、踏み込んだ足元がインパクトの際にブレてしまうこと。これによってパワーロスをしたり、打ち損じをしてしまうことが少なくありません。彼の打撃が何処か物足りなく感じのは、下半身がピタッと止まらないで打ち損じることが多いからだと思いました。そのため、うまく巻き込めた時じゃないと、なかなか長打を飛ばせないわけです。それでも高めの球ならば、キレイにレフト方向に流すことはできています。

<リストワーク> 
☆☆☆☆ 4.0

 打撃の準備である「トップ」の形をつくるまでは自然体で、力むことなくボールを呼び込めています。しいて言えば、少し強打者にしては「トップ」が浅く物足りないものがありますが。バットの振り出しは、けしてインサイドアウトではありません。しかし外角の球に対しては、実にロスなくインパクトできています。

 インパクト後のスイングの弧は非常に大きく、タイミングが合えば打球を大きく後押しはできています。それほどフォロースルーを使ってボールを遠くに乗せて運ぶ感じはありませんが、スイングも鋭く好いものは持っています。

<軸> 
☆☆☆★ 3.5

 足の上げ下げは静かで、目線の上下動は少なめ。しかし「開き」が充分我慢できていないので、現時点では捌けるボールは限られています。また軸足の強さや安定感は、それなりといった感じでしょうか。

(打撃のまとめ)

 強靭な上半身の振りに、下半身が負けてしまい受け止められていません。ここがピタッと止まって来ると、凄みを増して来るのではないかと思います。選抜では、ここが改善されているのかが一番のチェックポイント。

 あれだけ大きくバットを振って来るので、うまく巻き込めれば長打が出るのは頷けます。素材としても柔らかさも感じますし、キレイな流す柔軟性もありますから。パンチ力と確実性を兼ね備えた、中距離打者に育つ可能性はあるでしょう。未来像は、吉田 正尚(青学大-オリックス)外野手のようなタイプに育つかどうかといった感じではないのでしょうか。


(最後に)

 まだ世代を引っ張るとか、ドラフトの目玉だとか言われると、相当物足りないものを感じます。まず一冬越えて、本人がどのぐらい自覚を持って、危機感を持って取り組んで来られるかにかかってきます。私にはまだ、早熟の選手というイメージは拭えませんし、素材的に底知れぬものを感じるといった凄みも正直感じません。

 その辺がハッキリするのは、選抜の舞台であるはず。彼が本物の天才ならば、ここで変化を魅せてくれるはずです。あまり変らないようならば、このさきはそう多くは望めないで終わる気がします。一冬越えて、やっぱり「根尾は凄かったんだ」というところを、心底実感させて頂きたい!


(2017年 神宮大会)