18kp-9


 




鈴木 裕太(日本文理3年)投手の最終寸評へ







鈴木 裕太(日本文理2年)投手 181/87 右/右 





                 「ボールの威力はドラフト級」





 いまどき珍しいぐらいの、全身を使って投げ込む力投派である 鈴木 裕太 。その荒削りなフォームから繰り出されるそのボールは、まさに高校からプロを意識できる威力をすでに持っている。しかしそれだけでは単純に、指名確実だとは言えない理由があるのだ。


(投球フォーム)

ノーワインドアップから、勢いよく足を引き上げて来る力感溢れるフォーム。

ストレート 140~中盤 
☆☆☆★ 3.5

 ストレートのボールの勢い・球威は、2年夏の時点でドラフト指名レベルの球を投げています。ボールそのものの威力は素晴らしいものの、非常にコントロールがアバウトで高めに抜ける球が多い。甲子園でも2回を投げて2四死球だったように、秋の大会でも9回2/3イニングを投げて7四死球と不安定さに変わりはない。また「開き」が早く、打者としては合わせやすいフォームなのも気になるところ。

変化球 スライダー・カーブ・スプリットなど 
☆☆★ 2.5

 スライダーは、縦・横二種類のスライダーがある。特に日本文理伝統の、縦のスライダーを織り交ぜてきます。そのほか緩いカーブや縦スラ以外にも沈む球を持っているよう。全国レベルの打者相手だと見極められてしまうのですが、秋には9回2/3イニングで19奪三振という驚異的な奪三振を誇っています。勢いのある真っ直ぐを魅せられた上での低めへの変化球は、並の高校生ではなかなか対応しきれないのでしょう。





(投球のまとめ)

 秋はチームでもリリーフとして登板しており、エースという役割ではありませんでした。それでチームが勝てれば良かったのですが、北信越大会で早々破れてしまい、選抜出場を逃しました。やはり先発を任されなかったのは、コントロールなどに不安があって、全幅の信頼を置けないという不安があったからかもしれません。一冬越えて、不安定さが改善されるのかがポイントです。

(投球フォーム)

今の粗っぽい投球フォームでは、将来的にどうなのか考えてみたい。

<広がる可能性> 
☆☆★ 2.5

 引き上げた足は地面に向けて伸ばされており、お尻はバッテリーライン上に残りがち。そのためカーブで緩急をつけたり、フォークのような縦に鋭く落ちる球種には適しません。

 「着地」までの粘りは平均的で、可も不可もなしといった感じ。そのため身体を捻り出す時間も並で、将来的に武器になるほどの球が覚えられるかは微妙でしょう。しかし彼の場合は、ボールの変化よりも見極められやすいフォームの方が問題だと思います。

<ボールの支配> 
☆★ 1.5

 グラブが抱えられていないので、どうしても外に逃げようとする遠心力を内に抱えられません。そのため両サイドへの制球を中心に、コントロールを乱しやすいわけです。また足の甲の押し付けが一部分しか地面を捉えていないので、力を入れて投げるとボールが上吊ってしまいます。球離れも早くボールを押し込めていないので、余計に低めには集まってきません。

<故障のリスク> 
☆☆★ 2.5

 お尻は落とせないものの、捻り出して投げるカーブやフォークはあまり見られません。スプリットだと負担は多少軽減されるのと、縦スラを使うことも多いので、お尻が落とせないこと自体は気にしなくてもよいでしょう。

 腕の送り出しも上から腕を叩こうという意識はあるものの、送り出しに無理はありません。そういった意味では、肩への負担も少なめなのでは? ただしかなり力投派であり消耗も激しいので、故障のリスクがけして低いとは言えないでしょう。

<実戦的な術> 
☆☆☆ 3.0

 「着地」までの粘りは並で、それほど打者がタイミングが合わせ難いフォームではありません。また「開き」が早いので、どうしてもコースを突いても打ち返されたり、縦の変化球を見極められてしまうことも少ないと考えられます。

 腕は強く振れているので、打者としては速球との見分けがつき難い。ボールへはしっかり体重が乗る前にリリースを迎えており、その辺が打者の手元まで生きた球が投げられているかは微妙な可能性があります。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「着地」は並であとの部分には課題を感じます。また制球を乱す動作には課題があり、ここを改善できるのか? 故障のリスクやピッチングの幅を広げて行けるのか?という部分でも、伸び悩むリスクが高いフォームだと言えます。


(最後に)

 ボール1つ1つの威力はすでにドラフト級なのですが、それを活かす術など技術的に部分には大きな不安を感じます。どうしても今は肉体のポテンシャルに頼り切った投球なので、ここを夏までにいかに改善できるかではないのでしょうか。高校からプロに進むべき素材だとは思いますが、プロで活躍できるのか?と言われると、これまでの投球では疑問を持たざるえません。能力は間違いなくドラフト級だけに、

課題と向き合いそれを改善できる可能性を、ぜひ確認したい


ところです。


(2017年夏 甲子園)