18ky-10


 








小園 海斗(報徳学園3年)遊撃手の最終寸評へ







小園 海斗(報徳学園2年)遊撃 178/76 右/左 
 




                     「失敗し難いタイプ」





 素材として圧倒的なものはないのだけれども、高い野球センスと技術で、プロでもそれなりの形には収まるだろう。そういった未来像が描きやすいのが、この 小園 海斗 。その卓越したセンスで、2年生ながらU-18のメンバーにも選出された。イメージとしては、市立和歌山商時代の 川端 慎吾(ヤクルト)を彷彿とさせる。


(守備・走塁面)

 一塁までの到達タイムは、左打席から3.85秒前後と想像以上に速い。このタイムだけ見ていれば、プロでもトップクラスの脚力の持ち主だということになる。選抜では4試合で1盗塁、U-18の代表では、9試合で2盗塁とそれほど盗塁の技術にはまだ優れていない。

 また遊撃手としても、フットワーク、キャッチング、スローイングまでの流れも好く実にスピード感がある。深いところから刺せる肩もあるのだが、送球自体はあまり強さがないのがプロの遊撃手としてはどうか? 将来的にもニ遊間を担ってゆく素材だと思うが、プロではセカンドあたりに収まるかもしれない。


(打撃内容)

 右に左へと打ち分ける選手だと思いますが、特に引っ張る打球が得意な気がします。選抜でも長打は、引っ張る時に観られていました。U-18でも20打数10安打と、2年生ながら十分に通用するところを魅せています。派手さは無いのですが、実に状況に応じた打撃のできる、頭の良い選手だと思います。

<構え> 
☆☆☆☆ 4.0

 前の足を引いた左オープンスタンスで、グリップの高さは平均的。背筋を伸ばし全体のバランスとしてはそれなりでも、両眼で前を見据える姿勢には優れいている。錯覚を起こすことなく、球筋を追うことができるのではないのだろうか。

<仕掛け> 早め

 投手の重心が下がり始める時に動き出す、「早めの仕掛け」を採用。これは、典型的な対応力重視のアベレージヒッターに多く観られる始動。

<足の運び> 
☆☆☆★ 3.5

 足をしっかり引き上げて、真っ直ぐ~ベース側に踏み込むインステップを採用。始動~着地までの「間」は充分取れるので、速球でも変化球でもスピードの変化には幅広く対応。真っ直ぐ踏み出すように、内角でも外角でも捌きたいタイプ。それでもベース側に踏み込むこともあるので、外の球を拾うも嫌いじゃないはず。

 ただし踏み込んだ足元が少し早く地面から離れる傾向にあり、ボールを引きつけて流す当たりよりも引っ張る打球が多い。甘めの外角球をl引っ張り込むのが好きなタイプなのではないのでしょうか。

<リストワーク> 
☆☆☆★ 3.5

 ボールを引きつけて捌くのは良いですが、打撃の準備である「トップ」の形は少し遅れがち。速い球に、立ち後れないように注意したい。バットの振り出しは、インサイド・アウトでインパクトまでロスなく振り抜ける。ボールを引っ張るのには優れているが、外角の厳しい球を叩くのにはしなりを活かせないぶんプロ仕様ではない。この辺が、使いわけられれればプロでも通用するとは思うのだが。ヘッドスピード自体は、非常に鋭いので非力さは感じられない。

<軸> 
☆☆☆★ 3.5

 足の上げ下げはあるものの、目線の上下動はそれほどでもない。身体の「開き」もインパクトまでは我慢できるようには見えるが、ボールを引きつけて左中間方向という打撃はあまり見ない。軸足は地面から真っ直ぐ伸びてという安定感は感じないものの、粘り強さは感じられ身体を残して難しい球にも対応できそうだ。

(打撃のまとめ)

 けして凄みのある素材ではないが、状況をよくみてプレーできるし、スイングも鋭いのでひ弱さは感じない。しかしバットをしなりを活かした大きなスイングではないので、木製バットで外角の球をきっちり叩くという意味ではどうだろうか? その辺が、一つプロでの活躍でのポイントになる。


(最後に)

 現在は、そつなく走攻守揃っている感じで凄みは感じない。凄みはなくても一流になる選手には、プレーの端々から隙のなし「鋭さ」が滲み出て来るもの。けして長打を魅了する選手ではないことを考えると、高校生の間に「鋭さ」が出て来るかどうかが見極めのポイントではないのだろうか。それが出てきた時は、文句なしの上位候補となるだろう。


(2017年 選抜)








小園 海斗(報徳学園2年)遊撃手レポートへ(無料)